防犯・防災

騙されないで生きていくための
30の方法

3
11

「ここだけの話」をする人は信用できない。

「ここだけの話」をする人は信用できない。 | 騙されないで生きていくための30の方法

「ここだけの話」が口癖の人

 

あなたの身近に「ここだけの話」が口癖の人はいませんか。

「ここだけの話ですが~」

相手があなたの耳元に口を近づけ、小声でささやいてくる。

「ここだけの話ですが、あの上司には愛人がいるんです」

「ここだけの話ですが、離婚しようか迷っています」

「ここだけの話ですが、彼は収賄で首になったのです」

映画やドラマでよくあるシーンですが、私たちの日常でもよくあります。

「ここだけの話」の後に続く内容は、秘密情報やデリケートな情報が一般的です。

「ここだけの話」というフレーズには「ほかでは言いません。あなたに特別秘密を話します」といった意味が含まれています。

自分が特別扱いされているようで嬉しく感じるでしょう。

秘密情報を知ることができ、得したような気分になるでしょう。

プライベートを打ち明けられたような嬉しさがあり、親しみを覚えるかもしれません。

わざわざ自分に秘密を話してくれたので、相手のことも信用してしまいそうです。

しかし、ここが要注意です。

 

「ここだけの話」をする人は危険人物

 

「ここだけの話」をする人は、必ずほかのところでも「ここだけの話」をしています。

あなたといるときだけではありません。

ほかの人といるときも「ここだけの話ですが~」と言いふらしています。

つまり「ここだけの話」になっていないのです。

「ここだけの話」をする人を注意深く見てください。

その人は至るところで「ここだけの話」を言いふらしているでしょう。

 

こういう人は危険人物です。

秘密を守ってくれそうですが、むしろ逆です。

人の秘密を漏らす存在です。

こういう人にうっかり自分の秘密を明かそうものなら、ネタにされます。

あなたの知らないところで「ここだけの話だけど、あの人は~」と広められるでしょう。

相手を信じて秘密で話したつもりが、瞬く間に広まってしまうのです。

こういう人に限って悪びれた様子をしません。

「ここだけの話」をする人に信用できる人はいません。

「ここだけの話」をする人は「私は秘密を漏らす危険人物です」と言っているようなものです。

普通に接するのはいいですが、自分の秘密を打ち明けるのはやめておくほうが無難です。

 

 

自分も「ここだけの話」をする人にならないこと

 

ここでもう1つ大切なことがあります。

あなたも「ここだけの話」をする人にならないことです。

「ここだけの話」というフレーズを使えば、簡単に相手の興味関心を引けるので使いたくなりますが、やめておくことです。

うっかり使ってしまおうものなら、あなたの信用と品格を落とすことになります。

心がけることは1つ。

「秘密は秘密にしておく」ということです。

わざわざ自分から言いふらしません。

あなたを信用して話してくれた秘密は、誰にも言わないようにします。

うっかり秘密を漏らしてしまうと、後からトラブルに発展する可能性もゼロではないのです。

騙されないで生きていくための方法(11)
  • 「ここだけの話」とフレーズを言う人を信用しない。
  • 自分も「ここだけの話」というフレーズを禁句にする。
「稼ぎ方を教えます」の9割は、マルチ商法。

もくじ
騙されないで生きていくための30の方法
「ここだけの話」をする人は信用できない。 | 騙されないで生きていくための30の方法

  1. 騙されないための一番の基本。<br>「おいしい話はない」と心得る。
    騙されないための一番の基本。
    「おいしい話はない」と心得る。
  2. 騙されないためには「冷静」が不可欠。<br>感情的になっているときは、重要な決断をしない。
    騙されないためには「冷静」が不可欠。
    感情的になっているときは、重要な決断をしない。
  3. 「自分は大丈夫」と思う人は、被害者予備軍。
    「自分は大丈夫」と思う人は、被害者予備軍。
  4. 損をしたくない気持ちが強い人ほど、あっさり詐欺に引っかかる。
    損をしたくない気持ちが強い人ほど、あっさり詐欺に引っかかる。
  5. 見栄っ張りは、騙されやすい。
    見栄っ張りは、騙されやすい。
  6. 営業・セールス・勧誘は、まず疑いから入るのが得策。
    営業・セールス・勧誘は、まず疑いから入るのが得策。
  7. 「一発当ててやろう」と考えている人は、騙されやすくなる。
    「一発当ててやろう」と考えている人は、騙されやすくなる。
  8. 欲深い人は騙されやすい。<br>お金に対する執着心は、金銭トラブルのもとになる。
    欲深い人は騙されやすい。
    お金に対する執着心は、金銭トラブルのもとになる。
  9. 「自分だけ得をしたい」と考えていないか。<br>自己利益優先の人は、かえって騙されやすい。
    「自分だけ得をしたい」と考えていないか。
    自己利益優先の人は、かえって騙されやすい。
  10. 契約内容を確認しないのは、トラブルを招くもと。
    契約内容を確認しないのは、トラブルを招くもと。
  11. 「ここだけの話」をする人は信用できない。
    「ここだけの話」をする人は信用できない。
  12. 「稼ぎ方を教えます」の9割は、マルチ商法。
    「稼ぎ方を教えます」の9割は、マルチ商法。
  13. 「おいしい話があります」と言ってくる人は、だいたい詐欺師。
    「おいしい話があります」と言ってくる人は、だいたい詐欺師。
  14. 自分が弱っているときは、高額の買い物をしない。
    自分が弱っているときは、高額の買い物をしない。
  15. 相手の不審な笑みを見逃すな。<br>不審な笑みは、悪いことをたくらんでいる証拠。
    相手の不審な笑みを見逃すな。
    不審な笑みは、悪いことをたくらんでいる証拠。
  16. 旧友から久しぶりに連絡があって、お金が絡む話が出てきたときの対処。
    旧友から久しぶりに連絡があって、お金が絡む話が出てきたときの対処。
  17. 不安をあおって売り込んでくる手法は、詐欺師の定番パターン。
    不安をあおって売り込んでくる手法は、詐欺師の定番パターン。
  18. メリットだけ強調する商品には、何か裏がある。
    メリットだけ強調する商品には、何か裏がある。
  19. 偽物を見抜く目を養うには、普段から本物に触れておくことが役立つ。
    偽物を見抜く目を養うには、普段から本物に触れておくことが役立つ。
  20. 営業トークをうのみにしない。<br>小さなことでも自分で調べる癖をつけよう。
    営業トークをうのみにしない。
    小さなことでも自分で調べる癖をつけよう。
  21. セールスや勧誘の断り文句は「興味がありません」で十分。
    セールスや勧誘の断り文句は「興味がありません」で十分。
  22. 限定に釣られない強さを身につける。<br>大切なのは、欲しいかどうかより必要かどうか。
    限定に釣られない強さを身につける。
    大切なのは、欲しいかどうかより必要かどうか。
  23. 情報弱者は、詐欺師のカモになりやすい。
    情報弱者は、詐欺師のカモになりやすい。
  24. 世の中に完全な元本保証はない。
    世の中に完全な元本保証はない。
  25. 大きな買い物をするときは、人に相談する癖をつける。
    大きな買い物をするときは、人に相談する癖をつける。
  26. どれだけ人の意見を聞いてもいい。<br>ただし、最後は自分で決めること。
    どれだけ人の意見を聞いてもいい。
    ただし、最後は自分で決めること。
  27. 最新の詐欺情報には目を光らせておく。
    最新の詐欺情報には目を光らせておく。
  28. 「お安くなります」という勧誘は、裏があると思っていい。
    「お安くなります」という勧誘は、裏があると思っていい。
  29. 運を高めるお金の使い方も、立派な自己投資。<br>それを買って運がよくなるなら、迷わず買っていい。
    運を高めるお金の使い方も、立派な自己投資。
    それを買って運がよくなるなら、迷わず買っていい。
  30. 万一トラブルに遭ったら、こそこそ隠さず、きちんと公表しておくのが賢明。
    万一トラブルに遭ったら、こそこそ隠さず、きちんと公表しておくのが賢明。

同じカテゴリーの作品