緊張・あがり症

まとめ
(緊張との付き合い方がうまくなる30の言葉)
緊張との付き合い方がうまくなる30の言葉

  • 1日1回は、緊張する時間を作る。
  • 人間関係に比べれば、緊張との付き合い方は、まだ優しいことに気づく。
  • 緊張を感じたときは「ぼけの予防になる」と考える。
  • 「大舞台への挑戦」ではなく「自分への挑戦」と考える。
  • 緊張する場から逃げないようにする。
  • 緊張を白状して、かっこよいところを見せる。
  • いつでも緊張することができることを知る。
  • 自分から緊張に向かっていき、心地よいストレスに変える。
  • 緊張した後は、ストレス解消させる。
  • 「緊張したかどうか」より「緊張してどうしたか」に着目する。
  • 過度の緊張だけでなく、まったく緊張がない状態も避ける。
  • 緊張した経験は、笑い話としてどんどん人に話す。
  • 緊張の楽しみ方を知る。
  • 緊張したら「新しい自分を発見した」と思って、冷静に自分を認識する。
  • 緊張とリラックスは、偏らず、交互に楽しむ。
  • 緊張の最高記録を作ると考えてみる。
  • 過度の緊張を避けるため、構える前にさっと本番を終わらせる。
  • 目的を思い出し、目的に集中する。
  • 過度に緊張したときは、人体の不思議を体験する。
  • 前回は緊張して取り乱したとしても、次回はきっとうまくいくと考える。
  • 緊張で悩んだとき、放置する人ではなく、向き合う人になる。
  • 「緊張したことがない」と言う人には注意する。
  • カレンダーやスケジュール帳に、本番までの残り日数を書き込む。
  • 緊張しない心より、緊張をほぐす方法の習得を優先させる。
  • 自分の緊張を笑われても、不機嫌にならない。
  • 緊張と上手に付き合うために、力を入れるより抜く。
  • 緊張しても、八つ当たりはしない。
  • 大舞台を経験する前と後の、自分の変化を楽しむ。
  • 本番の後は、急に緊張を解くのではなく、ゆっくり緊張を解く。
  • 緊張を喜べるようになる。

同じカテゴリーの作品