テスト本番に強くなる
30の方法

8
4

きれいな字を書くことに、
神経質になりすぎない。

きれいな字を書くことに、神経質になりすぎない。 | テスト本番に強くなる30の方法

中学生のころ、同じクラスに久美ちゃんという女の子がいました。

久美ちゃんは、クラスで最も成績のいい学生の1人でした。

席替えをしたとき、ちょうど私の隣の席に座ることになりました。

ある日、久美ちゃんはテストで、また100点に近い点を取りました。

すごいなあと思って、テストを見せてもらって驚きあきれました。

あまりの字の汚さです。

字が汚いです。

久美ちゃんは丸顔で、くり色のさらさらロングヘアで、かわいい顔をしています。

かわいい顔をしているのに字は汚い、というギャップがあまりに印象的で、度肝を抜かれました。

ただし、汚い字ではありますが、読める文字にはなっています。

汚い字だけど、きちんと問題に正解していて、丸印ばかりが並んでいます。

はっとしました。

久美ちゃんの頭の良さを、発見しました。

回答を書いている時間の「短さ」です。

書いている時間なんて、人によってそれほど大差ないと思います。

しかし、思うだけで実は大差があります。

たとえば「おはようございます」という一文を書くだけでも、5秒で書ける人もいれば、20秒かけて書く人もいます。

この違いは大きいですね。

では、なぜこれほど書く時間に差ができるのでしょうか。

それは「きれいな字を書くことに神経質になりすぎているから」です。

私は当時きれいな字を書こうと神経質になっていました。

きれいな字を書けば、採点者の印象がよくなり、なんとなく点も上がるような気がしたからです。

これがいけなかった。

もちろんきれいな字を否定しているわけではありません。

見栄えもいいし、採点者の心証もよくなるでしょう。

しかし、きれいな字を書こうと神経質になりすぎていると、時間を取られます。

勉強時間が長いにもかかわらず、進んでいないということになります。

書道は、きれいな字を書こうとするため、1文字書くのに時間がかかります。

指に余分な力が入るため手は疲れやすくなりますし、時間もかかります。

きれいな字をあまりに意識しすぎていると、テストの回答もゆっくりになり、時間を取られすぎてしまいます。

書くのに時間をかけすぎて、タイムオーバーということもあります。

頭のいい人は、じっくり問題を考えた後、回答をさっと書きます。

もちろん最低限「読める字」を書く必要はありますが、きれいすぎる必要はありません。

「時間をかけてきれいな字を書く」のではなく「素早く読める字を書くこと」が大切です。

「読める字」になっていれば、字が汚くても必ず正解になります。

しかし、きれいな字でも、間違った回答なら、バツになるのです。

テスト本番に強くなる方法(8)
  • 「きれいな字」を書こうと神経質になりすぎないようにする。
試験中に継続できるだけの集中力を、普段から養っておく。

テスト本番に強くなる30の方法
テスト本番に強くなる30の方法

  1. 試験当日の朝食は、いつもと同じ食事メニューにする。
    試験当日の朝食は、いつもと同じ食事メニューにする。
  2. 問題用紙が配られている間に大きな深呼吸を。
    問題用紙が配られている間に大きな深呼吸を。
  3. テスト本番は、新品の文房具は使わない。
    テスト本番は、新品の文房具は使わない。
  4. 問題に取り組む前に、試験全体の把握から始めること。
    問題に取り組む前に、試験全体の把握から始めること。
  5. 集中力には、一長一短がある。
    集中力には、一長一短がある。
  6. 確実に解ける問題から手を付けると、調子が出る。
    確実に解ける問題から手を付けると、調子が出る。
  7. 数学の試験中は消しゴムを使わない。<br>二重線で消す。
    数学の試験中は消しゴムを使わない。
    二重線で消す。
  8. きれいな字を書くことに、神経質になりすぎない。
    きれいな字を書くことに、神経質になりすぎない。
  9. 試験中に継続できるだけの集中力を、普段から養っておく。
    試験中に継続できるだけの集中力を、普段から養っておく。
  10. 模擬試験を受けた直後こそ、復習のベストタイミング!
    模擬試験を受けた直後こそ、復習のベストタイミング!
  11. 4択問題で最も正答率が高いのは、3番目である。
    4択問題で最も正答率が高いのは、3番目である。
  12. わからない問題に、いつまでも執着しない。
    わからない問題に、いつまでも執着しない。
  13. 本番のテストでは、すべての試験が終了するまで、友人と答え合わせをしない。
    本番のテストでは、すべての試験が終了するまで、友人と答え合わせをしない。
  14. 試験の結果が悪い理由を、睡眠不足のせいにしない。
    試験の結果が悪い理由を、睡眠不足のせいにしない。
  15. 問題を解き始める前の、大きな問題がある。
    問題を解き始める前の、大きな問題がある。
  16. 部分点が取れる問題でした悪あがきで、合否が決まることもある。
    部分点が取れる問題でした悪あがきで、合否が決まることもある。
  17. 見直し時間は、解ける問題が確実に回答できているかを確かめる。
    見直し時間は、解ける問題が確実に回答できているかを確かめる。
  18. 問題用紙にどんどん書き込みをする人が、試験でも高得点を得る。
    問題用紙にどんどん書き込みをする人が、試験でも高得点を得る。
  19. 本試験では、学力だけでなく、慣れも反映される。<br>アウトプットの練習をせよ。
    本試験では、学力だけでなく、慣れも反映される。
    アウトプットの練習をせよ。
  20. テストの点数には、運の力も含まれている。
    テストの点数には、運の力も含まれている。
  21. 「空白を埋める」という行為は、人間性を形成する基礎になる。
    「空白を埋める」という行為は、人間性を形成する基礎になる。
  22. 試験前には、リズムを朝型に戻す。
    試験前には、リズムを朝型に戻す。
  23. ティッシュとハンカチは必ず持参。
    ティッシュとハンカチは必ず持参。
  24. 模擬試験の受験料は、自分の財布から出す。
    模擬試験の受験料は、自分の財布から出す。
  25. 集中力を奪われる、鉛筆の音。
    集中力を奪われる、鉛筆の音。
  26. 模擬試験を受けて、上には上がいることを実感する。
    模擬試験を受けて、上には上がいることを実感する。
  27. 当日失敗しないために、試験会場までの下見はしておくこと。
    当日失敗しないために、試験会場までの下見はしておくこと。
  28. 悪あがきは、まだ諦めていない熱意だ。
    悪あがきは、まだ諦めていない熱意だ。
  29. 試験が始まる前から、心理的に優位な状況を作り出す方法。
    試験が始まる前から、心理的に優位な状況を作り出す方法。
  30. 最後の限界ぎりぎりまで諦めない人が、合格する。
    最後の限界ぎりぎりまで諦めない人が、合格する。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION