成功体質になる
30の方法

18
0

初心者は、
初心を思い出させてくれる先生。

初心者は、初心を思い出させてくれる先生。 | 成功体質になる30の方法

初心者をばかにしていませんか

ときどき初心者をばかにする人がいます。

相手は初心者で、自分のほうが上とわかった瞬間、ばかにする人がいます。

つい相手を見下した態度になりやすい。

「そんなこともできないの?」

「初心者だね。まだまだだね」

「全然なっていない」

「よく今までやってきたね」

「知識も経験も足りないね。もっと頑張らないとね」

どこか遠い目で見てしまう自分がいる。

初心者がいたとき「自分より下」と思ってしまう自分がいる。

自分のほうが上手だと、初心者を「自分より下」と見下し、ばかにするのです。

もしこうした態度や考え方があれば要注意です。

初心者だからといって、見下すのはよくありません。

ここで大切な考え方があります。

初心者は「先生」と考えてください。

なぜ先生なのか。

初心を思い出させてくれる先生だからです。

私たちは、上達するにつれて初心を忘れがち

私たちは上達するにつれて初心を忘れがちです。

最初は謙虚で真面目に取り組んでいても、上達するにつれて、だんだん気持ちが緩んできます。

上達による自信が、悪いほうに走ってしまいます。

惰性が生まれると、向上心を忘れるようになり、成長が鈍化するのです。

成長が鈍化で終わればまだいいほうです。

人によっては謙虚を忘れ、傲慢になることも少なくありません。

見下した態度になったり偉そうな発言が増えたりします。

上達するのはいいのですが、傲慢になるのはよくありません。

周りから「あの人は上級者だけど、感じが悪いね」と嫌われてしまうのです。

私たちは上達するにつれて、謙虚が失われやすいため、注意が必要です。

このとき役立つのが初心者の存在です。

初心者は、忘れかけていた初心を思い出させてくれる存在です。

自分を戒めてくれる先生です。

初心者を先生にすれば、多くのことが得られる

初心者がいれば、昔の自分を思い出すことです。

「そういえば、自分も最初はこうだったな」

初心を思い出させてくれる先生と思えば、相手が初心者であっても、丁寧な接し方になるでしょう。

「たしかに難しいですよね。自分も昔は同じでしたよ」と優しく接することができるでしょう。

もちろん初心を思い出すことで謙虚な気持ちも取り戻せます。

また、副次的な成果が得られることも少なくありません。

改善の糸口がつかめたり、新しいひらめきが得られたり、成長のヒントが見つかったりです。

初心者を先生にすれば、多くのことが得られるのです。

相手が初心者であっても敬意を払うこと

初心者がいても、ばかにしないでください。

むしろ先生と考えましょう。

初心者が「よろしくお願いします」と言えば、あなたも「こちらこそよろしくお願いします」と言うことです。

相手が初心者であっても敬意を払うことです。

お互いに頭を下げれば、いい関係を築けます。

初心者は、初心を思い出させてくれる先生なのです。

成功体質になる方法(18)
  • 初心者がいても、ばかにしない。
  • 初心者は、初心を思い出させてくれる先生と考える。
やる気に頼る人は成功できない。
習慣に頼る人が成功する。

成功体質になる30の方法
成功体質になる30の方法

  1. 人より先に失敗する人が、人より先に成功する。
    人より先に失敗する人が、人より先に成功する。
  2. 形のないものにお金を使う人が、成功する。
    形のないものにお金を使う人が、成功する。
  3. 間違った選択は、神様からのお導き。
    間違った選択は、神様からのお導き。
  4. 仕事の質を高めたいなら、マルチタスクよりシングルタスク。
    仕事の質を高めたいなら、マルチタスクよりシングルタスク。
  5. 仕事は、やらされるものではなく、するものだ。
    仕事は、やらされるものではなく、するものだ。
  6. 健康は、成功体質に欠かせない要素。
    健康は、成功体質に欠かせない要素。
  7. その道のプロになりたければ、勉強代を惜しんではいけない。
    その道のプロになりたければ、勉強代を惜しんではいけない。
  8. 同じことをするのではない。<br>少しずつ改善を加えながら同じことをする。
    同じことをするのではない。
    少しずつ改善を加えながら同じことをする。
  9. 向いていることは、才能のタネ。<br>適性は、神様からのプレゼント。
    向いていることは、才能のタネ。
    適性は、神様からのプレゼント。
  10. 賛同できない忠告に対する、ベストの答え方。
    賛同できない忠告に対する、ベストの答え方。
  11. 「明日からやります」は禁句。
    「明日からやります」は禁句。
  12. 清掃員も会社で一緒に働くパートナー。<br>1人でいいから、清掃員と仲良くなっておこう。
    清掃員も会社で一緒に働くパートナー。
    1人でいいから、清掃員と仲良くなっておこう。
  13. 熱くなってはいけない。<br>仕事を長く続けたいなら、淡々と取り組むこと。
    熱くなってはいけない。
    仕事を長く続けたいなら、淡々と取り組むこと。
  14. 落ち込みから立ち直っただけで、成功したことになる。
    落ち込みから立ち直っただけで、成功したことになる。
  15. ビジネスシーンの服装は、敬意を払う意味がある。
    ビジネスシーンの服装は、敬意を払う意味がある。
  16. 恥を覚悟の上、下方修正することも、時には必要。<br>大切なのは挫折を回避すること。
    恥を覚悟の上、下方修正することも、時には必要。
    大切なのは挫折を回避すること。
  17. 成功するために大切なのは「実力」より「諦めない力」。
    成功するために大切なのは「実力」より「諦めない力」。
  18. 初心者は、初心を思い出させてくれる先生。
    初心者は、初心を思い出させてくれる先生。
  19. やる気に頼る人は成功できない。<br>習慣に頼る人が成功する。
    やる気に頼る人は成功できない。
    習慣に頼る人が成功する。
  20. ときどき変化するから、緊張する。<br>普段から変化すれば、平気になる。
    ときどき変化するから、緊張する。
    普段から変化すれば、平気になる。
  21. 社交性がなくても、成功できる。
    社交性がなくても、成功できる。
  22. 肩書は、実力がつく前に名乗っていい。
    肩書は、実力がつく前に名乗っていい。
  23. 10年後の成功した自分をイメージするだけで、成功に近づく。
    10年後の成功した自分をイメージするだけで、成功に近づく。
  24. 言い訳をしない人が成功する。
    言い訳をしない人が成功する。
  25. 仕事だけ楽しむのではない。<br>準備と後片付けも楽しもう。
    仕事だけ楽しむのではない。
    準備と後片付けも楽しもう。
  26. スランプになれるのは、上位3割。<br>残りの7割は、スランプ前に脱落する。
    スランプになれるのは、上位3割。
    残りの7割は、スランプ前に脱落する。
  27. 負け惜しみを言うと、ますますかっこ悪くなる。<br>素直に負けを認めたほうが、かっこいい。
    負け惜しみを言うと、ますますかっこ悪くなる。
    素直に負けを認めたほうが、かっこいい。
  28. 「人脈、人脈」と言ってはいけない。<br>騒ぎ立てるにつれて、孤立を深めていく。
    「人脈、人脈」と言ってはいけない。
    騒ぎ立てるにつれて、孤立を深めていく。
  29. 説明が長くなるのは、きちんと理解できていない証拠。<br>本当に理解できているなら、一言で説明できる。
    説明が長くなるのは、きちんと理解できていない証拠。
    本当に理解できているなら、一言で説明できる。
  30. 知識より知恵を学ぶ人が、成功する。
    知識より知恵を学ぶ人が、成功する。

同じカテゴリーの作品

4:33

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION