防犯・防災

騙されないで生きていくための
30の方法

2
14

自分が弱っているときは、
高額の買い物をしない。

自分が弱っているときは、高額の買い物をしない。 | 騙されないで生きていくための30の方法

自分が弱っているとき

 

騙されないようにするためには、次のルールを頭にたたき込んでおいてください。

「自分が弱っているときは、高額の買い物をしない」というルールです。

ここで言う買い物とは「商品」だけでなく「契約」や「サービス」も含まれます。

 

あるとき、自分が弱っているときがあります。

つらいことがあって、ひどく落ち込んでいるとき。

ストレスを抱えていて、精神的に参っているとき。

悪いことが続いて、切羽詰まっているとき。

事故で入院して、自由が制限されているとき。

人生では、山もあれば谷もあります。

長い人生の中では病気やトラブルなどの事情から、弱い状態になることがあります。

しかし、ここが大事な場面です。

自分が弱っているときは、自分が自分でないときです。

 

自分が弱っているときは、わらにもすがりたい気持ちになるもの

 

自分が弱っているときは、判断力や思考力が低下しています。

こういうときは浅い考えしかできません。

視野が狭くなり、冷静に考えることができず、安易な買い物をしがちです。

普段なら騙されない話でも、自分が弱っているときはなかなか正常な判断ができないもの。

自分が弱っているときは、わらにもすがりたい気持ちになります。

相手の営業トークに乗せられて「まあいいか」と思ってしまいがちです。

今すぐ不幸から抜け出したい気持ちのときは、なおさらです。

自分が弱っているときに高額の買い物をすると、後から「余計なものを買ってしまった」と悔やむことになるのです。

 

高額の買い物をするなら、体調が回復してからにする

 

高額の買い物をするなら、回復してからにしてください。

余裕がないなら余裕を作りましょう。

まず大事なのは休養です。

腹を満たし、十分な睡眠を取り、時には気分転換をするなどして、余裕を作ることが大切です。

けがや病気をしているなら、回復に専念しましょう。

体調が戻って余裕ができれば、本来の自分を取り戻せます。

正常な思考になるため、正しい買い物ができます。

 

 

自分が弱っているとき、高額の買い物をしたいときの対処

 

自分が弱っているときに契約しなければいけない事情があるなら「信頼できる人」を頼りましょう。

たとえば、家族や親友です。

信頼できるなら、上司や先生でもかまいません。

相談を持ちかけ、意見を聞いてみます。

商品や契約に不自然な点があれば「おかしい」と教えてくれるでしょう。

不要な買い物であれば「やめたほうがいい」とアドバイスもしてくれます。

信頼できる人なら、客観的な視点だけでなく公正中立な視点も入るので、なお安心です。

心配であれば、買い物に同行してもらうのも1つの方法です。

 

自分が弱っているときは、恥もプライドも捨てよう

 

人を頼ることに抵抗があるかもしれませんが、大金を失うリスクに比べれば小さなことです。

自分が弱っているときは、恥を捨てることです。

余計なプライドも捨ててください。

判断を誤ると、後から取り返しのつかないことになりかねません。

買い物の内容によっては、返品や解約できなかったり、返金されなかったりするケースもあります。

素直に信頼できる人を頼るのが、買い物の失敗を防ぎます。

騙されないで生きていくための方法(14)
  • 自分が弱っているときは、高額の買い物をしない。
  • 高額の買い物をする必要があるときは、信頼できる人を頼る。
相手の不審な笑みを見逃すな。
不審な笑みは、悪いことをたくらんでいる証拠。

もくじ
騙されないで生きていくための30の方法
自分が弱っているときは、高額の買い物をしない。 | 騙されないで生きていくための30の方法

  1. 騙されないための一番の基本。<br>「おいしい話はない」と心得る。
    騙されないための一番の基本。
    「おいしい話はない」と心得る。
  2. 騙されないためには「冷静」が不可欠。<br>感情的になっているときは、重要な決断をしない。
    騙されないためには「冷静」が不可欠。
    感情的になっているときは、重要な決断をしない。
  3. 「自分は大丈夫」と思う人は、被害者予備軍。
    「自分は大丈夫」と思う人は、被害者予備軍。
  4. 損をしたくない気持ちが強い人ほど、あっさり詐欺に引っかかる。
    損をしたくない気持ちが強い人ほど、あっさり詐欺に引っかかる。
  5. 見栄っ張りは、騙されやすい。
    見栄っ張りは、騙されやすい。
  6. 営業・セールス・勧誘は、まず疑いから入るのが得策。
    営業・セールス・勧誘は、まず疑いから入るのが得策。
  7. 「一発当ててやろう」と考えている人は、騙されやすくなる。
    「一発当ててやろう」と考えている人は、騙されやすくなる。
  8. 欲深い人は騙されやすい。<br>お金に対する執着心は、金銭トラブルのもとになる。
    欲深い人は騙されやすい。
    お金に対する執着心は、金銭トラブルのもとになる。
  9. 「自分だけ得をしたい」と考えていないか。<br>自己利益優先の人は、かえって騙されやすい。
    「自分だけ得をしたい」と考えていないか。
    自己利益優先の人は、かえって騙されやすい。
  10. 契約内容を確認しないのは、トラブルを招くもと。
    契約内容を確認しないのは、トラブルを招くもと。
  11. 「ここだけの話」をする人は信用できない。
    「ここだけの話」をする人は信用できない。
  12. 「稼ぎ方を教えます」の9割は、マルチ商法。
    「稼ぎ方を教えます」の9割は、マルチ商法。
  13. 「おいしい話があります」と言ってくる人は、だいたい詐欺師。
    「おいしい話があります」と言ってくる人は、だいたい詐欺師。
  14. 自分が弱っているときは、高額の買い物をしない。
    自分が弱っているときは、高額の買い物をしない。
  15. 相手の不審な笑みを見逃すな。<br>不審な笑みは、悪いことをたくらんでいる証拠。
    相手の不審な笑みを見逃すな。
    不審な笑みは、悪いことをたくらんでいる証拠。
  16. 旧友から久しぶりに連絡があって、お金が絡む話が出てきたときの対処。
    旧友から久しぶりに連絡があって、お金が絡む話が出てきたときの対処。
  17. 不安をあおって売り込んでくる手法は、詐欺師の定番パターン。
    不安をあおって売り込んでくる手法は、詐欺師の定番パターン。
  18. メリットだけ強調する商品には、何か裏がある。
    メリットだけ強調する商品には、何か裏がある。
  19. 偽物を見抜く目を養うには、普段から本物に触れておくことが役立つ。
    偽物を見抜く目を養うには、普段から本物に触れておくことが役立つ。
  20. 営業トークをうのみにしない。<br>小さなことでも自分で調べる癖をつけよう。
    営業トークをうのみにしない。
    小さなことでも自分で調べる癖をつけよう。
  21. セールスや勧誘の断り文句は「興味がありません」で十分。
    セールスや勧誘の断り文句は「興味がありません」で十分。
  22. 限定に釣られない強さを身につける。<br>大切なのは、欲しいかどうかより必要かどうか。
    限定に釣られない強さを身につける。
    大切なのは、欲しいかどうかより必要かどうか。
  23. 情報弱者は、詐欺師のカモになりやすい。
    情報弱者は、詐欺師のカモになりやすい。
  24. 世の中に完全な元本保証はない。
    世の中に完全な元本保証はない。
  25. 大きな買い物をするときは、人に相談する癖をつける。
    大きな買い物をするときは、人に相談する癖をつける。
  26. どれだけ人の意見を聞いてもいい。<br>ただし、最後は自分で決めること。
    どれだけ人の意見を聞いてもいい。
    ただし、最後は自分で決めること。
  27. 最新の詐欺情報には目を光らせておく。
    最新の詐欺情報には目を光らせておく。
  28. 「お安くなります」という勧誘は、裏があると思っていい。
    「お安くなります」という勧誘は、裏があると思っていい。
  29. 運を高めるお金の使い方も、立派な自己投資。<br>それを買って運がよくなるなら、迷わず買っていい。
    運を高めるお金の使い方も、立派な自己投資。
    それを買って運がよくなるなら、迷わず買っていい。
  30. 万一トラブルに遭ったら、こそこそ隠さず、きちんと公表しておくのが賢明。
    万一トラブルに遭ったら、こそこそ隠さず、きちんと公表しておくのが賢明。

同じカテゴリーの作品