独立・起業

売り上げを上げる
30の方法

7
6

目玉商品のない店は、
経営が苦しくなる。

目玉商品のない店は、経営が苦しくなる。 | 売り上げを上げる30の方法

「1件しかない店」なら、客はそこに集中します。

1件しかないので、ほかに選択のしようがないからです。

物が不足していた時代では店が少なく、お店が1件できるだけで多くのお客さんが押し寄せてきました。

 

しかし、今は何でも手に入る時代です。

ほとんどの産業では、同種類の店が複数対立しています。

競争が当たり前になってしまいました。

 

たとえば、あなたの家の近くを見てみましょう。

複数のスーパー・複数のラーメン屋・複数のレストランがあるのではないでしょうか。

もし、スーパーが1件だけなら、迷うこともありません。

 

しかし、複数あるなら、どこに行こうか迷います。

特にこれといった理由がない場合は「近場で安いお店」を選んでしまいます。

楽をしたがる人間は、特別な理由がないかぎり、近場で安いお店が一番楽だからです。

より多くの人に足を運んでもらおうとするなら、工夫が必要です。

競争に勝つためには、お客様に選んでもらう理由を作らなければいけません。

「選ぶ理由」を作り出すことが、店側の仕事です。

それが「目玉商品」です。

ほんの一部でかまいませんから、客を引き付ける目玉商品を作ることです。

目玉商品は、大いなる客寄せの効果を発揮するからです。

珍しい商品でもいいです。

格安の商品でもいいでしょう。

目玉が飛び出るような驚く商品を作ります。

 

たとえば、不動産屋の店頭に「本日の優良物件」というちらしを張り出します。

赤字覚悟の優良物件でかまいません。

日当たり良好で、立地条件もよく、しかも安いという、まさに「目玉商品」です。

たった1枚でもそういう張り紙があると、ちらしの前で多くのお客様が立ち止まります。

素晴らしい目玉商品に夢を膨らませ、お客様の多くが来店します。

もちろん目玉商品はすぐ売り切れてもかまいません。

事実、目玉商品は人気があるため、すぐ売り切れます。

たとえ、優良物件が売り切れていたとしても「ほかにいい物件はありませんか」という話の流れになります。

売り上げアップにつながります。

あなたのお店には、目玉商品がありますか。

売り上げを上げる方法(6)
  • 目玉商品を作る。
「1日10食限定」という数量限定商品を作る。

もくじ
売り上げを上げる30の方法
目玉商品のない店は、経営が苦しくなる。 | 売り上げを上げる30の方法

  1. 売り上げアップのキーワードは「商品」ではない。<br>常に「人」である。
    売り上げアップのキーワードは「商品」ではない。
    常に「人」である。
  2. ドアのないお店ほど、繁盛する。
    ドアのないお店ほど、繁盛する。
  3. 「閑古鳥が鳴いている店」には理由がある。<br>「繁盛している店」にも理由がある。
    「閑古鳥が鳴いている店」には理由がある。
    「繁盛している店」にも理由がある。
  4. 人を雇う人件費があるなら、パソコン教室に通ったほうが安上がり。
    人を雇う人件費があるなら、パソコン教室に通ったほうが安上がり。
  5. 「松竹梅」に加えて「特上」を作れば「松」の売り上げが向上する。
    「松竹梅」に加えて「特上」を作れば「松」の売り上げが向上する。
  6. 目玉商品のない店は、経営が苦しくなる。
    目玉商品のない店は、経営が苦しくなる。
  7. 「1日10食限定」という数量限定商品を作る。
    「1日10食限定」という数量限定商品を作る。
  8. 人間は、新しい物が大好き。<br>「日替わり」に作れば、来客数が増える。
    人間は、新しい物が大好き。
    「日替わり」に作れば、来客数が増える。
  9. ポイントカードを作れば、売り上げが向上する。
    ポイントカードを作れば、売り上げが向上する。
  10. 最も人が喜ぶ報酬は、現金である。
    最も人が喜ぶ報酬は、現金である。
  11. 感情に訴えかける商品名に変えれば、人の心も動く。
    感情に訴えかける商品名に変えれば、人の心も動く。
  12. ユーザーは、どんなものかわからないものに、いきなりお金を払わない。
    ユーザーは、どんなものかわからないものに、いきなりお金を払わない。
  13. 文字だけのメニューより、写真付きのメニューのほうが、わかりやすい。
    文字だけのメニューより、写真付きのメニューのほうが、わかりやすい。
  14. 設備投資をしすぎると、事業は失敗しやすくなる。
    設備投資をしすぎると、事業は失敗しやすくなる。
  15. レジの隣を無駄にしない。
    レジの隣を無駄にしない。
  16. 店内が明るいと、入店しやすくなる。
    店内が明るいと、入店しやすくなる。
  17. 強調するなら、色より、大きさのほうが有利。
    強調するなら、色より、大きさのほうが有利。
  18. 単位を変えて、量を強調する。
    単位を変えて、量を強調する。
  19. 事実を伝えながら、強調した方法を使う。
    事実を伝えながら、強調した方法を使う。
  20. カードにランクをつけると、より売り上げが向上する。
    カードにランクをつけると、より売り上げが向上する。
  21. お客様は、性能より体験を求めている。
    お客様は、性能より体験を求めている。
  22. 暑いときには、店内を冷やす。<br>寒いときには、店内を暖かくする。
    暑いときには、店内を冷やす。
    寒いときには、店内を暖かくする。
  23. お客様の声ほど、説得力の強い言葉はない。
    お客様の声ほど、説得力の強い言葉はない。
  24. 商品名こそ、一番のキャッチコピーにする。
    商品名こそ、一番のキャッチコピーにする。
  25. 商品が安くなる割引券を配れば、売り上げが向上する。
    商品が安くなる割引券を配れば、売り上げが向上する。
  26. 道端に店内の一部を出したお店は、必ず売れる。
    道端に店内の一部を出したお店は、必ず売れる。
  27. 留守番電話・ファックス・ウェブサイトを最大限に活用すれば、24時間営業ができる。
    留守番電話・ファックス・ウェブサイトを最大限に活用すれば、24時間営業ができる。
  28. 立地条件が悪くても、ウェブサイトを持てば解消できる。
    立地条件が悪くても、ウェブサイトを持てば解消できる。
  29. 商品の配置や配列を変更すると、売り上げが向上する。
    商品の配置や配列を変更すると、売り上げが向上する。
  30. 売ろうという当たり前の努力をする。
    売ろうという当たり前の努力をする。

同じカテゴリーの作品