受験対策

受験勉強の集中力を出す
30の方法

お気に入り2 読んだ
4

うるさい親や先生を黙らせるなら、
勉強しろ。

うるさい親や先生を黙らせるなら、勉強しろ。 | 受験勉強の集中力を出す30の方法

厳しい親でいつも「勉強しろ、勉強しろ」と、うるさい親がいます。

親だけではありません。

受験となると、先生までも親のように「勉強しろ、勉強しろ」と口うるさくなり、ダブル攻撃です。

受験生の気持ちを考慮してくれる親や先生ならいいですが、残念ながらすべての人がそうとは限りません。

当然ですが、そういう親や先生を嫌いだからと暴力で負かすのはよくありません。

警察に捕まります。

そういうときには、一生懸命に勉強して、100点を見せつけます。

あっと言わせてやってください。

どんな先生や親でも、高得点に対しては言い返すことができません。

可能なら、100点を目指しましょう。

完璧であり、パーフェクトです。

その瞬間だけは、学生が親や先生に対して偉そうになれる瞬間です。

普段口うるさい親や先生でも、100点を見せつけられると必ず黙ります。

これに勝る手段はありません。

それくらいインパクトが強いスコアです。

まとめ

受験勉強の集中力を出す方法 その4
  • うるさい親や先生は、100点を取って黙らせる。
なぜ集中力のある人の机は、シンプルなのか。

もくじ
受験勉強の集中力を出す30の方法
うるさい親や先生を黙らせるなら、勉強しろ。 | 受験勉強の集中力を出す30の方法

  1. 「勉強時間×集中力×勉強法=成績」
  2. 勉強時間は短くてもいいから、続ける。
  3. やる気を求めて遊牧せよ。
  4. うるさい親や先生を黙らせるなら、勉強しろ。
  5. なぜ集中力のある人の机は、シンプルなのか。
  6. 音楽からやる気をもらっても、勉強中にはかけないほうがいい。
  7. 勉強中にどうしても音楽を聴きたければ、歌詞のない音楽がいい。
  8. 大きすぎると、感覚がつかめなくなる。
    目標は、小さいほうが集中しやすい。
  9. 「もう少ししたら勉強」ではなく「今すぐ勉強」がいい。
  10. 図書館が勉強に適している、3つの理由。
  11. 好きな科目から始めれば、重い腰も上がりやすくなる。
  12. 「短い締め切り」があるから、やる気と集中力が生まれる。
  13. 目覚まし時計が鳴ったら、すぐ起きる習慣をつける。
  14. 自分に嘘をついて、いい意味で自分を騙す。
  15. 勉強の調子を上げるなら、部活は続けたほうがいい。
  16. 常に全力を心がければ、すべてがうまくいく。
  17. 「成功像を想像して奮起」と「失敗像を想像して奮起」。
  18. なぜ、時間がある土日に限って、思うように勉強できないのか。
  19. 分からない問題をその日のうちに解決できれば、記憶にも深く残り続ける。
  20. 予習をするから、勉強が面白くなる。
  21. 予習をするから感動できる。
    感動するから人生が変わる。
  22. テストを見せ合う約束をすれば、お互いが向上できる。
  23. 「集中の儀式」がある人は、勉強に強い。
  24. 小腹がすいたときスナック菓子を食べると、集中力が低下する。
  25. ダイエット中に勉強をしても、失敗する。
  26. 10回音読して10回書けば、嫌でも覚える。
  27. クラシック音楽と勉強には、深いつながりがある。
  28. 区切りのいいところまでは、手を止めない。
  29. 姿勢を正すと、集中力が出る。
  30. 落ち込みをパワーに変える人は、必ず試験に強くなる。

同じカテゴリーの作品