受験対策

テスト本番に強くなる
30の方法

読んだ お気に入り1
1

試験当日の朝食は、
いつもと同じ食事メニューにする。

試験当日の朝食は、いつもと同じ食事メニューにする。 | テスト本番に強くなる30の方法

「ついにこの日がやってきた」

学期末試験・模擬試験・大学入試本番。

やはり試験日というのは、緊張します。

これまで勉強を積み重ねてきた成果を発揮する日ですね。

そんな試験当日の朝は、朝食にも力を入れることがあります。

絶対に試験を成功させたい気持ちがゆえに、食事にも力を入れてしまうところです。

試験で100パーセント以上の力を発揮したいからと、ついいつもより食事の量が多めになるでしょう。

また、少しでも頭の回転がよくなるようにと思い、朝食をいつもとは違ったメニューにグレードアップすることがあります。

脳のエネルギー源であるブドウ糖ですから、ブドウ糖が多く含まれたメニューにします。

食事を切り替えることで、わずかに影響することもあるでしょう。

 

しかし、できることなら、普段から食べ慣れている食事をおすすめします。

いえ、試験日だからこそ、いつもどおりの食事のほうがいい。

試験当日というのは、緊張感が強くなります。

緊張のため消化の力が弱くなっているため、普段と違う朝食メニューに変更すると、おなかを崩してしまう可能性があるからです。

普段より、たくさん食べたり、食べ慣れていないものを急に食べたりすると、胃や腸が驚いたり、腹痛につながります。

試験中におなかが痛くて、解ける問題が解けなかったというのでは話になりませんね。

だからこそ、試験当日の朝は、普段どおりの食事メニューにしましょう。

いつもと変わらない朝食で、いつもどおりの力を発揮するのです。

まとめ

テスト本番に強くなる方法 その1
  • 試験当日の朝は、いつもどおりの朝食メニューにする。
問題用紙が配られている間に大きな深呼吸を。

もくじ
テスト本番に強くなる30の方法
試験当日の朝食は、いつもと同じ食事メニューにする。 | テスト本番に強くなる30の方法

  1. 試験当日の朝食は、いつもと同じ食事メニューにする。
  2. 問題用紙が配られている間に大きな深呼吸を。
  3. テスト本番は、新品の文房具は使わない。
  4. 問題に取り組む前に、試験全体の把握から始めること。
  5. 集中力には、一長一短がある。
  6. 確実に解ける問題から手を付けると、調子が出る。
  7. 数学の試験中は消しゴムを使わない。
    二重線で消す。
  8. きれいな字を書くことに、神経質になりすぎない。
  9. 試験中に継続できるだけの集中力を、普段から養っておく。
  10. 模擬試験を受けた直後こそ、復習のベストタイミング!
  11. 4択問題で最も正答率が高いのは、3番目である。
  12. 分からない問題に、いつまでも執着しない。
  13. 本番のテストでは、すべての試験が終了するまで、友達と答え合わせをしない。
  14. 試験の結果が悪い理由を、睡眠不足のせいにしない。
  15. 問題を解き始める前の、大きな問題がある。
  16. 部分点が取れる問題でした悪あがきで、合否が決まることもある。
  17. 見直し時間は、解ける問題が確実に回答できているかを確かめる。
  18. 問題用紙にどんどん書き込みをする人が、試験でも高得点を得る。
  19. 本試験では、学力だけでなく、慣れも反映される。
    アウトプットの練習をせよ。
  20. テストの点数には、運の力も含まれている。
  21. 「空白を埋める」という行為は、人間性を形成する基礎になる。
  22. 試験前には、リズムを朝型に戻す。
  23. ティッシュとハンカチは必ず持参。
  24. 模擬試験の受験料は、自分の財布から出す。
  25. 集中力を奪われる、鉛筆の音。
  26. 模擬試験を受けて、上には上がいることを実感する。
  27. 当日失敗しないために、試験会場までの下見はしておくこと。
  28. 悪あがきは、まだ諦めていない熱意だ。
  29. 試験が始まる前から、心理的に優位な状況を作り出す方法。
  30. 最後の限界ぎりぎりまで諦めない人が、合格する。

同じカテゴリーの作品