恋愛がしたい

恋愛運を上げる
30の方法

読んだ お気に入り54
15

優しい性格の人が、
一番モテる。

優しい性格の人が、一番モテる。 | 恋愛運を上げる30の方法

私は学生時代、美人と出会ったことがありました。

「うわっ、きれいな人だな」

そう思って話しかけたところ、案の定、モデルをしていると言います。

「これはすごい人と友達になったぞ」

うまく友達になるところまでこぎ着けました。

ここまではよかったですが、親しくなるにつれて、白け始める自分がいました。

性格が悪いからです。

人の悪口を言ったり、人を道具のように使ったりします。

私は当時からパソコン関係にはある程度詳しかったのですが、彼女はパソコンのことで、私を利用します。

ゴキブリ退治に、わざわざ家まで呼ばれたこともありました。

便利屋です。

「人をなんだと思っているんだ。こっちからごめんだ」

しばらく経ってから、私はその人と連絡を取らなくなりました。

あまりの性格の悪さから、私から逃げ出しました。

かっこいい人でも、モテない人がいます。

美人でも、モテない人がいます。

おおむねそういう人たちに共通するのは、やはり「性格の悪さ」です。

どんなにかっこよくても、お金や名誉にしか興味がない人は嫌われます。

美人でも、他人のことを悪く言う人は嫌われます。

性格が曲がっていると、どうにも付き合いにくくてたまりません。

容姿がよくても、性格が悪ければ嫌われます。

 

では、どのような性格が一番大切なのでしょうか。

そこで私は、結婚相談所の調査結果を調べたことがありました。

世の中には、さまざまな男女がいます。

結婚相談所なら、異性に求める詳しいデータがあるだろうと思いました。

すると、男性も女性も同じ要因がベスト1であり、驚きました。

 

「優しさ」です。

 

実は一番大切なのは「かっこいい、美しい」という外見的な魅力より「優しい」という性格です。

もちろん出会いがしらは、容姿から引かれることでしょう。

 

しかし、容姿がきっかけで付き合い始めたとしても、優しさがなければ長続きはしません。

「自分を大切にしてくれる人とは、いつまでも一緒にいたい」

そう思うのは、すべての男女において共通です。

優しさは、異性を引き付ける磁石になります。

あなたに容姿に自信がなければ、優しさでアピールすることです。

容姿に自信があったとしても、やはり優しさでアピールすることです。

優しさは、すべての人に好かれる性格なのです。

まとめ

恋愛運を上げる方法 その15
  • 優しい人になる。
恋愛では、嘘の1つも必要な手段。

もくじ
恋愛運を上げる30の方法
優しい性格の人が、一番モテる。 | 恋愛運を上げる30の方法

  1. 今、気づいたことは、今日中に実行する。
  2. 言葉ではなく、目で愛を伝える。
  3. 顔を合わせることで、心のガードも緩くなる。
  4. 恋愛上手な人には、勢いがある。
  5. 電話番号をもらったら、その場ですぐかけてもいい。
  6. 「友達から始めましょう」は、OKをもらったも同然。
  7. 諦めないから、気持ちが伝わる。
  8. 友達としてお化け屋敷に入れば、出てきたときには恋人になっている。
  9. 面白くても笑う。
    面白くなくても笑う。
    笑顔は、最大のフェロモンである。
  10. 自己評価が低いときに励ますと、あなたの好感度が上がりやすい。
  11. 好かれたい相手がいれば、とにかくたくさん褒めること。
  12. 「また会いたい」と思うのは、共通点や類似点が多い人。
  13. 自分の失敗談は、異性を引き寄せる。
  14. 明るいところより薄暗いところのほうが、告白の成功率は高くなる。
  15. 優しい性格の人が、一番モテる。
  16. 恋愛では、嘘の1つも必要な手段。
  17. 嘘に抵抗があるなら、わざと用事を作ればいい。
  18. あらゆる恋愛経験は、すべて100点満点。
  19. 恋愛が弱い人に足りないのは、お金でも地位でもなく、勇気。
  20. 恋愛は漢方薬。
    後から少しずつ効いてくる。
  21. 相手を理解しようとする人が、理解される。
  22. 好きな人以外の人にも、好きな人と同じように優しくなる。
  23. 個人的な話をするたびに、好感度が増していく。
  24. 幸運の女神には、前髪しかない。
  25. 気が合う人は、いきなりデートに誘ってもいい。
  26. 焼き肉は、ゲームである。
  27. 考えていることは、会話に自然と現れる。
  28. アクセルとブレーキを、同時に踏んでいませんか。
  29. 恋愛の勉強は「恋愛前」ではなく「恋愛中」にするものだ。
  30. 今日、これからは無理ですか。

同じカテゴリーの作品