まとめ
(発想力を鍛える30の方法)
発想力を鍛える30の方法

  • クリエイティブな仕事に就いていなくても、発想力は必要と考える。
  • 発想力とは「アイデアを生み出す力」と理解する。
  • 大人になって今こそ、発想力を鍛える適齢期と考える。
  • なかなかアイデアが出なくても、とにかく諦めない。
  • 発想力を鍛えるときは、力を抜いて、遊び心を爆発させる。
  • さまざまな知識や経験を増やしていく。 知識や経験を増やすとき、できるだけ偏らないように注意する。
  • 広告のキャッチコピーを、もっと面白く、自分なりにアレンジしてみる。
  • 通勤経路を変えて、いつもと違った新鮮な刺激を受ける。
  • 漫画や小説で、別シナリオや後日談を考えてみる。
  • アイデア発想に、時間の有無を言い訳にしない。
  • 仕事上の課題を、発想力を鍛える題材にする。
  • アイデアを出すときは、普通に考えるのではなく、徹底的に考え抜く。
  • 集中して考えるだけでなく、時にはリラックスして考える。
  • 身の回りの持ち物に、ニックネームをつける。
  • あえて興味関心のないことに取り組んでみる。
  • アイデア発想に制限時間を設けて、気持ちを引き締める。
  • アイデアを考えるときは、にこにこ明るい表情を心がける。
  • 連想ゲームで発想力を鍛える。
  • 「なぜ」という問いかけを繰り返し、本質を追究していく。
  • 創作活動をする。
  • 類義語辞典を使って、発想の手がかりにする。
  • 複数のプロジェクトに平行して携わる。
  • 短所や欠点ではなく、長所や美点に注目する。
  • 想像力と発想力の違いを理解する。
  • 自分のアイデアが、社会貢献につながっているところをイメージする。
  • アイデア発想が脱線し始めたら、軌道修正せず、そのまま楽しんでいく。
  • 粘り強い人になる。
  • コーヒーとお酒をアイデア発想に利用する。
  • 発想力に自信があれば、得意なこととして挙げてみる。
  • 発想力を鍛える方法は、知っただけで満足するのではなく、実際に継続して取り組む。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION