人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
金銭感覚
1万円多く稼ぐことより、1万円節約するほうが簡単に感じられる。
金銭感覚
見栄のためにお金を使うと、失敗する。
金銭感覚
ギャンブルは、負けるようにできている。
金銭感覚
お金は、心の余裕。

学校ではえてくれない
30のお

お気に入り12 読んだ
9

節約をして、
性格くなってはもない

節約をして、性格が悪くなっては元も子もない。 | 学校では教えてくれない30のお金の考え方

金を無駄に使わないために節約はとてもよいことです。

必要以上にお金を使わない姿勢は、あなたが死ぬまで持ち続けていい貴重な「金銭感覚」です。

必要なところにのみお金を使い、関係のないところにはお金を使わないということは、基本中の基本です。

ですが、そんな節約は、方法しだいではあなたの性格を変えてしまうので注意しましょう。

無理をした節約は、その人の性格を悪い方向へと変えます。

ダイエットと同じように無理をしてしまうと、表情が暗くなり、食べることを悪いことだと思い始めたりします。

「痩せて、みんなに好かれたい」と始めたダイエットでも、本人の性格が悪くなるのでは逆効果です。

節約も適度な節約はいいのですが、あまりに常軌を逸した無理な節約は本人の性格を悪くさせてしまいます。

食事に行っても、コーヒーしか飲まない。

友達との付き合いも、節約のため控える。

携帯料金もかかるから、友達とも連絡を取らない。

電気代がかかるから、テレビをつけず、部屋も暗くする。

暗くなった部屋だけでなく、本人まで暗くなってしまう。

お金を使いたくないから、何もしない、何も起きない、何もない。

こうした生活では友達がいなくなり、幸せのための節約が、不幸のための節約になります。

ダイエットも節約も、適度が大切です。

自分の性格が悪くなったり暗くなったりすれば、赤信号です。

節約の仕方が間違っていたり、やりすぎていたりしている証拠です。

学校では教えてくれないお金の考え方 その9

  • 性格くなるほどの節約は、
    やめる
お金がまとまって入ってきたときほど、時間を置いて頭を冷やす。

もくじ
(学校では教えてくれない30のお金の考え方)

同じカテゴリーの作品