独立・起業

売り上げを上げる
30の方法

7
3

「閑古鳥が鳴いている店」には理由がある。
「繁盛している店」にも理由がある。

「閑古鳥が鳴いている店」には理由がある。「繁盛している店」にも理由がある。 | 売り上げを上げる30の方法

今、私が住んでいる東京・三軒茶屋は、店の盛衰が激しい土地です。

土地の値段やアパートの家賃が高い地域なので、その地域で経営するお店は大変です。

月々の高い賃貸料を支払うために、眉唾ではない経営力が必要です。

経営に成功すれば、店は長続きします。

 

しかし、誤った営業をしていると、高額の賃貸料に経営は傾き、店はあっという間につぶれます。

値段の高い地域に住んでいると、そうした店の盛衰を数多く目にしてきました。

店の盛衰を繰り返し見ていると、勉強になります。

私は、よく閑古鳥の鳴いているお店に足を運びます。

冷やかしのためではありません。

なぜ、お客が入らないのかを勉強するためです。

「入りにくい。注文しにくい。感じが悪い」

閑古鳥が鳴いている店には、何か理由があるはずです。

自分が客になることで、お客が入らない理由を感じ取ります。

自分のビジネスにそうした点はないか、反省します。

あれば、すぐ改善します。

 

一方、繁盛しているお店にも足を運びます。

なぜ多くの客がやってくるのかを、自分が客になることで感じたいからです。

「入りやすい。注文しやすい。感じがいい」

繁盛しているお店には、必ず理由があります。

自分のビジネスに生かせる点はないか、当てはめて考えます。

あれば、すぐ適用します。

「してはいけない例」と「見習うべき例」の両面から学ぶことは重要です。

正反対のお店の状態は違いがはっきりわかり、素人の私でも感じやすくなります。

アイデアを思いつくのは大変です。

頭の中で思い描くアイデアは、外れも多く、机上の空論になりがちです。

 

しかし、店に足を運ぶのは簡単です。

閑古鳥が鳴いている店と繁盛している店に足を運び、その理由を感じ取ればいいだけです。

売り上げを上げる方法(3)
  • 「閑古鳥が鳴いている店」と「繁盛している店」から、ビジネスに必要な知恵を学ぶ。
人を雇う人件費があるなら、パソコン教室に通ったほうが安上がり。

もくじ
売り上げを上げる30の方法
「閑古鳥が鳴いている店」には理由がある。「繁盛している店」にも理由がある。 | 売り上げを上げる30の方法

  1. 売り上げアップのキーワードは「商品」ではない。<br>常に「人」である。
    売り上げアップのキーワードは「商品」ではない。
    常に「人」である。
  2. ドアのないお店ほど、繁盛する。
    ドアのないお店ほど、繁盛する。
  3. 「閑古鳥が鳴いている店」には理由がある。<br>「繁盛している店」にも理由がある。
    「閑古鳥が鳴いている店」には理由がある。
    「繁盛している店」にも理由がある。
  4. 人を雇う人件費があるなら、パソコン教室に通ったほうが安上がり。
    人を雇う人件費があるなら、パソコン教室に通ったほうが安上がり。
  5. 「松竹梅」に加えて「特上」を作れば「松」の売り上げが向上する。
    「松竹梅」に加えて「特上」を作れば「松」の売り上げが向上する。
  6. 目玉商品のない店は、経営が苦しくなる。
    目玉商品のない店は、経営が苦しくなる。
  7. 「1日10食限定」という数量限定商品を作る。
    「1日10食限定」という数量限定商品を作る。
  8. 人間は、新しい物が大好き。<br>「日替わり」に作れば、来客数が増える。
    人間は、新しい物が大好き。
    「日替わり」に作れば、来客数が増える。
  9. ポイントカードを作れば、売り上げが向上する。
    ポイントカードを作れば、売り上げが向上する。
  10. 最も人が喜ぶ報酬は、現金である。
    最も人が喜ぶ報酬は、現金である。
  11. 感情に訴えかける商品名に変えれば、人の心も動く。
    感情に訴えかける商品名に変えれば、人の心も動く。
  12. ユーザーは、どんなものかわからないものに、いきなりお金を払わない。
    ユーザーは、どんなものかわからないものに、いきなりお金を払わない。
  13. 文字だけのメニューより、写真付きのメニューのほうが、わかりやすい。
    文字だけのメニューより、写真付きのメニューのほうが、わかりやすい。
  14. 設備投資をしすぎると、事業は失敗しやすくなる。
    設備投資をしすぎると、事業は失敗しやすくなる。
  15. レジの隣を無駄にしない。
    レジの隣を無駄にしない。
  16. 店内が明るいと、入店しやすくなる。
    店内が明るいと、入店しやすくなる。
  17. 強調するなら、色より、大きさのほうが有利。
    強調するなら、色より、大きさのほうが有利。
  18. 単位を変えて、量を強調する。
    単位を変えて、量を強調する。
  19. 事実を伝えながら、強調した方法を使う。
    事実を伝えながら、強調した方法を使う。
  20. カードにランクをつけると、より売り上げが向上する。
    カードにランクをつけると、より売り上げが向上する。
  21. お客様は、性能より体験を求めている。
    お客様は、性能より体験を求めている。
  22. 暑いときには、店内を冷やす。<br>寒いときには、店内を暖かくする。
    暑いときには、店内を冷やす。
    寒いときには、店内を暖かくする。
  23. お客様の声ほど、説得力の強い言葉はない。
    お客様の声ほど、説得力の強い言葉はない。
  24. 商品名こそ、一番のキャッチコピーにする。
    商品名こそ、一番のキャッチコピーにする。
  25. 商品が安くなる割引券を配れば、売り上げが向上する。
    商品が安くなる割引券を配れば、売り上げが向上する。
  26. 道端に店内の一部を出したお店は、必ず売れる。
    道端に店内の一部を出したお店は、必ず売れる。
  27. 留守番電話・ファックス・ウェブサイトを最大限に活用すれば、24時間営業ができる。
    留守番電話・ファックス・ウェブサイトを最大限に活用すれば、24時間営業ができる。
  28. 立地条件が悪くても、ウェブサイトを持てば解消できる。
    立地条件が悪くても、ウェブサイトを持てば解消できる。
  29. 商品の配置や配列を変更すると、売り上げが向上する。
    商品の配置や配列を変更すると、売り上げが向上する。
  30. 売ろうという当たり前の努力をする。
    売ろうという当たり前の努力をする。

同じカテゴリーの作品