執筆者:水口貴博

仕事の神様に愛される
30の方法

6
2

生半可な取り組み方は、
誤解や勘違いを生む原因になる。
きちんと取り組んでこそ
「本当の相性」がわかる。

生半可な取り組み方は、誤解や勘違いを生む原因になる。きちんと取り組んでこそ「本当の相性」がわかる。 | 仕事の神様に愛される30の方法

「自分に合わない」

そう思うことがあったとき、振り返ってほしいことがあります。

「生半可な取り組み方をしていないか」ということです。

油断や手抜きをしていないでしょうか。

だらだら不真面目になっていないでしょうか。

もちろん初心者や未経験者なら、スムーズにできなくて当然でしょう。

まだ慣れていないのですから、ミスや間違いをすることも多くなるでしょう。

しかし、だらだら不真面目に取り組んだ結果「自分に合わない」と思ったなら、注意が必要です。

「自分に合わない」と思っていても、実は誤解や勘違いという可能性があるからです。

生半可にやっているせいで、違和感・嫌悪感が生じて「自分に合わない」と感じているだけかもしれません。

だらだら不真面目にやっていれば、面白いこともつまらなく感じて当然のこと。

生半可な取り組み方のせいで、本当は自分に合っていることを「合っていない」と誤解するのは大きな損失です。

自分から可能性の芽をつぶしていることになります。

相性の勘違いを招くことになるため、自分の未来や人生に悪影響を及ぼします。

自分の適性や才能を見つけにくくなり、苦労することになるでしょう。

生半可な取り組み方は、誤解や勘違いを生む原因になるのです。

では、どうするか。

一度きちんと取り組んでみましょう。

油断も手抜きもしません。

だらだら不真面目に取り組むのではなく、本気で真面目に取り組んでみます。

スムーズにうまくできなくてもいいので、全力で取り組みましょう。

初心者であろうと未経験者であろうと、きちんと取り組むことは大切です。

「おや。さっきと感じ方が違う。意外と楽しい、面白い!」

きちんと取り組むと、感じ方が変わり、意外と自分に合っていることを発見するかもしれません。

最初はつまらなく感じても、本気で取り組んでみると、面白く感じることはよくあること。

少しかじっただけで結論を出すのは早すぎます。

時間や予算の都合で一部しか触れることができないなら、その一部は、本気で真面目に取り組んでみることです。

触れる範囲が一部だけであっても、きちんと取り組めば手応えがつかめ、範囲に及んだときの手応えも想像しやすくなります。

きちんと取り組んでこそ「本当の相性」がわかるのです。

仕事の神様に愛される方法(6)
  • 「自分に合わない」と思ったことでも、一度きちんと取り組んでみて「本当の相性」を確認してみる。
神様のお願いを叶える人が、神様から愛される。

仕事の神様に愛される30の方法
仕事の神様に愛される30の方法

  1. 誰よりも早く出社すると、仕事の神様と仲良くなれる。
    誰よりも早く出社すると、仕事の神様と仲良くなれる。
  2. いい仕事は、寝ることから始めよう。
    いい仕事は、寝ることから始めよう。
  3. 仕事のスピードを上げるのは大切。<br>仕事に取りかかるスピードを上げるのはもっと大切。
    仕事のスピードを上げるのは大切。
    仕事に取りかかるスピードを上げるのはもっと大切。
  4. 嫌いな人でも、きちんと挨拶をしよう。<br>生理的に受け付けない人でも、挨拶だけはしておく。
    嫌いな人でも、きちんと挨拶をしよう。
    生理的に受け付けない人でも、挨拶だけはしておく。
  5. 「つまらない仕事」と思うのではない。<br>「実は楽しい仕事」と思ってみよう。
    「つまらない仕事」と思うのではない。
    「実は楽しい仕事」と思ってみよう。
  6. 生半可な取り組み方は、誤解や勘違いを生む原因になる。<br>きちんと取り組んでこそ「本当の相性」がわかる。
    生半可な取り組み方は、誤解や勘違いを生む原因になる。
    きちんと取り組んでこそ「本当の相性」がわかる。
  7. 神様のお願いを叶える人が、神様から愛される。
    神様のお願いを叶える人が、神様から愛される。
  8. 紙にメリットを7つ書き出せば、嫌でもモチベーションが上がる。
    紙にメリットを7つ書き出せば、嫌でもモチベーションが上がる。
  9. 価値のない雑用は1つもない。
    価値のない雑用は1つもない。
  10. 本当に苦手なのか。<br>苦手と思い込んでいるだけではないのか。
    本当に苦手なのか。
    苦手と思い込んでいるだけではないのか。
  11. 手抜きには2種類ある。<br>「普通の手抜き」と「上手な手抜き」。
    手抜きには2種類ある。
    「普通の手抜き」と「上手な手抜き」。
  12. 仕事の順番は大切。<br>ただし、こだわりすぎないこと。
    仕事の順番は大切。
    ただし、こだわりすぎないこと。
  13. 上司から与えられた仕事だと思うから、やる気が出ない。<br>神様から任された仕事だと思えば、やる気が出る。
    上司から与えられた仕事だと思うから、やる気が出ない。
    神様から任された仕事だと思えば、やる気が出る。
  14. 長文メールは、嫌われる。<br>喜ばれるのは、3行メール。
    長文メールは、嫌われる。
    喜ばれるのは、3行メール。
  15. ぎちぎちのスケジュールに快感を覚えるのではない。<br>余裕のあるスケジュールに快感を覚えるのだ。
    ぎちぎちのスケジュールに快感を覚えるのではない。
    余裕のあるスケジュールに快感を覚えるのだ。
  16. 言葉や数字で説明できなければ、マイペースを把握しているとは言えない。
    言葉や数字で説明できなければ、マイペースを把握しているとは言えない。
  17. 好きなことでも、たまには休憩が必要。<br>いくら好きなことでも、毎日は飽きる。
    好きなことでも、たまには休憩が必要。
    いくら好きなことでも、毎日は飽きる。
  18. プロや一流を押し付けがましく語っていませんか。
    プロや一流を押し付けがましく語っていませんか。
  19. 偉大な仕事を成し遂げるプロセス。
    偉大な仕事を成し遂げるプロセス。
  20. 「どこまで仕事は進んでますか?」と聞かれたら、イエローカード。
    「どこまで仕事は進んでますか?」と聞かれたら、イエローカード。
  21. 掃除をすると、仕事運が上がる。<br>トイレ掃除をすると、もっと仕事運が上がる。
    掃除をすると、仕事運が上がる。
    トイレ掃除をすると、もっと仕事運が上がる。
  22. 教えたがり屋に、一流はいない。
    教えたがり屋に、一流はいない。
  23. 便利な通信手段に頼りすぎて「対面の重要性」を忘れていないか。
    便利な通信手段に頼りすぎて「対面の重要性」を忘れていないか。
  24. 仕事をするときは、しっかり仕事をしよう。<br>遊ぶときは、しっかり遊ぼう。<br>休むときには、しっかり休もう。
    仕事をするときは、しっかり仕事をしよう。
    遊ぶときは、しっかり遊ぼう。
    休むときには、しっかり休もう。
  25. 「もっと頑張っている人がいる」というフレーズに潜むリスクとは。
    「もっと頑張っている人がいる」というフレーズに潜むリスクとは。
  26. あなたに足りないのは「使命感」。
    あなたに足りないのは「使命感」。
  27. 二流の人は、年上からしか学べない。<br>一流の人は、年下からも学べる。
    二流の人は、年上からしか学べない。
    一流の人は、年下からも学べる。
  28. スランプから抜け出すには、とにかく諦めないこと。
    スランプから抜け出すには、とにかく諦めないこと。
  29. 仕事がダメになるのが悪いのではない。<br>ふてくされて無気力になるのが悪いのだ。
    仕事がダメになるのが悪いのではない。
    ふてくされて無気力になるのが悪いのだ。
  30. 「生涯現役」を目指している人に、弱々しい人はいない。
    「生涯現役」を目指している人に、弱々しい人はいない。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION