プラス思考

プラス思考になる
30の方法

読んだ お気に入り17
20

お金がかかると考えると元気が減る。
投資と考えると、
元気が出る。

お金がかかると考えると元気が減る。投資と考えると、元気が出る。 | プラス思考になる30の方法

今、世の中のほとんどの物に対して、値段が付けられています。

服を買うにもお金がかかり、食べ物にもお金がかかります。

車にも、住む部屋にも「家賃」という金額が付けられています。

今や水にも値段が付いている時代です。

世の中のほぼすべての物に対して値段が付けられているため、買い物をするときには「お金がいくらかかるのか」と考えます。

 

しかし、そう考えるほど、ブルーになります。

お財布からお金が減っていくのを見ると、命を削られているかのような気がして、元気もなくなってしまうのです。

特に大きな買い物をしたときは、一度に大金が飛んでいきます。

買い物をした後、ため息が出てしまいます。

別に運動をしているわけでもないのに、偉いことをしてしまったと、後ろめたい気持ちになるのです。

これらはすべて、物を買うときに「お金がかかる」と考えているから、元気がなくなるのです。

すべて自分への投資と考えを変えることで、お金が生きて使われていることに気づきます。

服を買うときも「これで自分の魅力がアップできる」というように自己投資と考えましょう。

食べ物1つにしても「これを食べるから元気が出る。自分への投資だ」と考えることです。

値段が少し高い家賃にしても「快適さが手に入り、精神的に余裕が得られる」と、自分への投資がされていると考えるのです。

発想の転換です。

すべての物に値段がついているということは、すべての物は、考え方しだいでは自分への投資と考えることができます。

私はいつも本を買うときには、すべてが自分への投資だと考えています。

お金を払うことで、著者の知識や知恵などの話を聞くことができ、自分力がアップできる自己投資だと思っているのです。

もちろん中には値段の高い本もあります。

ですが、それだけ希少価値があり、高い技術力が身につけられると考えれば、自己投資だと分かり、元気が出てきます。

あなたがいつも使っているお金は、すべて自分への投資だと考えましょう。

「自己投資だ」と考えると、自分が向上していくことが分かり、元気が出てきます。

まとめ

プラス思考になる方法 その20
  • 物を買うときは、自己投資だと考える。
「元気になる」とは「元」の「気」に戻すこと。

もくじ
プラス思考になる30の方法
お金がかかると考えると元気が減る。投資と考えると、元気が出る。 | プラス思考になる30の方法

  1. 楽しいことをしなくても、楽しいことを考えているだけで、次第に明るい気分になる。
  2. いつも元気な人と一緒にいよう。
  3. 人の集まっているところには、元気も集まっている。
  4. 非日常的なことが起こると、テンションが上がる。
  5. 「やることリスト」でテンションを上げよう。
    精神的に身軽になると、元気になる。
  6. 簡単なことから始めると、調子がよくなる。
  7. 人間は「人(ひと)」の「間(あいだ)」にいないと、元気になれない。
  8. 人生はすべて、本番ばかりで成り立っている。
  9. 短い言葉のほうが、心によく突き刺さる。
  10. 「多すぎる」や「長すぎる」には要注意。
  11. インプットをしすぎていませんか。
  12. 「スピード」を意識すると、気分が上がる。
  13. 隠し事は、できるだけ少なくする。
  14. 元気がなくても、体を動かしていると元気になってくる。
  15. どきどきすることに飛び込めば、テンションが上がる。
  16. ときどき苦しい経験しておくほうが、人生は健全。
  17. 1人で行動すると、テンションが上がる。
  18. 得意なことより、好きなこと。
  19. 我慢しない道を選ぼう。
  20. お金がかかると考えると元気が減る。
    投資と考えると、元気が出る。
  21. 「元気になる」とは「元」の「気」に戻すこと。
  22. 我慢をしていると、さらに嫌いになってしまう。
  23. 「面倒」と思い始めることが、心の老化の始まり。
  24. 不安定が、一番安定している状態。
  25. 明るい服を着ると、気分も明るくなる。
  26. 恥をかく経験がその人を強くさせ、人生を変えてしまう転機になる。
  27. 自分の表情によって、周りの状況が変わっていく。
  28. 損得より、楽しいかどうか。
  29. 「やらなくてもいいこと」がはっきりすると、元気が出てくる。
  30. 自分の元気+友達の元気=お互いの幸せ。

同じカテゴリーの作品