独立・起業

売り上げを上げる
30の方法

9
21

お客様は、
性能より体験を求めている。

お客様は、性能より体験を求めている。 | 売り上げを上げる30の方法

私たちは、戦後、3段階の時代を経験しています。

  • 物を求める時代(1945~1954年)
  • 性能を求める時代(1955~2000年)
  • 体験を求める時代(2001年~)

物が不足していた第2次世界大戦後は「とにかく物を求める時代」でした。

物がなくて、生きるために必死の時代です。

戦後の日本は、物がないので「物を持ちたい」という単純な動機で、仕事に精を出しました。

できるだけたくさんの物を所持していることが、豊かさの象徴でした。

テレビ・洗濯機・冷蔵庫があるだけで、周りの人から「経済的に豊かな人」と思われていました。

 

しかし、日本では1955年から高度経済成長を迎え、次のステップに向かいます。

 

「性能を求める時代」です。

 

日本は高度経済成長を経験して、以前の目標であった「テレビ・洗濯機・電気冷蔵庫」を、誰もが持つ時代になりました。

むしろ持っていないほうが、不思議がられていました。

基本的な物はそろったので、次に「高性能」を求めるようになりました。

生活の豊かさは、物の品質によって決まる時代でした。

テレビは、モノクロからカラーになりました。

洗濯機は、全自動になりました。

電気冷蔵庫は、冷凍庫の機能まで持つようになりました。

そのほかの物品も、性能を求めている時代でした。

 

しかし、です。

21世紀を迎えた今、さらに次のステップに移りました。

それが「体験を求める時代」です。

すでに十分な性能の道具を、誰もが持つ時代になりました。

高性能の物があふれた時代です。

性能では、差がつきにくくなりました。

現在、市場で出回っている物に性能の大差はありません。

 

では、性能以外の何で差をつけるのかというと「体験」です。

私たちは今、大きな変容の時期に生きています。

物があふれる時代になった今、物の性能だけで善しあしをアピールするのは難しくなってきています。

これからは、物を持つことで、どんな体験ができるかをアピールする時代です。

ライフスタイルが、より重要です。

 

たとえば、デジタルカメラの販売では「1000万画素」という性能表示をお客様にアピールするのは、難しくなっています。

「1000万画素」と性能表示を見ても「だから何? どのカメラでも十分にきれいに撮れるではないか」と思っています。

「どのカメラでも十分きれいに撮れる」と言われると、たしかにそのとおりです。

 

しかし「お孫さんの笑顔が一番きれいに撮れるカメラです」と説明があると「かわいい孫の笑顔が残せるなら買おう」と思います。

物を持つことで、購入者の生活がどう変わるのかをアピールすることです。

今「性能」ではなく「体験」で勝負する時代なのです。

売り上げを上げる方法(21)
  • 購入することで、どんな体験ができるようになるのか伝える。
暑いときには、店内を冷やす。
寒いときには、店内を暖かくする。

もくじ
売り上げを上げる30の方法
お客様は、性能より体験を求めている。 | 売り上げを上げる30の方法

  1. 売り上げアップのキーワードは「商品」ではない。<br>常に「人」である。
    売り上げアップのキーワードは「商品」ではない。
    常に「人」である。
  2. ドアのないお店ほど、繁盛する。
    ドアのないお店ほど、繁盛する。
  3. 「閑古鳥が鳴いている店」には理由がある。<br>「繁盛している店」にも理由がある。
    「閑古鳥が鳴いている店」には理由がある。
    「繁盛している店」にも理由がある。
  4. 人を雇う人件費があるなら、パソコン教室に通ったほうが安上がり。
    人を雇う人件費があるなら、パソコン教室に通ったほうが安上がり。
  5. 「松竹梅」に加えて「特上」を作れば「松」の売り上げが向上する。
    「松竹梅」に加えて「特上」を作れば「松」の売り上げが向上する。
  6. 目玉商品のない店は、経営が苦しくなる。
    目玉商品のない店は、経営が苦しくなる。
  7. 「1日10食限定」という数量限定商品を作る。
    「1日10食限定」という数量限定商品を作る。
  8. 人間は、新しい物が大好き。<br>「日替わり」に作れば、来客数が増える。
    人間は、新しい物が大好き。
    「日替わり」に作れば、来客数が増える。
  9. ポイントカードを作れば、売り上げが向上する。
    ポイントカードを作れば、売り上げが向上する。
  10. 最も人が喜ぶ報酬は、現金である。
    最も人が喜ぶ報酬は、現金である。
  11. 感情に訴えかける商品名に変えれば、人の心も動く。
    感情に訴えかける商品名に変えれば、人の心も動く。
  12. ユーザーは、どんなものかわからないものに、いきなりお金を払わない。
    ユーザーは、どんなものかわからないものに、いきなりお金を払わない。
  13. 文字だけのメニューより、写真付きのメニューのほうが、わかりやすい。
    文字だけのメニューより、写真付きのメニューのほうが、わかりやすい。
  14. 設備投資をしすぎると、事業は失敗しやすくなる。
    設備投資をしすぎると、事業は失敗しやすくなる。
  15. レジの隣を無駄にしない。
    レジの隣を無駄にしない。
  16. 店内が明るいと、入店しやすくなる。
    店内が明るいと、入店しやすくなる。
  17. 強調するなら、色より、大きさのほうが有利。
    強調するなら、色より、大きさのほうが有利。
  18. 単位を変えて、量を強調する。
    単位を変えて、量を強調する。
  19. 事実を伝えながら、強調した方法を使う。
    事実を伝えながら、強調した方法を使う。
  20. カードにランクをつけると、より売り上げが向上する。
    カードにランクをつけると、より売り上げが向上する。
  21. お客様は、性能より体験を求めている。
    お客様は、性能より体験を求めている。
  22. 暑いときには、店内を冷やす。<br>寒いときには、店内を暖かくする。
    暑いときには、店内を冷やす。
    寒いときには、店内を暖かくする。
  23. お客様の声ほど、説得力の強い言葉はない。
    お客様の声ほど、説得力の強い言葉はない。
  24. 商品名こそ、一番のキャッチコピーにする。
    商品名こそ、一番のキャッチコピーにする。
  25. 商品が安くなる割引券を配れば、売り上げが向上する。
    商品が安くなる割引券を配れば、売り上げが向上する。
  26. 道端に店内の一部を出したお店は、必ず売れる。
    道端に店内の一部を出したお店は、必ず売れる。
  27. 留守番電話・ファックス・ウェブサイトを最大限に活用すれば、24時間営業ができる。
    留守番電話・ファックス・ウェブサイトを最大限に活用すれば、24時間営業ができる。
  28. 立地条件が悪くても、ウェブサイトを持てば解消できる。
    立地条件が悪くても、ウェブサイトを持てば解消できる。
  29. 商品の配置や配列を変更すると、売り上げが向上する。
    商品の配置や配列を変更すると、売り上げが向上する。
  30. 売ろうという当たり前の努力をする。
    売ろうという当たり前の努力をする。

同じカテゴリーの作品