人前で緊張しない
30の方法

8
3

緊張対策で原稿を準備するなら、
文章より箇条書き。

緊張対策で原稿を準備するなら、文章より箇条書き。 | 人前で緊張しない30の方法

緊張する原因は、原稿の書き方にあるのかもしれません。

スピーチやプレゼンでは、読み上げる原稿を準備することになるでしょう。

本番でスムーズな発表ができるよう、原稿を見ながら練習を重ねることでしょう。

さて、問題は原稿です。

本番に向けて準備した原稿を見てください。

原稿は、どんな書き方になっているでしょうか。

多くの場合「文章」で書いていることが多いのではないでしょうか。

もちろん原稿の準備の仕方は個人の自由。

きれいな文章で原稿を準備したい完璧主義者なら、それもいいでしょう。

しかし、緊張対策という目的で準備する原稿としては不適切です。

文章で原稿を準備すると、緊張を高めやすくなります。

原稿を文章で書くと「書いている文章のとおりに読まなければいけない」と意識しがちです。

一字一句、完璧に読み上げようとするでしょう。

文章のすべてを覚えようとするでしょう。

この完璧な読み上げ方が、緊張を促す結果をもたらすのです。

では、原稿はどんな書き方にすればいいのか。

原稿の書き方は「文章」ではなく「箇条書き」にしましょう。

箇条書きの場合、最初から完璧な文章が準備されていません。

要点以外の説明は、その場で適当に加えていくようにします。

最初から正解が準備されていないのはデメリットに思えますが、緊張対策としてはメリットになります。

前を向いて話がしやすくなる上、自然な様子で話せるようになります。

覚えるところも要点だけで済むので、暗記量も減ります。

結果として、気持ちが楽になり、緊張しにくくなるのです。

本番のパニックを防ぎやすくなります。

この書き方は、スピーチやプレゼンに限らず、商談・交渉・電話対応でも有効です。

緊張対策で原稿を準備するなら、文章より箇条書きが効果的です。

人前で緊張しない方法(8)
  • 原稿は「文章」ではなく「箇条書き」で準備する。
楽しむ気持ちを大切にすれば、緊張もほぐれる。

人前で緊張しない30の方法
人前で緊張しない30の方法

  1. 場数を踏むことこそ、最強の緊張対策。
    場数を踏むことこそ、最強の緊張対策。
  2. 身近な人に聴衆役をお願いして、リハーサルを経験しておく。
    身近な人に聴衆役をお願いして、リハーサルを経験しておく。
  3. 1人で行うリハーサルも、貴重な練習の1つ。
    1人で行うリハーサルも、貴重な練習の1つ。
  4. 1人で練習するときに大切なのは、想像力。
    1人で練習するときに大切なのは、想像力。
  5. 場所を下見するだけでも、本番の緊張が和らぐ。
    場所を下見するだけでも、本番の緊張が和らぐ。
  6. ネガティブな様子は想像しない。<br>ポジティブな様子だけ想像する。
    ネガティブな様子は想像しない。
    ポジティブな様子だけ想像する。
  7. 全部を覚えると、緊張を促す。<br>要点だけ覚えると、緊張しなくなる。
    全部を覚えると、緊張を促す。
    要点だけ覚えると、緊張しなくなる。
  8. 緊張対策で原稿を準備するなら、文章より箇条書き。
    緊張対策で原稿を準備するなら、文章より箇条書き。
  9. 楽しむ気持ちを大切にすれば、緊張もほぐれる。
    楽しむ気持ちを大切にすれば、緊張もほぐれる。
  10. 空腹だと、緊張もしやすい。
    空腹だと、緊張もしやすい。
  11. 発表量を減らすのも、緊張を減らす工夫の1つ。
    発表量を減らすのも、緊張を減らす工夫の1つ。
  12. 完璧主義は、緊張を促す悪魔。
    完璧主義は、緊張を促す悪魔。
  13. 筋トレで体に自信をつける。
    筋トレで体に自信をつける。
  14. 尿意の我慢は、緊張に悪影響。
    尿意の我慢は、緊張に悪影響。
  15. いつも同じ層の人とばかり接していては、人前で緊張するのも当然。
    いつも同じ層の人とばかり接していては、人前で緊張するのも当然。
  16. 聴衆を野菜と思ってみる。<br>発想がユニークであればあるほど、楽しさと面白さで緊張がほぐれる。
    聴衆を野菜と思ってみる。
    発想がユニークであればあるほど、楽しさと面白さで緊張がほぐれる。
  17. ランクの高いスーツには、自信を高める効果がある。
    ランクの高いスーツには、自信を高める効果がある。
  18. 本番直前まで忙しくして、緊張を感じるほど余裕のない状況にする。
    本番直前まで忙しくして、緊張を感じるほど余裕のない状況にする。
  19. 心の支えになるお守りで、緊張をほぐす。
    心の支えになるお守りで、緊張をほぐす。
  20. 冒頭で感謝を伝えると、緊張がほぐれる。
    冒頭で感謝を伝えると、緊張がほぐれる。
  21. 大きな声を出せば、緊張をはね飛ばす。
    大きな声を出せば、緊張をはね飛ばす。
  22. 特定の人に向けて話すと、緊張しなくなる。
    特定の人に向けて話すと、緊張しなくなる。
  23. 人の顔を見るのが苦手なら、遠くを見ながら話すのが有効。
    人の顔を見るのが苦手なら、遠くを見ながら話すのが有効。
  24. 緊張していることを正直に白状すると、気持ちが楽になる。
    緊張していることを正直に白状すると、気持ちが楽になる。
  25. 評価は気にすればするほど、緊張しやすくなる。
    評価は気にすればするほど、緊張しやすくなる。
  26. ゆっくり話すと聞きやすくなる。<br>心にも余裕ができる。
    ゆっくり話すと聞きやすくなる。
    心にも余裕ができる。
  27. 複数人で分担すれば、緊張も分散される。
    複数人で分担すれば、緊張も分散される。
  28. 本番当日の朝、有酸素運動をする。
    本番当日の朝、有酸素運動をする。
  29. 緊張対策の最後の手段は、開き直り。
    緊張対策の最後の手段は、開き直り。
  30. 本番中にミスをしても振り返らない。<br>振り返るなら、本番が終わってからにする。
    本番中にミスをしても振り返らない。
    振り返るなら、本番が終わってからにする。

同じカテゴリーの作品

緊張・あがり症」の人気記事

1
自意識過剰になっているだけ。誰もあなたの事情に興味はない。
緊張・あがり症
自意識過剰になっているだけ。
誰もあなたの事情に興味はない。
緊張をほぐす30の名言
2
緊張する場から逃げていると、人生がうまくいかなくなる。
緊張・あがり症
緊張する場から逃げていると、人生がうまくいかなくなる。
緊張との付き合い方がうまくなる30の言葉
3
「上手にしよう」と思うのではない。「真剣にしよう」と思うのだ。
緊張・あがり症
「上手にしよう」と思うのではない。
「真剣にしよう」と思うのだ。
緊張をほぐす30の名言
4
緊張が過度になる原因は、エゴイズム。
緊張・あがり症
緊張が過度になる原因は、エゴイズム。
緊張対策に役立つ30の基本知識
5
普段から緊張を感じている人は、ぼけない。
緊張・あがり症
普段から緊張を感じている人は、ぼけない。
緊張との付き合い方がうまくなる30の言葉
6
1日1回は、緊張する時間を作ろう。
緊張・あがり症
1日1回は、緊張する時間を作ろう。
緊張との付き合い方がうまくなる30の言葉
7
緊張を嫌がっているうちは、半人前。緊張を喜べるようになったら、一人前。
緊張・あがり症
緊張を嫌がっているうちは、半人前。
緊張を喜べるようになったら、一人前。
緊張との付き合い方がうまくなる30の言葉
8
「緊張したくない」と思っているうちは、まだメンタルが弱い。「緊張してもいい」と思うようになれば、本当に強くなった証拠。
緊張・あがり症
「緊張したくない」と思っているうちは、まだメンタルが弱い。
「緊張してもいい」と思うようになれば、本当に強くなった証拠。
緊張対策に役立つ30の基本知識
9
緊張に感謝しよう。ストレスの受け止め方が、ネガティブからポジティブに変わる。
緊張・あがり症
緊張に感謝しよう。
ストレスの受け止め方が、ネガティブからポジティブに変わる。
緊張をほぐす30の名言
10
まったく緊張がないのも、ストレスになる。
緊張・あがり症
まったく緊張がないのも、ストレスになる。
緊張との付き合い方がうまくなる30の言葉

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION