執筆者:水口貴博

仕事の神様に愛される
30の方法

28
4

スランプから抜け出すには、
とにかく諦めないこと。

スランプから抜け出すには、とにかく諦めないこと。 | 仕事の神様に愛される30の方法

どうすればスランプから抜け出せるのでしょうか。

スランプとは、心身の調子が一時的に出なくなる状態のことをいいます。

スランプになると、気力や体調が一時的に衰え気味になり、仕事の能率や成績が落ちたり停滞したりします。

前触れなく起こることが大半です。

成長が伸びていたにもかかわらず、あるときから急に調子が出なくなります。

自分の限界に達したかのように、ぴたりと伸びなくなる。

伸びなくなるだけならまだしも、落ちてしまうことも少なくありません。

スランプのときは、独特の焦りを感じます。

今までと同じことをしているにもかかわらず、停滞や低下に直面すると「なぜだ!?」と不安が襲われます。

「もう自分はここが限界ではないのか」

「もうこれ以上、成長できないのではないか」

原因不明の不調に陥ると、何をどうしていいかわかりません。

スランプから抜け出す人の話を聞くと、相反するものがあります。

「ひたすら練習を続けることで抜け出した」という人がいます。

スランプになって練習をやめるのではなく、普段どおりの練習を続けることで、あるときから再び成長するようになります。

一方「休憩や気分転換で抜け出した」という人もいます。

休憩や気分転換によって、気持ちが晴れて、再び本来の調子を取り戻せることがあります。

練習を続けるか、気分転換で休むか。

それぞれ真逆のアドバイスであり、困惑するところでしょう。

どちらがいいのでしょうか。

結局のところ、どちらも正解なのです。

「どちらの体験談もある」ということは「どちらも効果があり、どちらも正解」ということです。

両方の実績があるなら、両方が正解と思うことです。

大切なことは、諦めないことです。

一番よくないのは、スランプになって諦めてしまうことです。

自分から見切りをつけて諦めてしまえば、そこで終わりです。

「一時的なスランプ」から「永遠のスランプ」に変わります。

スランプになっても諦めず、自分に合った方法で前を向き続けることが大切です。

練習を続けるのもよし。

気分転換をするのもよし。

もしくは両方を試してみるのもいいでしょう。

自分が納得できる選択をすればいいのです。

「仕事の神様が与えた試練」と考えることです。

試されていると考えれば、諦めない力がみなぎり、踏ん張れます。

スランプになって伸びなくなっても、前を向き続けましょう。

たとえ落ちる状態であっても、諦めないで最善を尽くしましょう。

そうすれば、いずれスランプから抜け出せる日がやってきます。

仕事の神様に愛される方法(28)
  • スランプになっても、諦めず、自分に合った方法で前を向き続ける。
仕事がダメになるのが悪いのではない。
ふてくされて無気力になるのが悪いのだ。

仕事の神様に愛される30の方法
仕事の神様に愛される30の方法

  1. 誰よりも早く出社すると、仕事の神様と仲良くなれる。
    誰よりも早く出社すると、仕事の神様と仲良くなれる。
  2. いい仕事は、寝ることから始めよう。
    いい仕事は、寝ることから始めよう。
  3. 仕事のスピードを上げるのは大切。<br>仕事に取りかかるスピードを上げるのはもっと大切。
    仕事のスピードを上げるのは大切。
    仕事に取りかかるスピードを上げるのはもっと大切。
  4. 嫌いな人でも、きちんと挨拶をしよう。<br>生理的に受け付けない人でも、挨拶だけはしておく。
    嫌いな人でも、きちんと挨拶をしよう。
    生理的に受け付けない人でも、挨拶だけはしておく。
  5. 「つまらない仕事」と思うのではない。<br>「実は楽しい仕事」と思ってみよう。
    「つまらない仕事」と思うのではない。
    「実は楽しい仕事」と思ってみよう。
  6. 生半可な取り組み方は、誤解や勘違いを生む原因になる。<br>きちんと取り組んでこそ「本当の相性」がわかる。
    生半可な取り組み方は、誤解や勘違いを生む原因になる。
    きちんと取り組んでこそ「本当の相性」がわかる。
  7. 神様のお願いを叶える人が、神様から愛される。
    神様のお願いを叶える人が、神様から愛される。
  8. 紙にメリットを7つ書き出せば、嫌でもモチベーションが上がる。
    紙にメリットを7つ書き出せば、嫌でもモチベーションが上がる。
  9. 価値のない雑用は1つもない。
    価値のない雑用は1つもない。
  10. 本当に苦手なのか。<br>苦手と思い込んでいるだけではないのか。
    本当に苦手なのか。
    苦手と思い込んでいるだけではないのか。
  11. 手抜きには2種類ある。<br>「普通の手抜き」と「上手な手抜き」。
    手抜きには2種類ある。
    「普通の手抜き」と「上手な手抜き」。
  12. 仕事の順番は大切。<br>ただし、こだわりすぎないこと。
    仕事の順番は大切。
    ただし、こだわりすぎないこと。
  13. 上司から与えられた仕事だと思うから、やる気が出ない。<br>神様から任された仕事だと思えば、やる気が出る。
    上司から与えられた仕事だと思うから、やる気が出ない。
    神様から任された仕事だと思えば、やる気が出る。
  14. 長文メールは、嫌われる。<br>喜ばれるのは、3行メール。
    長文メールは、嫌われる。
    喜ばれるのは、3行メール。
  15. ぎちぎちのスケジュールに快感を覚えるのではない。<br>余裕のあるスケジュールに快感を覚えるのだ。
    ぎちぎちのスケジュールに快感を覚えるのではない。
    余裕のあるスケジュールに快感を覚えるのだ。
  16. 言葉や数字で説明できなければ、マイペースを把握しているとは言えない。
    言葉や数字で説明できなければ、マイペースを把握しているとは言えない。
  17. 好きなことでも、たまには休憩が必要。<br>いくら好きなことでも、毎日は飽きる。
    好きなことでも、たまには休憩が必要。
    いくら好きなことでも、毎日は飽きる。
  18. プロや一流を押し付けがましく語っていませんか。
    プロや一流を押し付けがましく語っていませんか。
  19. 偉大な仕事を成し遂げるプロセス。
    偉大な仕事を成し遂げるプロセス。
  20. 「どこまで仕事は進んでますか?」と聞かれたら、イエローカード。
    「どこまで仕事は進んでますか?」と聞かれたら、イエローカード。
  21. 掃除をすると、仕事運が上がる。<br>トイレ掃除をすると、もっと仕事運が上がる。
    掃除をすると、仕事運が上がる。
    トイレ掃除をすると、もっと仕事運が上がる。
  22. 教えたがり屋に、一流はいない。
    教えたがり屋に、一流はいない。
  23. 便利な通信手段に頼りすぎて「対面の重要性」を忘れていないか。
    便利な通信手段に頼りすぎて「対面の重要性」を忘れていないか。
  24. 仕事をするときは、しっかり仕事をしよう。<br>遊ぶときは、しっかり遊ぼう。<br>休むときには、しっかり休もう。
    仕事をするときは、しっかり仕事をしよう。
    遊ぶときは、しっかり遊ぼう。
    休むときには、しっかり休もう。
  25. 「もっと頑張っている人がいる」というフレーズに潜むリスクとは。
    「もっと頑張っている人がいる」というフレーズに潜むリスクとは。
  26. あなたに足りないのは「使命感」。
    あなたに足りないのは「使命感」。
  27. 二流の人は、年上からしか学べない。<br>一流の人は、年下からも学べる。
    二流の人は、年上からしか学べない。
    一流の人は、年下からも学べる。
  28. スランプから抜け出すには、とにかく諦めないこと。
    スランプから抜け出すには、とにかく諦めないこと。
  29. 仕事がダメになるのが悪いのではない。<br>ふてくされて無気力になるのが悪いのだ。
    仕事がダメになるのが悪いのではない。
    ふてくされて無気力になるのが悪いのだ。
  30. 「生涯現役」を目指している人に、弱々しい人はいない。
    「生涯現役」を目指している人に、弱々しい人はいない。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION