心が元気になる
30の言葉

6
14

本当に気が利く人は
「何かお手伝いすることはありませんか」と聞かない。

本当に気が利く人は「何かお手伝いすることはありませんか」と聞かない。 | 心が元気になる30の言葉

「何かお手伝いすることはありませんか」

忙しいとき、そんな一言を言ってもらえると嬉しいですね。

忙しそうな人がいたとき、「何かお手伝いすることはありませんか」と声をかけることがあるでしょう。

気の利いた一言を言えば、気遣いや積極性をアピールできそうな気がします。

もちろん悪いことではありません。

積極的に手伝いを申し出ているのですから、むしろ素晴らしい気遣いです。

人間関係では、自発的な協力が大切です。

相手は「助かる」「ありがとう」と、親切な配慮を喜んでくれるでしょう。

「何かお手伝いすることはありませんか」というセリフは、気が利く人らしい一言のように思えます。

しかし、ここに誤解があります。

本当に気が利く人は「何かお手伝いすることはありませんか」と聞きません。

相手にわざわざ仕事を尋ねるのは、まだ本当に気が利いているとは言えません。

気遣いの1つではありますが、本当に気が利く人なら、もう一歩進んだ行動をします。

「○○をしておきますね」と言うやいなや、さっと手伝うのです。

わざわざ相手に質問しません。

相手の様子や状況から必要な仕事を察して、自発的に手伝うのです。

求めている仕事を先回りできれば、相手は驚き、感動するに違いありません。

ベストタイミングで、ベストな配慮をするその様子は、かっこよく写るでしょう。

正確に相手の心情を把握しなければいけないため、難しいことではありますが、だからこそ取り組む価値があります。

気遣いの達人になりましょう。

人には「観察力」「想像力」「思考力」という素晴らしい能力があります。

相手の様子を観察しながら、相手の立場を想像して、思考します。

すると「こうしてほしいのではないか」「こうすれば喜んでくれるだろう」という配慮が見えてくるでしょう。

相手が心で求めている行動を読み取って、先に取り組みましょう。

相手の喜ぶ笑顔を想像すると、楽しみながら取り組めます。

これこそ本当の意味で「気が利く」ということです。

心が元気になる言葉(6)
  • 「何かお手伝いすることはありませんか」と聞くより「○○をしておきますね」と言って、さっと手伝う。
疲れる本当の原因は、失敗ではなく、妄想。

心が元気になる30の言葉
心が元気になる30の言葉

  1. 乱暴な言葉遣いは、どれだけ言っても伝わらない。<br>丁寧な言葉遣いは、短い一言でもしっかり伝わる。
    乱暴な言葉遣いは、どれだけ言っても伝わらない。
    丁寧な言葉遣いは、短い一言でもしっかり伝わる。
  2. あなたが守っているものは、本当に価値があることなのか。
    あなたが守っているものは、本当に価値があることなのか。
  3. 流れと勢いを作る人が、チャンスをつかむ。
    流れと勢いを作る人が、チャンスをつかむ。
  4. 意図しないインプットには、要注意。
    意図しないインプットには、要注意。
  5. 心のテーマソングを持とう。<br>その1曲が、窮地を救ってくれる。
    心のテーマソングを持とう。
    その1曲が、窮地を救ってくれる。
  6. 本当に気が利く人は「何かお手伝いすることはありませんか」と聞かない。
    本当に気が利く人は「何かお手伝いすることはありませんか」と聞かない。
  7. 疲れる本当の原因は、失敗ではなく、妄想。
    疲れる本当の原因は、失敗ではなく、妄想。
  8. 失敗しても、自分らしい挑戦だったなら、喜んでいい。
    失敗しても、自分らしい挑戦だったなら、喜んでいい。
  9. その仕事はまだ完了してない。<br>完了に見える未完了。
    その仕事はまだ完了してない。
    完了に見える未完了。
  10. 体が弱くても、心が強ければ大丈夫。<br>体が小さくても、心が大きければ大丈夫。<br>体に限界はあっても、心には限界がない。
    体が弱くても、心が強ければ大丈夫。
    体が小さくても、心が大きければ大丈夫。
    体に限界はあっても、心には限界がない。
  11. 心が小さくてもいい。<br>心が小さいなら、強くすればいい。
    心が小さくてもいい。
    心が小さいなら、強くすればいい。
  12. 友人が減ったのではない。<br>本当の友人が残ったのだ。
    友人が減ったのではない。
    本当の友人が残ったのだ。
  13. 「命までは取られない」と思えば、勇気が出る。
    「命までは取られない」と思えば、勇気が出る。
  14. 迷うのは、やりたい証拠。
    迷うのは、やりたい証拠。
  15. 気になるのは、興味関心がある証拠。
    気になるのは、興味関心がある証拠。
  16. 瞑想は、心の掃除。
    瞑想は、心の掃除。
  17. しかめ面は、人も運も逃げていく。<br>笑顔は、人も運も引き寄せる。
    しかめ面は、人も運も逃げていく。
    笑顔は、人も運も引き寄せる。
  18. 「ばかにされるだろうか」と思っていると、ばかにされる。<br>「ばかにされてもいい」と思っていると、ばかにされない。
    「ばかにされるだろうか」と思っていると、ばかにされる。
    「ばかにされてもいい」と思っていると、ばかにされない。
  19. 元気は、自然と出るものではなく、積極的に出していくもの。
    元気は、自然と出るものではなく、積極的に出していくもの。
  20. 「かわいそうな自分が好き」と思ったら、すぐやめたほうがいい。
    「かわいそうな自分が好き」と思ったら、すぐやめたほうがいい。
  21. 泣いても落ち込んでも、前を向こう。<br>どんなことがあっても、必ず明日が来るから。
    泣いても落ち込んでも、前を向こう。
    どんなことがあっても、必ず明日が来るから。
  22. 不幸でも絶望でもない。<br>悲観的な言葉で、かっこつけているだけ。
    不幸でも絶望でもない。
    悲観的な言葉で、かっこつけているだけ。
  23. 意味のない仕事ではない。<br>まだ意味を理解していないだけ。
    意味のない仕事ではない。
    まだ意味を理解していないだけ。
  24. 知ったかぶりをすると、人生が陳腐になる。<br>知ったかぶりをやめると、人生が面白くなる。
    知ったかぶりをすると、人生が陳腐になる。
    知ったかぶりをやめると、人生が面白くなる。
  25. 意欲が出てから仕事をするのではない。<br>仕事をするから意欲が出る。
    意欲が出てから仕事をするのではない。
    仕事をするから意欲が出る。
  26. 勘違いなら、笑いながら「勘違いでした」と言えばいいだけ。<br>ダメなら、笑いながら「ダメでした」と言えばいいだけ。
    勘違いなら、笑いながら「勘違いでした」と言えばいいだけ。
    ダメなら、笑いながら「ダメでした」と言えばいいだけ。
  27. 手紙は、どれだけきれいな字を書くかではない。<br>どれだけよい内容を書くか。
    手紙は、どれだけきれいな字を書くかではない。
    どれだけよい内容を書くか。
  28. 群れることを恐れるな。<br>群れてもいいので、とにかく行動することが大切。
    群れることを恐れるな。
    群れてもいいので、とにかく行動することが大切。
  29. 「一気に片付けよう」と思うと、なかなか行動できない。<br>「まず1つ片付けよう」と思えば、簡単に行動できる。
    「一気に片付けよう」と思うと、なかなか行動できない。
    「まず1つ片付けよう」と思えば、簡単に行動できる。
  30. いらいらしても1日。<br>わくわくしても1日。
    いらいらしても1日。
    わくわくしても1日。

同じカテゴリーの作品

2:56

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION