自分磨き

優しい人になる
30の方法

6
19

むっとした場面こそ、
にこにこしよう。
余裕を見せるチャンス。

むっとした場面こそ、にこにこしよう。余裕を見せるチャンス。 | 優しい人になる30の方法

ときどき人から不快なことを言われることがあります。

短所をばかにされたり、コンプレックスを笑われたりです。

不快なことを言われなければ理想的ですが、やはり現実の人間関係では少なからず存在します。

相手も悪意があるとは限りません。

悪意はなくても、うっかり口が滑ることはあります。

不快なことを言われたら、表情が曇って、反抗的な態度を取ることが多いのではないでしょうか。

もちろん嫌なことを言われたら、むっとするのは当然のリアクションですが、注意も必要です。

むっとしてしまうと、不穏な空気が流れます。

相手は「しまった。余計なことを言ってしまった」と焦ってどぎまぎするでしょう。

雰囲気が悪くなり、会話が途切れやすくなる。

時には、幻滅される可能性もゼロではありません。

人によっては「このくらいで不機嫌になるなんて器が小さい」と思うこともあるかもしれません。

優しい人になりたいなら、ここが正念場です。

むっとした場面こそ、にこにこしましょう。

心の中はいらいらしてもいいので、表情だけは明るい笑顔を貫き通します。

むっとした場面でにこにこするのは、なかなか普通の人にはできません。

むっとする場面でにこにこすれば、余裕を見せることができます。

相手は「こんなときでも笑顔になれるなんてすごい」と驚くでしょう。

むっとする場面でにこにこすれば、ギャップが大きいので、優しさを印象づけられます。

不思議なことに、にこにこしていると、むかむかした気持ちも早く収まります。

明るい表情を心がけていると、表情筋から脳にポジティブな刺激が伝わります。

脳は「快の状態」と判断して、明るい気持ちを促すスイッチを入れるのです。

むっとした場面でにこにこできる力は、プライベートだけでなく、ビジネスでも活用できます。

特に交渉や説得の場面では、大いに力を発揮できるでしょう。

たとえ無理やりであってもかまいません。

引きつった笑顔でもいいので、とにかくにこにこすること。

腹が立って怒鳴りたくなったときこそ、余裕を見せるチャンスと思って、にこにこしましょう。

普段から、意識をして心がけてみてください。

むっとした場面でにこにこすることは、感情のコントロールを鍛えることにつながります。

脳の働きは、適度な負荷を与えることで強くなります。

自己管理能力を高める意味でも、挑戦の価値があるはずです。

最初はなかなかうまくいかないかもしれませんが、諦めず取り組みを続けていれば、いずれできるようになります。

優しい人になる方法(19)
  • むっとした場面こそ、にこにこして、余裕を見せる。
相手の話を否定すれば、話が途切れ、縁も途切れる。
相手の話を受け入れれば、話が続き、縁も続く。

もくじ
優しい人になる30の方法
むっとした場面こそ、にこにこしよう。余裕を見せるチャンス。 | 優しい人になる30の方法

  1. すでにあなたは、優しい心を持っている。<br>表現方法が少し不器用なだけ。
    すでにあなたは、優しい心を持っている。
    表現方法が少し不器用なだけ。
  2. 優しさとは何か。
    優しさとは何か。
  3. 快にさせる言動を心がけるより、不快にさせる言動を避ける。
    快にさせる言動を心がけるより、不快にさせる言動を避ける。
  4. 悪口を言う人に、優しい人はいない。
    悪口を言う人に、優しい人はいない。
  5. 人助けは、相手のためだけでなく、自分のためにもなる。
    人助けは、相手のためだけでなく、自分のためにもなる。
  6. ギブ&ギブの精神で、見返りのない親切を心がける。
    ギブ&ギブの精神で、見返りのない親切を心がける。
  7. 優しい人になっても、甘やかす人になってはいけない。
    優しい人になっても、甘やかす人になってはいけない。
  8. 優しさの過度のアピールは、かえって相手に嫌われる。
    優しさの過度のアピールは、かえって相手に嫌われる。
  9. 「してあげる」という表現は、優しさの押し付けになる。
    「してあげる」という表現は、優しさの押し付けになる。
  10. 丁寧で礼儀正しい言動を心がけよう。
    丁寧で礼儀正しい言動を心がけよう。
  11. 優しい人になるなら、外見は関係ない。
    優しい人になるなら、外見は関係ない。
  12. 本当に優しい人は、身の回りの物を大切にする。
    本当に優しい人は、身の回りの物を大切にする。
  13. 優しい人は、常に平常心を保っている。
    優しい人は、常に平常心を保っている。
  14. 優しい人は、3つの配慮がある。<br>目配り・気配り・心配り。
    優しい人は、3つの配慮がある。
    目配り・気配り・心配り。
  15. 優しい人は、できるだけ相手の都合に合わせる。
    優しい人は、できるだけ相手の都合に合わせる。
  16. 優しい人は、自分にも優しい。
    優しい人は、自分にも優しい。
  17. 気持ちに余裕を作るには、3つの要素が必要。<br>時間・健康・お金。
    気持ちに余裕を作るには、3つの要素が必要。
    時間・健康・お金。
  18. 優しい人は、笑顔を絶やさない。
    優しい人は、笑顔を絶やさない。
  19. むっとした場面こそ、にこにこしよう。<br>余裕を見せるチャンス。
    むっとした場面こそ、にこにこしよう。
    余裕を見せるチャンス。
  20. 相手の話を否定すれば、話が途切れ、縁も途切れる。<br>相手の話を受け入れれば、話が続き、縁も続く。
    相手の話を否定すれば、話が途切れ、縁も途切れる。
    相手の話を受け入れれば、話が続き、縁も続く。
  21. さまざまな価値観を受け入れられる人は、心の優しい人。
    さまざまな価値観を受け入れられる人は、心の優しい人。
  22. 相手を不快にさせるかもしれないことは、言いたくても我慢する。
    相手を不快にさせるかもしれないことは、言いたくても我慢する。
  23. 優しい人は、丁寧な前置きをしてから、苦情を言う。
    優しい人は、丁寧な前置きをしてから、苦情を言う。
  24. えこひいきをする人は、本当に優しいとは言えない。
    えこひいきをする人は、本当に優しいとは言えない。
  25. 小さなことに幸せを感じる習慣があれば、いつも優しい気持ちでいられる。
    小さなことに幸せを感じる習慣があれば、いつも優しい気持ちでいられる。
  26. つまらない冗談に笑えるのも、優しさの1つ。
    つまらない冗談に笑えるのも、優しさの1つ。
  27. 時に厳しい意見を言える人こそ、本当に優しい人。
    時に厳しい意見を言える人こそ、本当に優しい人。
  28. 優しい人には、許す習慣がある。
    優しい人には、許す習慣がある。
  29. 「人間は不完全な生き物」と意識するだけで、心の許容範囲が広がる。
    「人間は不完全な生き物」と意識するだけで、心の許容範囲が広がる。
  30. 人生の経験値を上げることは、優しくなることでもある。
    人生の経験値を上げることは、優しくなることでもある。

同じカテゴリーの作品