執筆者:水口貴博

生活の質を向上させる
30のマナー

12
3

料理をお金で味わっていないか。
きちんと自分の舌で味わおう。

料理をお金で味わっていないか。きちんと自分の舌で味わおう。 | 生活の質を向上させる30のマナー

一般的に値段の高い食べ物は、おいしく感じる傾向があります。

たとえば、高級料理です。

調理に手が込んでいたり品質の高い食材が使われていたりするため、おいしく感じることが多いでしょう。

高級レストランで高級料理をいただくと、至福の時間を過ごせるでしょう。

高級料理は芸術性も高い。

見栄えがいいため、見ているだけで楽しめます。

目の保養にもなります。

もちろん高価なものをおいしく感じるのはいいですが、高価なものしかおいしく感じられなくなるのはよくありません。

それは「おいしさ=値段」になっています。

純粋に自分の舌で味わっていません。

お金に惑わされておいしいと感じています。

私たちは資本主義の中で生きています。

大人になるにつれて、お金に価値を置くようになります。

お金が信仰の対象になり、私たちは拝金教の信者になっています。

お金に価値を置いていると、いつの間にか食事のおいしさも、お金で判断していることが少なくありません。

「高いものはおいしいに違いない」

「安いものはおいしくないに違いない」

いつの間にかお金を基準とした価値判断に振り回されているのです。

それは、かえって人生の楽しみを半減させてしまうことになります。

「お金」ではなく「舌」で味わう。

大切なのは、安いものでも、おいしく味わえるようになることです。

安いものでも、おいしいものはたくさんあります。

ラーメン、牛丼、そうめん、そば、おにぎり、卵かけご飯。

ワンコインで買える食事でも、感動するほどおいしいものがあります。

おいしさを値段で決めつけないことです。

「お金」ではなく「舌」で味わってください。

高級料理に感動するのもいいですが、普通の料理にも感動できるようになることです。

高級レストランもいいですが、普通のファミリーレストランも楽しめるようになることです。

シンプルなおにぎりも十分おいしい。

お金のことを忘れれば、舌の本来の感覚を取り戻せます。

おいしさを味わう幅が広がれば、人生を味わう幅も広がります。

自分が「おいしい」と感じたら、それが正解です。

食べ物のおいしさは、お金に惑わされることではないのです。

生活の質を向上させるマナー(12)
  • 食べ物は「お金」ではなく「舌」で味わう。
「形だけの拍手」では意味がない。
「リスペクトを込めた拍手」をしよう。

生活の質を向上させる30のマナー
生活の質を向上させる30のマナー

  1. 始業時間を厳守するように、就寝時間も厳守しよう。
    始業時間を厳守するように、就寝時間も厳守しよう。
  2. 自分一人でも「いってきます」「ただいま」は、きちんと言う言葉。
    自分一人でも「いってきます」「ただいま」は、きちんと言う言葉。
  3. お金の無駄遣いより時間の無駄遣いのほうがもったいない。
    お金の無駄遣いより時間の無駄遣いのほうがもったいない。
  4. 面識ができれば、勇気を出して、挨拶をしてみる。
    面識ができれば、勇気を出して、挨拶をしてみる。
  5. 親友には本音で話すのがマナー。<br>本音を話して離れたなら、そもそも親友ではなかったということ。
    親友には本音で話すのがマナー。
    本音を話して離れたなら、そもそも親友ではなかったということ。
  6. 人の品性が表れるのは、何かを終えたとき。
    人の品性が表れるのは、何かを終えたとき。
  7. 今持っているハンカチとティッシュは、人にすぐ差し出せますか。
    今持っているハンカチとティッシュは、人にすぐ差し出せますか。
  8. ハンカチの質を上げるだけで、生活全体の質が向上する。
    ハンカチの質を上げるだけで、生活全体の質が向上する。
  9. 初対面は、自己紹介のベストタイミング。
    初対面は、自己紹介のベストタイミング。
  10. 品性が表れるのは、ドアを開けるときより閉めるとき。
    品性が表れるのは、ドアを開けるときより閉めるとき。
  11. 最初の一口目は、もっともっと大事にしたほうがいい。
    最初の一口目は、もっともっと大事にしたほうがいい。
  12. 料理をお金で味わっていないか。<br>きちんと自分の舌で味わおう。
    料理をお金で味わっていないか。
    きちんと自分の舌で味わおう。
  13. 「形だけの拍手」では意味がない。<br>「リスペクトを込めた拍手」をしよう。
    「形だけの拍手」では意味がない。
    「リスペクトを込めた拍手」をしよう。
  14. 探し物の時間が目立ったら、身の回りの整理整頓がイエローカードと考える。
    探し物の時間が目立ったら、身の回りの整理整頓がイエローカードと考える。
  15. ボタンがなかなか留められないのは、実は危険な未来の前兆。
    ボタンがなかなか留められないのは、実は危険な未来の前兆。
  16. 部屋のカーテンを最後に洗濯したのは、いつですか。
    部屋のカーテンを最後に洗濯したのは、いつですか。
  17. 部屋の中で、最も掃除を忘れがちな場所とは。
    部屋の中で、最も掃除を忘れがちな場所とは。
  18. 利用していない定額制サービスはありませんか。
    利用していない定額制サービスはありませんか。
  19. 使い終わった傘には、あなたの内面と未来が表れている。
    使い終わった傘には、あなたの内面と未来が表れている。
  20. 買ってすぐ不要になったビニール傘は、捨てるのではなく、プレゼントする。
    買ってすぐ不要になったビニール傘は、捨てるのではなく、プレゼントする。
  21. 美術館で、いきなりタイトルや解説から読み始めていないか。
    美術館で、いきなりタイトルや解説から読み始めていないか。
  22. 使い終わった物を捨てるときにも、ねぎらいの言葉はあっていい。
    使い終わった物を捨てるときにも、ねぎらいの言葉はあっていい。
  23. 自然に出るあくびは、体からの大切なメッセージ。
    自然に出るあくびは、体からの大切なメッセージ。
  24. タクシーの指示を出すタイミングに、あなたの優しさが表れる。
    タクシーの指示を出すタイミングに、あなたの優しさが表れる。
  25. ぎりぎり電車に乗れても、ドア付近で立ち止まらない。
    ぎりぎり電車に乗れても、ドア付近で立ち止まらない。
  26. 宅配の人に、どんな対応をしていますか。
    宅配の人に、どんな対応をしていますか。
  27. 探し物がすぐ見つからないのは、整理整頓がおろそかになっている証拠。
    探し物がすぐ見つからないのは、整理整頓がおろそかになっている証拠。
  28. バナナの皮を踏んで転ぶのは、実は運のいい出来事。
    バナナの皮を踏んで転ぶのは、実は運のいい出来事。
  29. アンケートを書くのも、舞台観劇の一部。
    アンケートを書くのも、舞台観劇の一部。
  30. 親におごってもらったときも「ごちそうさま」。
    親におごってもらったときも「ごちそうさま」。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION