心を豊かにする
30の言葉

14
0

お会計のときに感謝するポイントは、
3つある。

お会計のときに感謝するポイントは、3つある。 | 心を豊かにする30の言葉

日常が豊かになるポイントは「お会計の場面」にあります。

お会計のとき、何を考えながら支払っているでしょうか。

おそらく多く人は、特に何も考えず、ぼんやりしながらお金を支払っているでしょう。

「お金を使いすぎた」「買い物袋に詰めよう」「家に帰ったら何をしようか?」など考えることもあるかもしれません。

ここに生活を豊かにするポイントがあります。

ぼんやりお金を使うのではなく、感謝しながらお金を使いましょう。

お会計のときに感謝するポイントは、3つあります。

  1. お店の人に感謝する

まずお店の人に感謝しましょう。

「ありがとうございます」

きちんと声に出してお礼を伝えます。

お金を支払う立場であっても感謝は大切です。

笑顔と白い歯を見せながらお礼を言えれば、パーフェクトです。

  1. 買い物ができたことに感謝する

次に買い物ができたことに感謝します。

「よい買い物ができた。欲しいものが手に入ってありがたい」

買い物ができたということは、取引が成立したということです。

大きなトラブルもなく、スムーズな等価交換が完了しました。

そして欲しいものが手に入ったということです。

素晴らしいことですから、買い物ができたことに感謝することが大切です。

  1. お金に感謝する

3つ目の感謝ポイントは、お金です。

お金は人類が発明した、素晴らしい道具の1つです。

「お金は便利だなあ。お金は素晴らしい!」

心の中で小さくつぶやくだけでいいのです。

これは電子マネーのときでも同じです。

現金とは違って物理的には目に見えませんが、お金のイメージを持つことならできるはずです。

支払い音が聞こえたとき「ありがとうございます」と感謝しましょう。

お金はいつも当たり前にあって感謝の対象として気づきにくいですが、小さなことにも目を向け、きちんと感謝することが大切です。

§

この3つのポイントを心がけると、1回のお会計につき、3回の感謝ができます。

感謝は、すればするほどいいものです。

お会計をする機会は、1日に何度もあります。

お会計が2回あれば感謝が6回でき、お会計が2回あれば感謝が9回できます。

感謝しながらお金を使うと、生活だけでなく、心も豊かになっていきます。

お会計のたびに感謝すれば、いつも明るい気持ちでいられ、心や生活の豊かさもワンランクアップするのです。

心を豊かにする言葉(14)
  • お会計のとき、感謝しながら支払う。
心の声はいつも小さい。
きちんと耳を澄まさないと、心の声は聞こえない。

心を豊かにする30の言葉
心を豊かにする30の言葉

  1. 幸せとは「心の余裕」を持つこと。
    幸せとは「心の余裕」を持つこと。
  2. 新しいことを始める理由は「興味がある」だけで十分。
    新しいことを始める理由は「興味がある」だけで十分。
  3. 自然と早起きをした朝は、早めの活動を始めよう。<br>何かいいことが起こるに違いない。
    自然と早起きをした朝は、早めの活動を始めよう。
    何かいいことが起こるに違いない。
  4. 運動不足の解消は「歩くこと」から始まる。<br>少しでも歩数を増やし、歩く距離を伸ばそう。
    運動不足の解消は「歩くこと」から始まる。
    少しでも歩数を増やし、歩く距離を伸ばそう。
  5. 誰もあなたの成功を信じなくても、あなただけは自分の成功を信じること。<br>成功を信じる人は、自分一人で十分。
    誰もあなたの成功を信じなくても、あなただけは自分の成功を信じること。
    成功を信じる人は、自分一人で十分。
  6. 「力を入れて仕事をする」と「力を抜いて仕事をする」。<br>どちらも結果が大差ないなら、力を抜いて仕事をするほうがいい。
    「力を入れて仕事をする」と「力を抜いて仕事をする」。
    どちらも結果が大差ないなら、力を抜いて仕事をするほうがいい。
  7. リラックスしているときも、ハッピー。<br>心の平和は、生きている喜びそのもの。
    リラックスしているときも、ハッピー。
    心の平和は、生きている喜びそのもの。
  8. 悪口は言わないと決意した瞬間から、あなたは新しく生まれ変わる。
    悪口は言わないと決意した瞬間から、あなたは新しく生まれ変わる。
  9. 夢があっさり叶ったらつまらない。<br>夢は、叶えるのに時間がかかるから素晴らしい。
    夢があっさり叶ったらつまらない。
    夢は、叶えるのに時間がかかるから素晴らしい。
  10. 最高に天気のいい日は、最高の外出日和。<br>急な予定変更で外出してもいい。
    最高に天気のいい日は、最高の外出日和。
    急な予定変更で外出してもいい。
  11. 思うようにいかない日々で挫折しかけたときは、こうつぶやこう。<br>「ここから私の第2幕が始まる」
    思うようにいかない日々で挫折しかけたときは、こうつぶやこう。
    「ここから私の第2幕が始まる」
  12. 普段穏やかな人が急に荒々しくなったときは、こう考えよう。<br>「何かあって余裕がないのだろう」
    普段穏やかな人が急に荒々しくなったときは、こう考えよう。
    「何かあって余裕がないのだろう」
  13. 入れ替わりでトイレの個室に入るとき、扉が閉まり切る前に入らない。<br>きちんと扉が閉まって、3秒置いてから入る。
    入れ替わりでトイレの個室に入るとき、扉が閉まり切る前に入らない。
    きちんと扉が閉まって、3秒置いてから入る。
  14. お会計のときに感謝するポイントは、3つある。
    お会計のときに感謝するポイントは、3つある。
  15. 心の声はいつも小さい。<br>きちんと耳を澄まさないと、心の声は聞こえない。
    心の声はいつも小さい。
    きちんと耳を澄まさないと、心の声は聞こえない。
  16. 自分より不幸な人を見て安心するくらいなら、自分より努力している人を見てパワーをもらうほうがいい。
    自分より不幸な人を見て安心するくらいなら、自分より努力している人を見てパワーをもらうほうがいい。
  17. 健康を大切にしていると言いつつ、健康診断を受診しないのは矛盾している。
    健康を大切にしていると言いつつ、健康診断を受診しないのは矛盾している。
  18. あなたの効率化は、楽しみの損失につながっていないか。<br>効率化の結果、楽しみまで失われては意味がない。
    あなたの効率化は、楽しみの損失につながっていないか。
    効率化の結果、楽しみまで失われては意味がない。
  19. 許せないのは「許せない」と思っているから。<br>「許せる」と思えば、許せる。
    許せないのは「許せない」と思っているから。
    「許せる」と思えば、許せる。
  20. あらゆる失敗は、いつか笑い話になる。<br>笑えるようになったとき、乗り越えたことになる。
    あらゆる失敗は、いつか笑い話になる。
    笑えるようになったとき、乗り越えたことになる。
  21. 直感を大切にするなら「考えすぎないこと」が大切。
    直感を大切にするなら「考えすぎないこと」が大切。
  22. 「年齢」を重ねるだけで大人になるとは限らない。<br>「成長」を重ねることで大人になる。
    「年齢」を重ねるだけで大人になるとは限らない。
    「成長」を重ねることで大人になる。
  23. 素早い返事とはいえ、相手が言い終わる前に話すのは失礼。
    素早い返事とはいえ、相手が言い終わる前に話すのは失礼。
  24. どうしても抵抗があることは、きちんと断る。
    どうしても抵抗があることは、きちんと断る。
  25. 「なんだか怪しい」という直感は、おおむね正しい。<br>距離を置いて、関わらないでおくのが賢明。
    「なんだか怪しい」という直感は、おおむね正しい。
    距離を置いて、関わらないでおくのが賢明。
  26. 年始に立てた目標が放置されていないか。
    年始に立てた目標が放置されていないか。
  27. なぜプロと呼ばれる人は「仕事に関係ない遊び」をしているのか。
    なぜプロと呼ばれる人は「仕事に関係ない遊び」をしているのか。
  28. お金がかかることを嘆くのではない。<br>お金さえあれば実現できることを喜ぶのだ。
    お金がかかることを嘆くのではない。
    お金さえあれば実現できることを喜ぶのだ。
  29. 感情に振り回されそうになったときは「1人の静かな時間」を作る。
    感情に振り回されそうになったときは「1人の静かな時間」を作る。
  30. なぜ奇跡は、いつも最後に起こるのか。
    なぜ奇跡は、いつも最後に起こるのか。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION