人付き合い

気が利く人になる
30の方法

読んだ お気に入り12
27

気が利く人は、
わざと負ける。

気が利く人は、わざと負ける。 | 気が利く人になる30の方法

気が利く人は、負け上手です。

負けることで、人間関係の歯車がうまく噛み合うことを知っています。

会社の付き合いで、上司と一緒にゴルフに出かけることがあります。

そのほか、お付き合い上、クライアントとボウリング、カラオケに行くこともあるでしょう。

そんなとき、気の利く人は、わざと負けるのです。

負けるとはいえ、演じているように負けるのではありません。

一生懸命を演じて、自然な形で負けます。

ばれない程度に、下手を演じます。

勝ってしまうと相手の気分を損ねてしまい、人間関係に影響するからです。

大事なクライアントとのゴルフで勝ってしまうと、クライアントの気分を害してしまい、今後の仕事の契約に影響しかねません。

カラオケでも、上手に歌おうとするのではなく、相手より下手に歌おうとします。

カラオケで、歌の下手な人が1人でもいると、ほかの人が歌いやすくなり、盛り上がります。

逆に、1人でも、歌がプロのようにうまい人がいると、ほかの人が引いてしまいます。

みんなが歌いづらくなり、雰囲気が悪くなります。

わざと下手を演じる心遣いは、大人だからこそできることです。

笑われて、自分も笑うことができてこそ、大人です。

勝つことばかりにこだわるのは、まだ子供です。

負けにこだわり、下手を演じ始めることができるのが、できる社会人なのです。

まとめ

気が利く人になる方法 その27
  • 「勝ち」より「負け」にこだわる。
気を利かせて、バックアップを取っておく。

もくじ
気が利く人になる30の方法
気が利く人は、わざと負ける。 | 気が利く人になる30の方法

  1. 人に喜んでもらうために、気が利く人になろう。
  2. まずは、受け身が大切。
  3. 気の利いたサービスを受けたとき、メモに残す習慣を身につける。
  4. ゲーム感覚でもいい。
    相手がしてほしいことを推察しよう。
  5. 大変そうな人を見て「大変そうですね」と話しかけるだけでいい。
  6. 当たり前の言葉をかけるだけでいい。
  7. 花粉症で困っている人に、そっとティッシュを差し出す。
  8. 立場を交代すると、相手の気持ちが分かるようになる。
  9. いきなり相手の立場になるのではなく、まずお手伝いから始めればいい。
  10. 気の利く人になることは、連想ゲームの達人になること。
  11. むかつく人との出会いは、自分の器を大きくするチャンス。
  12. 気の利く人は、誕生日前にプレゼントを贈る。
  13. 「気が利く」とは、少し早めに行動すること。
  14. ささいなことや情報の積み重ねが、大きな仕事の土台になる。
  15. 言いにくい言葉を言えるのが、本当の友達。
  16. 気が利く人は、料理の取り分けを積極的にする。
  17. 誰もが嫌がるエレベーターのボタンを、押す人になろう。
  18. 手伝う人が、手伝われる。
  19. 気の利かない人は、だらだら長いのがかっこいいと思っている。
  20. 店側が気を利かせて傘入れ袋を用意してくれる理由に、気づいていますか。
  21. 気の利く人は、残らないプレゼントを贈る。
  22. 気の利かない人は、クレームを人に言わせる。
    気の利く人は、クレームを自分で言う。
  23. 気の利く人は、次の人のことを考える。
  24. 思いやりのある人間社会の土台は、気を利かせ合うこと。
  25. 相手のことを考えて「まとめて一緒に」という習慣を身につけよう。
  26. 謝らないと、禁煙席に座れない?
  27. 気が利く人は、わざと負ける。
  28. 気を利かせて、バックアップを取っておく。
  29. 気の利く人は、予備の傘を会社に置いている。
  30. 気を利いた行動をする人が1人いれば、どんどん増えていく。

同じカテゴリーの作品