人前で緊張しない
30の方法

29
4

緊張対策の最後の手段は、
開き直り。

緊張対策の最後の手段は、開き直り。 | 人前で緊張しない30の方法

緊張をほぐす方法は、真逆の方向にあるかもしれません。

「どうしても緊張をしてしまう」

「もう緊張を我慢するのが苦しい」

「どんな方法を試しても効果がない」

何をやっても効果がなく、追い詰められてしまった。

そんなときは、緊張対策の最後の手段があります。

いっそのこと開き直って「緊張しよう」と考えてしまいましょう。

もう緊張をほぐす方法は諦めます。

むしろ開き直って「こうなったら徹底的に緊張してやる」と思うのです。

自分から緊張の海に飛び込んでいく。

「どうにでもなれ」と言わんばかりの態度になる。

「緊張しよう」と思えば、ますます緊張が強くなりそうですが、実際はわかりません。

人間とは不思議です。

緊張しようと考えたほうが、かえって緊張が小さくなる場合があります。

「思いきり緊張してやるぞ」と開き直ると、心に覚悟が生まれ、精神状態が強くなります。

開き直った人ほど、強い人はいません。

心に火がついて、潜在的な気力が発揮できるようになる。

前向きな気持ちが強くなり、緊張に強くなります。

人によっては、緊張しようと開き直った瞬間、ほとんど緊張が消える人もいます。

緊張は、逃げるから追いかけてきます。

自分から追いかけていけば、逆に逃げていくのです。

吉と出るか、凶と出るかは、未知数です。

すべての人に効果のある方法ではありませんが、行き詰まったなら、最後の手段として試す価値はあるでしょう。

人前で緊張しない方法(29)
  • 行き詰まったときの最後の手段として、緊張しようと開き直ってみる。
本番中にミスをしても振り返らない。
振り返るなら、本番が終わってからにする。

人前で緊張しない30の方法
人前で緊張しない30の方法

  1. 場数を踏むことこそ、最強の緊張対策。
    場数を踏むことこそ、最強の緊張対策。
  2. 身近な人に聴衆役をお願いして、リハーサルを経験しておく。
    身近な人に聴衆役をお願いして、リハーサルを経験しておく。
  3. 1人で行うリハーサルも、貴重な練習の1つ。
    1人で行うリハーサルも、貴重な練習の1つ。
  4. 1人で練習するときに大切なのは、想像力。
    1人で練習するときに大切なのは、想像力。
  5. 場所を下見するだけでも、本番の緊張が和らぐ。
    場所を下見するだけでも、本番の緊張が和らぐ。
  6. ネガティブな様子は想像しない。<br>ポジティブな様子だけ想像する。
    ネガティブな様子は想像しない。
    ポジティブな様子だけ想像する。
  7. 全部を覚えると、緊張を促す。<br>要点だけ覚えると、緊張しなくなる。
    全部を覚えると、緊張を促す。
    要点だけ覚えると、緊張しなくなる。
  8. 緊張対策で原稿を準備するなら、文章より箇条書き。
    緊張対策で原稿を準備するなら、文章より箇条書き。
  9. 楽しむ気持ちを大切にすれば、緊張もほぐれる。
    楽しむ気持ちを大切にすれば、緊張もほぐれる。
  10. 空腹だと、緊張もしやすい。
    空腹だと、緊張もしやすい。
  11. 発表量を減らすのも、緊張を減らす工夫の1つ。
    発表量を減らすのも、緊張を減らす工夫の1つ。
  12. 完璧主義は、緊張を促す悪魔。
    完璧主義は、緊張を促す悪魔。
  13. 筋トレで体に自信をつける。
    筋トレで体に自信をつける。
  14. 尿意の我慢は、緊張に悪影響。
    尿意の我慢は、緊張に悪影響。
  15. いつも同じ層の人とばかり接していては、人前で緊張するのも当然。
    いつも同じ層の人とばかり接していては、人前で緊張するのも当然。
  16. 聴衆を野菜と思ってみる。<br>発想がユニークであればあるほど、楽しさと面白さで緊張がほぐれる。
    聴衆を野菜と思ってみる。
    発想がユニークであればあるほど、楽しさと面白さで緊張がほぐれる。
  17. ランクの高いスーツには、自信を高める効果がある。
    ランクの高いスーツには、自信を高める効果がある。
  18. 本番直前まで忙しくして、緊張を感じるほど余裕のない状況にする。
    本番直前まで忙しくして、緊張を感じるほど余裕のない状況にする。
  19. 心の支えになるお守りで、緊張をほぐす。
    心の支えになるお守りで、緊張をほぐす。
  20. 冒頭で感謝を伝えると、緊張がほぐれる。
    冒頭で感謝を伝えると、緊張がほぐれる。
  21. 大きな声を出せば、緊張をはね飛ばす。
    大きな声を出せば、緊張をはね飛ばす。
  22. 特定の人に向けて話すと、緊張しなくなる。
    特定の人に向けて話すと、緊張しなくなる。
  23. 人の顔を見るのが苦手なら、遠くを見ながら話すのが有効。
    人の顔を見るのが苦手なら、遠くを見ながら話すのが有効。
  24. 緊張していることを正直に白状すると、気持ちが楽になる。
    緊張していることを正直に白状すると、気持ちが楽になる。
  25. 評価は気にすればするほど、緊張しやすくなる。
    評価は気にすればするほど、緊張しやすくなる。
  26. ゆっくり話すと聞きやすくなる。<br>心にも余裕ができる。
    ゆっくり話すと聞きやすくなる。
    心にも余裕ができる。
  27. 複数人で分担すれば、緊張も分散される。
    複数人で分担すれば、緊張も分散される。
  28. 本番当日の朝、有酸素運動をする。
    本番当日の朝、有酸素運動をする。
  29. 緊張対策の最後の手段は、開き直り。
    緊張対策の最後の手段は、開き直り。
  30. 本番中にミスをしても振り返らない。<br>振り返るなら、本番が終わってからにする。
    本番中にミスをしても振り返らない。
    振り返るなら、本番が終わってからにする。

同じカテゴリーの作品

2:16

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION