人生の教科書



プラス思考
向上心の強い人ほど、早起きするのは世界共通。
睡眠
「早寝早起き」をすると、生活サイクルが安定する。
生き方
早起きする人は、みんな、素晴らしい人ばかり。
ニート
早寝早起きだけでも、成果。
受験対策

受験生の時間とスケジュール管理術

お気に入り19 読んだ
15

「早寝・早起き」は嘘。
「早起き・早寝」の順が正解だった!

「早寝・早起き」は嘘。「早起き・早寝」の順が正解だった! | 受験生の時間とスケジュール管理術

リズムのよい生活習慣では「早寝・早起き」が基本です。

「早起きは三文の徳」という格言は大変有名ですね。

早く起きることで、ほかの人より早く行動ができ、結果として得を得られやすいということです。

朝は静かです。

勉強に集中できます。

友達から突然電話が来ることもありませんし、親が急に部屋に入ってくることもありません。

面白いテレビ番組もない時間帯ですから勉強にも集中できます。

  • 「早起きをして得をするぞ!」

その意気込みで、夜はいつもより早く寝ようとします。

ここに、大きな落とし穴があります。

早く寝ようとしても、そう簡単には寝られません。

いつもは夜12時ごろに寝ている人が、急に夜8時に寝ようとしても失敗します。

いくら目をつぶっても、全然眠れません。

 

では、早く寝るために、どうすればいいのでしょうか。

実は「早寝・早起き」ではありません。

 

「早起き・早寝」です。

 

早く寝るためには、まず前提として早く起きなければいけません。

いつもより早く起きることで、太陽の光を浴びる時間も、いつもより早く浴びることになります。

すると、体内時計が前倒しに調整されて、体のリズムが変わります。

もし早く寝たければ、ポイントは「寝るとき」ではなく「起きるとき」です。

「早寝」を先にするのではなく「早起き」を先にします。

慣れない早起きは、最初は少し眠いですが、1日だけ我慢です。

早起きすれば、夜には早く寝られるようになります。

まとめ

受験生の時間とスケジュール管理術 その15
  • 早く寝るために、
    早く起きる。
勉強する時間くらいは、机の上に勉強以外の物を置かない。

もくじ
(受験生の時間とスケジュール管理術)

同じカテゴリーの作品