人生の教科書



受験対策
本当に集中すれば、周りの様子は気にならなくなる。
情報力
読書をして共感できたとき、潜在的思考が表面化する。
情報力
世の中に、本当の無料メディアはない。
心の健康
挨拶は、知らない人にも進んですること。
受験対策

参考書の賢い選び方と使い方

お気に入り2 読んだ
17

理解できない原因は、
あなたにあるのではなく、
説明する側にある。

理解できない原因は、あなたにあるのではなく、説明する側にある。 | 参考書の賢い選び方と使い方

私は、できるだけ読者に理解できるような、分かりやすい文章を心がけています。

もし、読者が理解できないなら、私の責任です。

専門的な言葉や省略した言い方などに問題があります。

専門用語も当たり前のように使ってしまうのはよくありませんね。

自分が当たり前だと思っていることは、省略した言い方になってしまいがちです。

専門用語や省略が、説明を分かりにくくさせ、読者の理解を妨げている原因になっています。

読者が悪いということは1つもありません。

私がいけません。

知っている人から知らない人への立場ですから、知らない人の立場に立つことが仕事だと思っています。

これは参考書にも当てはまります。

参考書を書いている人は、その専門分野にたけたプロです。

「知っている人」が「知らない人」へ向けて教えています。

もし、読者が一生懸命に理解しようと努力しているにもかかわらず理解できないなら、悪いのは説明している側です。

専門分野を熟知した専門家は、難しい言葉を当たり前のように使ってしまい、説明も省略が多くなります。

「これくらいは当然知っているだろう」という前提で考えてしまうからです。

事実、そういう読者のことを考えずにいる著者はいます。

知らない人の立場になって考えて説明するという努力が足りない。

知っている人は、単に教えればいいわけではありません。

「分かりやすい」という付加価値をつけて教える必要があります。

それが優れた教師の条件です。

知っている人が知っていることを口にするなら、難しいことではありません。

本当に難しいことは「いかに分かりやすく説明するか」です。

ここが教師の実力を発揮する瞬間です。

よい参考書といわれる条件になります。

まとめ

参考書の賢い選び方と使い方 その17
  • 説明が聞いて分からないときに自分を責めすぎないようにする。
自分が「重要だ」と感じる部分は、必ずしも重要とは限らない。

もくじ
(参考書の賢い選び方と使い方)

同じカテゴリーの作品