緊張・あがり症

あがり症を克服する
30の方法

2
24

原稿に頼りすぎると、
かえって緊張を促す。

原稿に頼りすぎると、かえって緊張を促す。 | あがり症を克服する30の方法

「原稿があるから大丈夫」

その油断が命取りです。

 

たしかに原稿には、さまざまなメリットがあるのも事実です。

原稿を見ながら話せば、事前練習の手間を減らせます。

言葉に詰まることなく、スムーズに話ができます。

確実にど忘れもなくなります。

「緊張もなくなるはず」と思うかもしれませんが、ここが落とし穴です。

原稿に頼りすぎると、かえって緊張を促します。

原稿に頼りすぎると、どうなるか。

話し方が棒読みになるでしょう。

発表の雰囲気が堅くなるでしょう。

聴衆から厳しい視線が向けられるでしょう。

ため息も聞こえてくるでしょう。

聴衆全体が自分の発表に失望して、厳しい目が向けられていることがわかるため、ますます緊張が強くなるのです。

いくら原稿が便利でも、頼りすぎないことです。

原稿は便利ですが、万能ではありません。

原稿があっても、できるだけ原稿を見ないで発表できるのが理想的です。

アナウンサーを思い出してください。

アナウンサーは、前を向いて話をしているから、話もすっと頭に入ってきます。

前を向いて話をするほうが、自信や余裕が感じられるため、説得力を表現しやすくなります。

何度も練習して、できるだけすらすら発表ができるようにしておきましょう。

アナウンサーのような話し方を理想として練習します。

アナウンサーのような話し方ができなくても、できるだけ近づける努力が大切です。

原稿は、話しながらときどき見る程度にするのが適切です。

発表中は、聴衆を見ながら話すのが最も好印象です。

あがり症を克服する方法(24)
  • できるだけ原稿を見ないで発表するようにする。
1回ミスをしよう。
そうすれば、気持ちが楽になる。

もくじ
あがり症を克服する30の方法
原稿に頼りすぎると、かえって緊張を促す。 | あがり症を克服する30の方法

  1. あがり症の克服は、誰でも可能。
    あがり症の克服は、誰でも可能。
  2. あがり症の克服には「必ず克服する」という決意が欠かせない。
    あがり症の克服には「必ず克服する」という決意が欠かせない。
  3. 精神論だけで、あがり症は克服できない。
    精神論だけで、あがり症は克服できない。
  4. あがり症の克服に大切なのは2つ。<br>「場数」と「成功体験」。
    あがり症の克服に大切なのは2つ。
    「場数」と「成功体験」。
  5. 成功体験は、素直に喜ぶことが大切。
    成功体験は、素直に喜ぶことが大切。
  6. ほかの人と比べると、余計な緊張を招く。
    ほかの人と比べると、余計な緊張を招く。
  7. 立派に見せようとしない。<br>普通で十分と考える。
    立派に見せようとしない。
    普通で十分と考える。
  8. あがり症を克服できた人の共通点は、小さな成功体験を積み上げていること。
    あがり症を克服できた人の共通点は、小さな成功体験を積み上げていること。
  9. あがり症の克服に、焦りは禁物。
    あがり症の克服に、焦りは禁物。
  10. 「緊張してはいけない」と考えてはいけない。
    「緊張してはいけない」と考えてはいけない。
  11. 緊張している自分を責めない。
    緊張している自分を責めない。
  12. 「緊張するかもしれない」「あがってしまうかもしれない」と考えてはいけない。
    「緊張するかもしれない」「あがってしまうかもしれない」と考えてはいけない。
  13. あがるから話せなくなるのは誤解。<br>話さないからあがってしまうのだ。
    あがるから話せなくなるのは誤解。
    話さないからあがってしまうのだ。
  14. あがり症の人は、体を鍛えよう。
    あがり症の人は、体を鍛えよう。
  15. 有酸素運動で、発汗と心拍数の上昇に慣れておく。
    有酸素運動で、発汗と心拍数の上昇に慣れておく。
  16. あがってしまうのは、まだ本当に集中できていない証拠。
    あがってしまうのは、まだ本当に集中できていない証拠。
  17. 鏡の前で練習をする。<br>鏡に映った自分の目も、人目の1つ。
    鏡の前で練習をする。
    鏡に映った自分の目も、人目の1つ。
  18. 授業・集会・会議は、人目に慣れる機会になる。
    授業・集会・会議は、人目に慣れる機会になる。
  19. わざと派手な服装で外出して、人目に慣れておく。
    わざと派手な服装で外出して、人目に慣れておく。
  20. ボイスレコーダーも、使い方を工夫すれば、緊張対策の武器になる。
    ボイスレコーダーも、使い方を工夫すれば、緊張対策の武器になる。
  21. 普段から笑わない人が、本番だけ笑うのは難しい。
    普段から笑わない人が、本番だけ笑うのは難しい。
  22. マイクとはいえ、あがり症の人にとっては重要な練習対象。
    マイクとはいえ、あがり症の人にとっては重要な練習対象。
  23. あがり症の人は、1番手を狙え。
    あがり症の人は、1番手を狙え。
  24. 原稿に頼りすぎると、かえって緊張を促す。
    原稿に頼りすぎると、かえって緊張を促す。
  25. 1回ミスをしよう。<br>そうすれば、気持ちが楽になる。
    1回ミスをしよう。
    そうすれば、気持ちが楽になる。
  26. 一瞬で緊張がほぐれる、3つの開き直りの言葉。
    一瞬で緊張がほぐれる、3つの開き直りの言葉。
  27. 「話し方講座」「スピーチ教室」を頼ってみる。
    「話し方講座」「スピーチ教室」を頼ってみる。
  28. 「最初で最後」と思えば、なけなしの気力が奮い立つ。
    「最初で最後」と思えば、なけなしの気力が奮い立つ。
  29. 見られることが快感に変われば、あがり症は、ほぼ克服できたのも同然。
    見られることが快感に変われば、あがり症は、ほぼ克服できたのも同然。
  30. あがり症で過呼吸になったときの対処。
    あがり症で過呼吸になったときの対処。

同じカテゴリーの作品