同棲

同棲を始める前に知っておきたい
30のこと

読んだ お気に入り0
20

元交際相手の写真は、
同棲環境に持ち込まないのがマナー。

元交際相手の写真は、同棲環境に持ち込まないのがマナー。 | 同棲を始める前に知っておきたい30のこと

同棲で住む場所を考えるとき、いつくかパターンがあります。

新しい部屋に2人が引っ越すパターンが一般的ですが、ほかにもパターンがあります。

恋人の部屋に移り住むパターンもあれば、恋人が自分の部屋に移り住むパターンもあります。

2人にとって都合がよいなら自由ですが、どのパターンでも注意したいことがあります。

元交際相手の写真は、同棲環境に持ち込まないのがマナーです。

うっかり見つかると、2人の関係にひびを入れてしまう可能性があるからです。

もちろん元交際相手の写真を処分しなければいけないわけではありません。

どうしても写真を捨てられず、残したいこともあるでしょう。

「大切な思い出」「心の支え」「生きた証し」など、さまざまな受け止め方があるはずです。

 

ただし、写真を残すなら、パートナーへの配慮をしてください。

元交際相手の写真が恋人に見つかると、トラブルに発展することがあります。

すでに別れている人とはいえ、やはり同じ部屋にあるのは好ましくありません。

たとえ恋人が、元交際相手のことを知っていたとしても、写真が残っていると複雑な気持ちにさせます。

不安にさせたり悲しませたりするでしょう。

写真を残していると、未練が残っているような誤解を与える可能性があります。

余計なトラブルを作らないためにも、見つからない場所に移動させておくのが得策です。

アナログの写真なら、実家で保管するのが得策です。

デジタルの写真なら、見られないようにパスワードや暗号化などの処理を施すといいでしょう。

小さな気遣いですが、未然にトラブルを防ぐためにも配慮しておきましょう。

トラブルの芽は、早めに摘み取っておくこと。

小さなことかもしれませんが、こうした配慮が同棲の成否につながります。

まとめ

同棲を始める前に知っておきたいこと その20
  • 元交際相手の写真は、同棲環境に持ち込まないようにする。
「同棲はしたほうがいい」と考える人は多いが、実際に同棲する人は少ない。

もくじ
同棲を始める前に知っておきたい30のこと
元交際相手の写真は、同棲環境に持ち込まないのがマナー。 | 同棲を始める前に知っておきたい30のこと

  1. 結婚前に同棲をしておくべきか。
  2. 同棲は、お互いの同意の上で始めるもの。
  3. 目的も計画もなく同棲を始めるのは不適切。
  4. 同棲の2大条件。
    「期限付き」「結婚前提」。
  5. 同棲の9つのメリット。
  6. 同棲の7つのデメリット。
  7. 同棲に適した5つのタイミング。
  8. 同棲すると、どきどきが増えるより減ることを覚悟しておくこと。
  9. 同棲したから婚期を逃すとは限らない。
    同棲して婚期を逃す人の共通点とは。
  10. ダイエットをするなら、同棲前がよい。
  11. 2人で旅行をするなら、同棲前より同棲中のほうがいい。
  12. 浮気は、同棲中でも起こる。
  13. 幻滅されるのは、パートナーではなく自分かもしれない。
  14. 同棲生活は、借金なしで始めたい。
  15. 同棲を切り出す側と成功率に関係はあるのか。
  16. なぜ同棲前・結婚前は、喧嘩が増えるのか。
  17. 同棲に反対する親の気持ちも「1つの考え」として理解しよう。
  18. 家事ができない人との同棲は、トラブルを覚悟しておくこと。
  19. 同棲でペットを飼うのはやめたほうがいい5つ理由。
  20. 元交際相手の写真は、同棲環境に持ち込まないのがマナー。
  21. 「同棲はしたほうがいい」と考える人は多いが、実際に同棲する人は少ない。
  22. 同棲は、離婚率を下げる働きはあっても、ゼロにはできない。
  23. 「絶対トラブルは起きない」と思って始めるのではない。
    「何かトラブルが起きるだろう」と思って始めたほうがいい。
  24. 同棲で仕事を辞める前に考えてほしいこと。
  25. 同棲が失敗するカップルに見られる4つの特徴。
  26. 最も結婚できない同棲のパターンとは。
  27. 同棲の2大条件「期限付き」「結婚前提」を拒む人の心理とは。
  28. 同棲をしようか迷っているうちにも、時間は過ぎていく。
  29. 同棲するかどうかを最後に決めるのは、2人。
    重大な判断を他人に委ねないこと。
  30. メリットが感じられなければ、同棲を省いて結婚する選択肢もある。

同じカテゴリーの作品