人生の教科書



プラス思考
隠し事は、できるだけ少なくする。
仕事効率化
行き詰まったときには、非常識に考えるのが常識。
トラブル対処
小さくてもいい。
まずは明るくなることから始めよう。
勉強法
好きなことは、すぐ覚えられる。
受験対策

受験勉強の集中力を出す
30の方法

お気に入り29 読んだ
26

10回音読して10回書けば、
嫌でも覚える。

10回音読して10回書けば、嫌でも覚える。 | 受験勉強の集中力を出す30の方法

学生時代、授業中に先生が生徒たちに、嫌でも覚えられる方法を教えてくれたことがあります。

別に大した方法ではありませんが、シンプルながら強力な方法だったので、ぜひご紹介します。

「10回音読して、10回書けば、どんなことでも嫌でも覚える」という方法でした。

生徒たちは笑っていましたが、シンプルながら、強力な方法です。

人間の頭脳は、1回読んだだけで覚えられるほど、完璧ではありません。

 

しかし、なぜか1回で覚えられなければ才能がないと思い込んで、諦める人が多いです。

覚えられないときには、10回音読して、10回書いてください。

シンプルです。

 

しかし、強力です。

大切そうな部分は、10回音読して、10回書いてみましょう。

音読しながら書いてもいいです。

音読と書く作業を別々に分けてもかまいません。

10回で足りなければ、20回でも30回でも増やしましょう。

五感を総動員している上、何度も繰り返しているため、どんなことでも嫌でも覚えます。

大切なことは、繰り返すことです。

漢字を覚えたいときには、10回音読して、10回書いてください。

歴史の年号を覚えられなくても、10回音読して、10回書いてください。

深く印象に残り、覚えられるようになります。

何度も繰り返し音読したり書いたりすれば、難しいことも覚えられます。

短い時間ながら、集中的に覚えられる方法なのです。

まとめ

受験勉強の集中力を出す方法 その26
  • 覚えられないことは、
    10回音読して10回書いてみる。
クラシック音楽と勉強には、深いつながりがある。

もくじ
(受験勉強の集中力を出す30の方法)

同じカテゴリーの作品