ダイエット

ダイエットに成功する人と失敗する人の
30の違い

  • ダイエットに失敗する人は、
    慌ただしい時期に始める。
    ダイエットに成功する人は、
    落ち着いた時期に始める。
ダイエットに成功する人と失敗する人の30の違い

もくじ

ダイエットに失敗する人は、慌ただしい時期に始める。
ダイエットに成功する人は、落ち着いた時期に始める。

ダイエットに失敗する人は、慌ただしい時期に始める。ダイエットに成功する人は、落ち着いた時期に始める。

「ダイエットをしたい!」
そう思った瞬間から、さっそく行動に移したいところですが焦りは禁物です。
ダイエットはいつでも始められますが、だからこそ要注意。

ダイエットに失敗する人は、短期間で急に痩せようとする。
ダイエットに成功する人は、長期間でゆっくり痩せようとする。

ダイエットに失敗する人は、短期間で急に痩せようとする。ダイエットに成功する人は、長期間でゆっくり痩せようとする。

ダイエットに失敗する人は、短期間で急に痩せようとします。
「1カ月で3キロ痩せる」
「3カ月で10キロ痩せる」

ダイエットに失敗する人は、できるだけ痩せようとしか考えていない。
ダイエットに成功する人は、期限と目標数値が明確。

ダイエットに失敗する人は、できるだけ痩せようとしか考えていない。ダイエットに成功する人は、期限と目標数値が明確。

ダイエットに失敗する人は、期限や目標が不明確です。
「いつか痩せたい」
「とりあえずできるだけ痩せたい」

ダイエットに失敗する人は、痩せる決意が弱い。
ダイエットに成功する人は、痩せる決意が強い。

ダイエットに失敗する人は、痩せる決意が弱い。ダイエットに成功する人は、痩せる決意が強い。

ダイエットの成功には決意が必要です。
痩せるための生活は、大なり小なり苦痛が伴います。
食欲に勝たなければいけません。

ダイエットに失敗する人は、ダイエット中であることを内緒にする。
ダイエットに成功する人は、公表と宣言をする。

ダイエットに失敗する人は、ダイエット中であることを内緒にする。ダイエットに成功する人は、公表と宣言をする。

ダイエット中であることを、内緒にするか、公表するか。
人によって好みがわかれるところですが、ダイエットの成功に影響するポイントです。
ダイエットに失敗する人は、ダイエット中であることを内緒にします。

ダイエットに失敗する人は、たまにしか体重計に乗らない。
ダイエットに成功する人は、毎日体重計に乗る。

ダイエットに失敗する人は、たまにしか体重計に乗らない。ダイエットに成功する人は、毎日体重計に乗る。

ダイエットに最も必要な道具。
それは、体重計です。
体重を知るには、体重計がないと話になりません。

ダイエットに失敗する人は、記録をつけない。
ダイエットに成功する人は、必ず毎日記録をつける。

ダイエットに失敗する人は、記録をつけない。ダイエットに成功する人は、必ず毎日記録をつける。

ダイエットに失敗する人は、記録をつける習慣がありません。
「記録をつけるのが面倒くさい」
「結果さえ出せば十分」

ダイエットに失敗する人は、痩せられない自分を想像している。
ダイエットに成功する人は、スリムになった自分を想像している。

ダイエットに失敗する人は、痩せられない自分を想像している。ダイエットに成功する人は、スリムになった自分を想像している。

ダイエットの成功には、想像力が役立ちます。
想像力をうまく活用すれば、ダイエットの近道になります。
ダイエットに成功する人も失敗する人も、想像力を働かせています。

ダイエットに失敗する人は、食べないで痩せようとする。
ダイエットに成功する人は、食べながら痩せようとする。

ダイエットに失敗する人は、食べないで痩せようとする。ダイエットに成功する人は、食べながら痩せようとする。

ダイエットの基本は2つしかありません。
(1)運動
(2)食事制限

ダイエットに失敗する人は、あまり噛まずに早食いする。
ダイエットに成功する人は、よく噛んでゆっくり食べる。

ダイエットに失敗する人は、あまり噛まずに早食いする。ダイエットに成功する人は、よく噛んでゆっくり食べる。

太っている人には、食べ方に2つの傾向があります。
(1)噛む回数が少ない
(2)食べるのが早い

ダイエットに失敗する人は、朝食べないで、夜食べる。
ダイエットに成功する人は、夜食べないで、朝食べる。

ダイエットに失敗する人は、朝食べないで、夜食べる。ダイエットに成功する人は、夜食べないで、朝食べる。

1日の食事量は同じでも、配分を変えるだけで痩せやすくなります。
人の1日の活動量は、一定ではありません。
一般的に日中と夜中とでは、活動量が違います。

ダイエットに失敗する人は、栄養バランスを無視して痩せようとする。
ダイエットに成功する人は、栄養バランスを考えながら痩せようとする。

ダイエットに失敗する人は、栄養バランスを無視して痩せようとする。ダイエットに成功する人は、栄養バランスを考えながら痩せようとする。

健康維持に大切なのは、栄養バランスです。
栄養が不足したり偏ったりすると、体によくありません。
栄養バランスが整ってこそ、体の正常な機能が保たれます。

ダイエットに失敗する人は、健康知識が乏しい。
ダイエットに成功する人は、健康知識が豊富。

ダイエットに失敗する人は、健康知識が乏しい。ダイエットに成功する人は、健康知識が豊富。

ダイエットを成功させるには、運動や食事制限が大切です。
では、運動や食事制限を正しく行うために何か必要かというと、健康知識です。
たとえば、栄養バランスの取れた食事を心がけたくても、栄養の知識がなければ、正しく判断できません。

ダイエットに失敗する人は、ダイエット食品に油断して、食べすぎる。
ダイエットに成功する人は、ダイエット食品を賢く利用する。

ダイエットに失敗する人は、ダイエット食品に油断して、食べすぎる。ダイエットに成功する人は、ダイエット食品を賢く利用する。

ちまたには、痩せたい人向けの食品が販売されています。
いわゆる、ダイエット食品です。
たとえば、カロリーを抑えた食材、糖分がゼロのお菓子、カロリーハーフのソフトドリンク。

ダイエットに失敗する人は、ヘルシーな食品に油断する。
ダイエットに成功する人は、ヘルシーな食品こそ注意する。

ダイエットに失敗する人は、ヘルシーな食品に油断する。ダイエットに成功する人は、ヘルシーな食品こそ注意する。

「ヘルシーな食品は、ダイエットの隠れた敵」
こう聞けば多くの人が「まさか」と思うでしょう。
実際のところ、ダイエットに失敗する人は、ヘルシーな食品に油断する傾向があります。

ダイエットに失敗する人は、誘惑を我慢しようとする。
ダイエットに成功する人は、誘惑を回避しようとする。

ダイエットに失敗する人は、誘惑を我慢しようとする。ダイエットに成功する人は、誘惑を回避しようとする。

食への誘惑を、我慢するか、回避するか。
それが問題です。
結論から言えば、どちらも大切であり必要です。

ダイエットに失敗する人は、用事もないのに、コンビニに立ち寄る。
ダイエットに成功する人は、用事がないかぎり、コンビニに行かない。

ダイエットに失敗する人は、用事もないのに、コンビニに立ち寄る。ダイエットに成功する人は、用事がないかぎり、コンビニに行かない。

ダイエット中の最も強い誘惑は、食べ物でしょう。
空腹のときは、食べ物がいつも以上においしそうに見え、食欲が刺激されます。
では、日常生活の中で、最も食欲を刺激する場所はどこか。

ダイエットに失敗する人は、つい間食を食べてしまう。
ダイエットに成功する人は、わずかな間食でも食べない。

ダイエットに失敗する人は、つい間食を食べてしまう。ダイエットに成功する人は、わずかな間食でも食べない。

食事は、1日3食が基本です。
1日3回の食事のほか、もう1つ誘惑があります。
間食です。

ダイエットに失敗する人は、食べることばかり考えている。
ダイエットに成功する人は、食べる以外のことを考えている。

ダイエットに失敗する人は、食べることばかり考えている。ダイエットに成功する人は、食べる以外のことを考えている。

ダイエットに失敗する人は、食べることばかり考えています。
食事制限をしていると、その反動でいつもより食べることを考えてしまいがちです。
時間があれば「食べたい、食べたい」と考えている。

ダイエットに失敗する人は、有酸素運動や筋トレが欠けている。
ダイエットに成功する人は、有酸素運動と筋トレの両方をしている。

ダイエットに失敗する人は、有酸素運動や筋トレが欠けている。ダイエットに成功する人は、有酸素運動と筋トレの両方をしている。

ダイエットには運動が欠かせません。
ただ運動をすればいいわけではなく、大切なのは運動の種類です。
ダイエットに有効な運動は、2種類あります。

ダイエットに失敗する人は、筋肉を減らそうとする。
ダイエットに成功する人は、筋肉は減らさず、脂肪を減らそうとする。

ダイエットに失敗する人は、筋肉を減らそうとする。ダイエットに成功する人は、筋肉は減らさず、脂肪を減らそうとする。

体が細くなることを「痩せる」といいます。
痩せたからには何かが減っています。
何かが減ったから痩せるわけですが「何を減らしたか」が大切です。

ダイエットに失敗する人は、普段の生活とは別に運動する機会を作る。
ダイエットに成功する人は、普段の生活に運動する機会を取り入れる。

ダイエットに失敗する人は、普段の生活とは別に運動する機会を作る。ダイエットに成功する人は、普段の生活に運動する機会を取り入れる。

ダイエットに失敗する人は、普段の生活とは別に運動する機会を作ります。
たとえば、スポーツジムへの入会です。
わざわざ高い会費を払ってスポーツジムへ行き、トレーニングマシンで運動します。

ダイエットに失敗する人は、夜更かしをする。
ダイエットに成功する人は、早めに寝る。

ダイエットに失敗する人は、夜更かしをする。ダイエットに成功する人は、早めに寝る。

夜更かしとダイエットには関係があります。
実のところ夜更かしは、ダイエットの大敵です。
ダイエットに失敗する人は、夜更かしをする傾向があります。

ダイエットに失敗する人は、痩せすぎて貧相になる。
ダイエットに成功する人は、痩せて健康的になる。

ダイエットに失敗する人は、痩せすぎて貧相になる。ダイエットに成功する人は、痩せて健康的になる。

ダイエットの落とし穴。
それは「痩せすぎ」です。
「痩せる」と「痩せすぎ」は似て非なるもの。

ダイエットに失敗する人は「痩せれば痩せるほどよい」と考えている。
ダイエットに成功する人は「痩せすぎはよくない」と考えている。

ダイエットに失敗する人は「痩せれば痩せるほどよい」と考えている。ダイエットに成功する人は「痩せすぎはよくない」と考えている。

ダイエットでは、適度が大切です。
もちろん太りすぎているなら、標準体重まで痩せることは美容にも健康にも有効です。
余計な脂肪は、外見が悪くなるだけでなく、動脈硬化・高血糖・心筋梗塞など、さまざまな病を引き起こす原因になります。

ダイエットに失敗する人は、人からの注意を無視する。
ダイエットに成功する人は、厳しい注意ほど熱心に聞く。

ダイエットに失敗する人は、人からの注意を無視する。ダイエットに成功する人は、厳しい注意ほど熱心に聞く。

ダイエットを始めると、だんだん自分を客観視しにくくなります。
ダイエット中は、いつも以上に自分を見つめる状態になります。
自分に集中していると、主観的になれても、客観的になりにくい。

ダイエットに失敗する人は、1人で頑張って、いつの間にか挫折する。
ダイエットに成功する人は、仲間と頑張って、励まし合う。

ダイエットに失敗する人は、1人で頑張って、いつの間にか挫折する。ダイエットに成功する人は、仲間と頑張って、励まし合う。

1人でダイエットを頑張ると、失敗しやすくなる場合があります。
もちろん1人で始めるのが悪いわけではありません。
基本的にダイエットは、1人でするもの。

ダイエットに失敗する人は、食べすぎたとき、自己嫌悪で落ち込むだけ。
ダイエットに成功する人は、余分に運動を増やして、ゼロにする。

ダイエットに失敗する人は、食べすぎたとき、自己嫌悪で落ち込むだけ。ダイエットに成功する人は、余分に運動を増やして、ゼロにする。

ダイエット中、うっかり食べすぎることがあります。
人間も完璧ではありません。
食べすぎはいけないとわかっていても、油断して食べすぎることがあります。

ダイエットに失敗する人は、達成後のプランがない。
ダイエットに成功する人は、達成後に叶えたい夢がある。

ダイエットに失敗する人は、達成後のプランがない。ダイエットに成功する人は、達成後に叶えたい夢がある。

ダイエットの基本的な目的は、痩せること。
太りすぎているなら、標準体重まで減量したほうが美容にも健康にも有効です。
肥満の改善は早ければ早いほどいい。

ダイエットに失敗する人は、頑張って達成しようとする。
ダイエットに成功する人は、楽しみながら達成しようとする。

ダイエットに失敗する人は、頑張って達成しようとする。ダイエットに成功する人は、楽しみながら達成しようとする。

ダイエットに失敗する人は、頑張って達成しようとします。
運動が面倒だけど、頑張る。
食事制限がつらいけど、頑張る。

同じカテゴリーの作品