人生の教科書



ダイエット

ダイエットに成功する人と失敗する人の
30の違い

  • ダイエットに失敗する人は、
    慌ただしい時期に始める。
    ダイエットに成功する人は、
    落ち着いた時期に始める。
ダイエットに成功する人と失敗する人の30の違い

もくじ

1
★0

ダイエットに失敗する人は、慌ただしい時期に始める。
ダイエットに成功する人は、落ち着いた時期に始める。

「ダイエットをしたい!」 そう思った瞬間から、早速行動に移したいところですが焦りは禁物です。 ダイエットはいつでも始められますが、だからこそ要注意。 ダイエットの難易度は、始める時期で大幅に変わります。 ダイエットといえば、多くの人が「方法」に注目しますが「開始時期」も重要なポイントです。 ダイエットに失敗する人は、慌ただしい時期に始めます。 たとえば、繁忙期や年末年始です。 ばたばた慌ただしい時期は、残業や休日出勤が増え、ストレスも多くなりがちです。 そのほか、入学・卒業・引っ越し・入社・転職・結婚などのタイミングも避けたほうがいいでしょう。 人生のステージが変わる時期も、慌ただしい日々になりがちです。 生活のパターンやリズムが変わり、慣れない生活によるストレスを受けるでしょう。 ダイエットをしたくても、生活が安定していないと、なかなか調子がつかめません。 ダイエットを成功させるには、運動や食事制限が必要なので、ある程度のストレスがかかります。 わざわざストレスの多い時期にダイエットを始めるのは、失敗しにいくようなもの。 どんな人にも、我慢の限界があります。 ストレスの多い時期にダイエットを始めると、思いどおりにいかないことが増え、挫折しやすくなるのです。 ダイエットに成功する人は、落ち着いた時期にダイエットを始めます。 たとえば、閑散期や長期休暇です。 心と時間に余裕があることが大切です。 落ち着いた時期にダイエットを始めれば、運動や食事制限に取り組みやすくなるでしょう。 ダイエットによるストレスも、落ち着いた時期なら耐えやすくなります。 少々予定外のトラブルが発生しても、時間に余裕があれば、修正や改善が可能です。 落ち着いた時期にダイエットを始めれば、成功率を上げることができます。 ダイエットを始めるなら、落ち着いた時期を選ぶ。

2
★2

ダイエットに失敗する人は、短期間で急に痩せようとする。
ダイエットに成功する人は、長期間でゆっくり痩せようとする。

ダイエットに失敗する人は、短期間で急に痩せようとします。 「1カ月で3キロ痩せる」 「3カ月で10キロ痩せる」 「1週間で1キロずつ痩せる」 どれも立派な目標ですが、あまりに無謀です。 不可能ではありませんが、難易度の高い目標なので、挫折する可能性が高くなります。 無理な食事制限をしなければいけません。 我慢が大きくなり、ストレスも増えます。 学業や仕事など、日常生活に支障が出る可能性が高い。 なにより急な体重低下によって、健康に悪影響が出る可能性もあるでしょう。 痩せることができても、健康を損ねては意味がありません。 忘れがちな危険は、リバウンドです。 ダイエットの達成後、開放感が爆発して食に走ると、すぐ体重が戻ってしまうでしょう。 以前より体重が増えてしまう場合も少なくありません。 短期間で痩せようとするのは、失敗をしにいくようなものなのです。 脂肪を1キログラム減らすには、7000キロカロリーを消費する必要があります。 普通に生活を送りながら7000キロカロリーを消費するには時間がかかるため、ダイエット計画も長期で考えるのが適切です。 ダイエットに成功する人は、長期間でゆっくり痩せようとします。 短期間で急に痩せるのではなく、数カ月かけて少しずつ痩せていきます。 時間をかけてゆっくり痩せるなら、食事制限も緩くて済みます。 日常生活にわずかな工夫を加えるだけで済むので、我慢もストレスも少なくなります。 たまにはダイエットを一時中断させるのもいいでしょう。 ダイエットを休む期間を作れば、スムーズに気力を取り戻せ、気持ちよくダイエットを再開できます。 結果として成功率も高くなるのです。 ダイエット計画は、短期ではなく長期で立てる。

3
★3

ダイエットに失敗する人は、できるだけ痩せようとしか考えていない。
ダイエットに成功する人は、期限と目標数値が明確。

ダイエットに失敗する人は、期限や目標が不明確です。 「いつか痩せたい」 「とりあえずできるだけ痩せたい」 「夏くらいまでに、少し痩せていたいかな」 「いつか」「できるだけ」「少し」など、曖昧な言葉が目立ちます。 痩せたい気持ちはあっても「いつまでにどれだけ痩せたいか」という期限と目標数値が決まっていません。 期限や目標数値があると、プレッシャーが出て窮屈になるので、設定していません。 たしかに期限や目標数値がなくても、ダイエットに成功できる可能性はあります。 余計なプレッシャーを感じたくないと思って、のんびりダイエットをする人もいるでしょう。 しかし実際のところ、期限や目標数値がないままダイエットを成功させるのは難しいでしょう。 元来、人は怠けやすい生き物です。 期限や目標数値が曖昧では、すぐ気持ちが緩みます。 現実味も切迫感も乏しくなり、なかなかやる気が出ない。 いつの間にかダイエットの計画が、消えてなくなっているのです。 ダイエットを本気で成功させたいなら、期限と目標数値の設定が欠かせません。 ダイエットに成功する人は、期限と目標数値が明確です。 「いつまでに、どのくらい痩せるのか」という点が、具体的です。 「今年中に5キロ減量する」 「8月31日までに体重50キロまで痩せる」 「夏休みが終わるまでにウエストをマイナス5センチ」 あくまで現実的な期限と目標数値を立てています。 たとえ達成できる自信がなくても、まず期限と目標数値を決めることが大切です。 「いつまでにどのくらい痩せるのか」という目標が明確になっていると、気持ちが引き締まります。 人は、はっきり数字として見えると、強く意識しやすくなります。 ゴールを明確にすることで、必要な努力や残り時間が分かり、モチベーションが高まります。 ゴールまでの具体的なアプローチを考えやすくなります。 ダイエットを成功させようとする意気込みが強くなるのです。 期限と目標数値を明確に決める。

4
★0

ダイエットに失敗する人は、痩せる決意が弱い。
ダイエットに成功する人は、痩せる決意が強い。

ダイエットの成功には決意が必要です。 痩せるための生活は、大なり小なり苦痛が伴います。 食欲に勝たなければいけません。 誘惑を振り切らなければいけません。 ストレスに耐えなければいけません。 自分にむちを打ち、運動と食事制限を貫かなければいけません。 痩せる決意を固め、正しい行いを心がけることで、ダイエットを成功に導けます。 ただし、痩せる決意だけでは不十分です。 大切なのは、決意の強さ。 決意の強弱によって、ダイエットの成否も左右されます。 ダイエットに失敗する人は、痩せる決意が弱い。 「できれば痩せたい」 「痩せるといいな」 「できるだけ頑張ろう」 痩せる気持ちはあるものの決意が弱い。 十分な自信がないので、弱気の心が決意にも表れています。 決意が弱いと、ダイエットが難航します。 心から本気になっていないと、誘惑に負けやすくなる。 つらいことがあったとき、諦めも早くなる。 ストレスに押しつぶされやすくなる。 決意が弱いと、ダイエットを始めても、すぐ挫折するのです。 ダイエットに成功する人は、痩せる決意が強い。 「必ず痩せる!」 「成功して当然!」 「何が何でも成功させる!」 強い言葉で言い切っています。 決意の一言は、言い切ることが大切です。 強い決意があるからこそ、心に火がつき、ダイエットをやり遂げるモチベーションも高くなります。 決意が強ければ強いほど、誘惑にも強くなります。 本当に決意が強ければ、すでにダイエットの半分は成功したようなものです。 後は、決意に従って行動するだけなのです。 ダイエットを成功させる決意を強く持つ。

5
★0

ダイエットに失敗する人は、ダイエット中であることを内緒にする。
ダイエットに成功する人は、公表と宣言をする。

ダイエット中であることを、内緒にするか、公表するか。 人によって好みが分かれるところですが、ダイエットの成功に影響するポイントです。 ダイエットに失敗する人は、ダイエット中であることを内緒にします。 「自分のことだから、わざわざ他人に言う必要はない」 「ダイエットしていることを他人に言うのは恥ずかしい」 「もし公表して失敗すると、ばかにされそう」 不安や心配があるので、周りには内緒で始めます。 もちろんダイエットはプライベートなこと。 黙ったままでも、まったく問題ありません。 しかし、自分を追い詰めるものがありません。 黙っていて楽だということは、諦めるのも楽ということです。 周りから応援されることがありません。 周りから気遣われることもない。 期待に応える楽しみもありません。 「つらくなったらやめてしまおう」 甘える心が出て、ダイエットに失敗しやすくなるのです。 ダイエットに成功する人は、ダイエット中であることを公表します。 きちんと公表すれば、周りの人が意識してくれるでしょう。 食事の誘いを断っても、事情を理解してもらいやすくなります。 そして「必ずダイエットを成功させる」と宣言します。 成功を宣言したからには、達成した姿を見せなければいけません。 宣言によって適度なプレッシャーが加わり、期待に応えようと頑張れます。 「何が何でも成功させなければならない」という気持ちになります。 本気なら、自分で逃げ道をふさぐことも必要です。 自分を追い込みやすくなるので、成功する確率も高くなるのです。 ダイエットの成功を宣言する。

6
★2

ダイエットに失敗する人は、たまにしか体重計に乗らない。
ダイエットに成功する人は、毎日体重計に乗る。

ダイエットに最も必要な道具。 それは、体重計です。 体重を知るには、体重計がないと話になりません。 体重計によっては、体重のほか、体脂肪・筋肉量・基礎代謝・BMIなど、細かい項目が計測できるタイプもあります。 より性能の高い体重計があれば、自分の正確な状態が分かり、モチベーションを維持しやすくなるでしょう。 ただし、体重計があるだけで安心するのはまだ早い。 体重計は、乗ればよいわけではありません。 大切なのは、乗る頻度。 体重計に乗るだけで痩せるわけではありませんが、乗る頻度は、間接的にダイエットに影響するポイントです。 ダイエットに失敗する人は、たまにしか体重計に乗りません。 家に体重計がありません。 家に体重計があったとしても、毎日体重計に乗らず、気が向いたときに乗る程度。 たまにしか体重計に乗らないため、ダイエットを始めても、きちんと体重の変化が確認できません。 体重の変化を実感する機会がなければ、モチベーションは下がるでしょう。 順調に痩せているのか、なかなか痩せることができていないのか、分かりません。 いつの間にかダイエットの計画が消えてしまっているのです。 ダイエットに成功する人は、毎日体重計に乗ります。 体重計がなければ、体重計を買います。 毎日決まったタイミングで体重計に乗り、体重を確認します。 体重計に乗る行為とは、いわば結果発表。 自分の体重が、数字ではっきり分かります。 減っていれば、素直に喜べます。 増えていれば、注意喚起を促せます。 毎日体重計に乗れば、体重の増減を実感しやすいので、ダイエットのモチベーションを維持しやすくなります。 毎日体重計に乗るだけで、ダイエットが成功に近づくのです。 毎日体重計に乗る。

7
★1

ダイエットに失敗する人は、記録をつけない。
ダイエットに成功する人は、必ず毎日記録をつける。

ダイエットに失敗する人は、記録をつける習慣がありません。 「記録をつけるのが面倒くさい」 「結果さえ出せば十分」 「毎日体重計に乗っているから、それで分かる」 たしかに記録をつけるのは手間暇がかかります。 記録をつけなくても、本人がやる気になって努力さえあれば、ダイエットは可能です。 あくまで重要なのは、脂肪を燃焼させること。 記録作業が直接痩せることに関係するわけではありませんが、間接的に関係します。 記録をつけないと、日ごとの細かい変化が分かりません。 1週間や1カ月でどのくらい減ったのか分かりません。 なにより記録をつけないと、日々の変化が感じられず、怠けやすくなります。 ダイエットを成功に導くには、記録の習慣が重要です。 ダイエットに成功する人は、毎日記録をつける習慣があります。 毎日決まったタイミングで体重計に乗り、結果を紙に記録します。 たしかに記録は少し手間ですが、本気で成功させたいので、本人は面倒だとは思っていません。 1日1回だけの1分もかからない単純作業ですが、ダイエットを成功に導く効果は絶大です。 いわば、ダイエット日記。 毎日記録をつけることで、日々の体重の変化が目に見えて分かるようになります。 自分を客観視するためにも、記録は有効です。 数字は正直です。 正しく努力ができていれば、きちんと数字に表れます。 だんだん痩せていく様子が数字で分かると、嬉しい気持ちになり、ダイエットへのモチベーションが強くなります。 逆にうっかり食べすぎたときも、きちんと数字で表れます。 体重が増えていれば「怠けがちになっている」「次から気をつけよう」と反省を促せます。 記録の習慣は、プラスに働くことはあっても、マイナスに働くことはありません。 記録は手間ですが、本当に小さなもの。 記録の手間を嫌がるようでは、ダイエットの成功はありません。 本気でダイエットを成功させたいなら、記録をつけるのは当然の心がけです。 毎日記録をつける習慣をつける。

8
★0

ダイエットに失敗する人は、痩せられない自分を想像している。
ダイエットに成功する人は、スリムになった自分を想像している。

ダイエットの成功には、想像力が役立ちます。 想像力をうまく活用すれば、ダイエットの近道になります。 ダイエットに成功する人も失敗する人も、想像力を働かせています。 では、どこに違いがあるのかというと、思い浮かべている光景です。 ダイエットに失敗する人は、痩せられない自分を想像しています。 ・頑張って運動をしている割に、腰回りが引き締まらない ・空腹に耐えきれず、お菓子をどか食いしている ・過度のダイエットで、やつれてしまった ・リバウンドをして、以前より太ってしまった ・ダイエットに失敗して、落ち込んでいる 痩せられず、苦しんでいる自分を想像しています。 結局のところ、ダイエットに失敗している様子です。 痩せられない様子を想像していると、だんだん不快感が強くなり、モチベーションも下がってきます。 焦りや不安が出てきて、余計なストレスに苦しみます。 「努力しても無駄ではないか」 「途中で挫折するかもしれない」 「やはり不可能なダイエットなのだろうか」 まだ失敗していないにもかかわらず、失敗したかのような錯覚を起こしてしまう。 痩せられない自分を想像していると、ネガティブな気持ちになり、本当に痩せにくくなるのです。 ダイエットに成功する人は、スリムになった自分を想像しています。 ・食事制限が順調に進み、スムーズに痩せることができた ・楽しみながら運動をして、スリムになった ・栄養バランスと十分な睡眠によって、肌がきれいになった ・きつかったズボンが、簡単にはけるようになった ・スリムになって、周りから褒められている スリムになった自分を思い浮かべると、まだ成功していなくても、ポジティブな感情がこみ上げてきます。 やる気や元気がみなぎり、ダイエットを乗り越える意気込みが強くなる。 いずれ想像したことが現実になるのです。 痩せられない自分ではなく、スリムになった自分を想像する。

9
★2

ダイエットに失敗する人は、食べないで痩せようとする。
ダイエットに成功する人は、食べながら痩せようとする。

ダイエットの基本は2つしかありません。 (1)運動 (2)食事制限 どちらも大切であり、ダイエットには必要不可欠。 特に即効性があるのは、食事制限です。 ダイエットといえば、まず食事制限を思い浮かべる人も多いでしょう。 食べなかった分だけカロリーが抑えられ、脂肪が燃焼されます。 食事制限の程度によっては、短期間で痩せることも可能です。 ただし食事制限は、程度が大切です。 ダイエットに失敗する人は、食べないで痩せようとします。 食事制限が大切なので、とにかく食べないことを心がけます。 1日3食から2食にする。 ときどき断食の日を作る。 たしかに食事の回数を減らせば、摂取カロリーも大幅に減るので、減量効果も大きくなるでしょう。 しかし、食べないで痩せようとするのは危険です。 空腹による我慢があまりに大変で、ストレスもたまりがちになります。 摂取カロリーが少ないので、力が出なくなったり頭が回らなかったりなど、日常生活にも支障が出るでしょう。 また食事の回数を減らすと、体質も変わってしまいます。 極端にカロリーを制限すると、その過酷な環境に体が順応しようとカロリーを消費する力が衰え、太りやすい体質に変わります。 せっかくダイエットに成功しても、油断すると、リバウンドによって元に戻ります。 場合によっては、以前より太ってしまうこともあるのです。 まさにダイエットの悲劇。 これでは何のためにダイエットを頑張ったのか分かりません。 一方、ダイエットに成功する人は、食べながら痩せようとします。 きちんと1日3食食べます。 断食の日も作りません。 食べる量は、大幅に減らさず、少し減らす程度。 また食事内容を変えることで、摂取カロリーを制限しようとします。 たとえば「炭水化物中心の食事」から「タンパク質中心の食事」に変える。 ご飯の量は、お茶碗いっぱいからお茶碗半分にする。 パン中心の食事から、ご飯中心の食事に変える。 食べながら痩せようとするので、体質を変えないで済みます。 きちんと食べつつ、食事内容を変えたり、食事量を少し減らしたりするので、無理なく続けやすくなります。 カロリーの少ない食事に変更することで、じわじわ痩せようとします。 ダイエットの方法が健全なので、成功しやすくなるのです。 食べながら痩せようとする。

10
★3

ダイエットに失敗する人は、あまり噛まずに早食いする。
ダイエットに成功する人は、よく噛んでゆっくり食べる。

太っている人には、食べ方に2つの傾向があります。 (1)噛む回数が少ない (2)食べるのが早い 本人は癖になっていて、無自覚という場合があるため、あらためて意識する必要があります。 この2つの食べ方を改善することで、ダイエットの成功に近づけます。 ダイエットに失敗する人は、あまり噛まずに早食いします。 食べるときは、かき込むように食事を口に流し込みます。 一口につき、20回未満しか噛みません。 「満腹感を得るには食事の量が大切」と思っています。 あまり噛まないで食べているので、なかなか満腹感が得られません。 満腹感を得るころには、すでに食べすぎの状態になっているのです。 ダイエットに成功する人は、よく噛んでゆっくり食べます。 「満腹感を得るには噛む回数が大切」と思っています。 一口につき、20回以上噛むことを心がけています。 たとえ消化がいいものでも、できるだけ20回以上は噛むことを心がけます。 よく噛んで食べると、食べるスピードがゆっくりになります。 顎をよく動かすことで脳の満腹中枢を刺激でき、満腹感が得られやすくなります。 よく噛んでゆっくり食べることで、食べすぎる前に食事を抑制できます。 食事の量が少なくても十分な満腹感が得られます。 よく噛むと唾液もたっぷり出るので、消化もよくなります。 よく噛んでゆっくり食べる。

11
★1

ダイエットに失敗する人は、朝食べないで、夜食べる。
ダイエットに成功する人は、夜食べないで、朝食べる。

1日の食事量は同じでも、配分を変えるだけで痩せやすくなります。 人の1日の活動量は、一定ではありません。 一般的に日中と夜中とでは、活動量が違います。 日中は、体や頭をよく使うのでカロリー消費が多くなります。 夕方以降から活動量が減り、カロリー消費も穏やかになります。 睡眠中はじっとしているので、カロリー消費が最も少なくなります。 ダイエットを考えるなら、食事量は、1日の活動量に合わせて調整するのが得策です。 このポイントを、ダイエットに生かしているかどうかが大切です。 ダイエットに失敗する人は、朝食べないで、夜食べます。 朝食は完全に食べません。 食べるとしても、少量で済ませます。 朝は食欲がないので、安易な気持ちで朝食を抜いたり減らしたりしがちです。 そのため、午前中は空腹のまま過ごすことになり、生産性の低い時間が過ぎます。 力が入らないことに気づきながらも「ダイエットなので仕方ない」と自分に言い聞かせます。 ところが夜になると、日中から続く空腹の我慢が限界に近づき、気持ちが緩みます。 「朝食を我慢したから、夕食は食べても大丈夫だよね」と油断して、しっかり食べてしまいます。 夜は睡眠で体を動かさないため、あまりカロリーを消費しません。 カロリーの消費が少ない時間帯にたくさん食べるため、炭水化物が脂肪に変わりやすくなります。 食事量の配分が間違っているので、ダイエットが失敗しやすくなるのです。 ダイエットに成功する人は、きちんと活動量に応じて食事量を調整します。 基本的に夜食べないで、朝食べます。 朝食をしっかり食べても太りません。 日中は頭も体もしっかり動かすので、たくさん食べてカロリーを摂取しても、効率よく消費されます。 しっかり朝食を食べたおかげで、日中はアクティブに活動でき、生産的な時間を送れます。 一方、夜は食事量を少なめにします。 完全に食べないわけではなく、朝食・昼食より量を減らす程度。 睡眠中は、ほとんど体を動かしません。 夜の少ない活動量に合わせて、夜の食事量を減らします。 食事量の配分が正しいので、ダイエットが成功するのです。 1日の活動量に合わせて、朝は食事量を増やして、夜の食事量は減らす。

12
★0

ダイエットに失敗する人は、栄養バランスを無視して痩せようとする。
ダイエットに成功する人は、栄養バランスを考えながら痩せようとする。

健康維持に大切なのは、栄養バランスです。 栄養が不足したり偏ったりすると、体によくありません。 栄養バランスが整ってこそ、体の正常な機能が保たれます。 この考え方は、ダイエットにおいても同じです。 ダイエットでは、食事制限に注意が向く一方、栄養バランスへの意識が弱くなりがちです。 カロリーを減らしても、栄養が不足したり偏ったりすると、健康によくありません。 ダイエットの際は、栄養バランスへの注意喚起が必要です。 ダイエットに失敗する人は、栄養バランスを無視して痩せようとします。 「栄養なんてどうでもいい。痩せることができればいい」と考えています。 これはよくありません。 カロリーを減らしても、栄養が不足したり偏ったりすると、体によくありません。 こうした人が夢中になりやすいのは、1食品だけを食べるタイプのダイエットです。 豆腐だけを食べる、豆腐ダイエット。 野菜だけを食べる、野菜ダイエット。 リンゴだけを食べる、リンゴダイエット。 どれも痩せるには効果的ですが、健康的に痩せられるかというと疑問です。 食事が1食品だけでは、カロリーは制限できても、栄養バランスが偏ります。 極端に栄養が偏り、不健康な状態を招きます。 痩せることができたとしても、健康を損ねては、事実上、ダイエットは失敗です。 ダイエットに成功する人は、栄養バランスを考えながら痩せようとします。 食事制限をしても、栄養バランスだけは気にします。 タンパク質・ビタミン・ミネラルなど、栄養バランスを保ちます。 栄養の中でも特に重要なのが、タンパク質。 タンパク質は、体を作る材料であり、最重要の栄養素です。 私たちの体は、60パーセントは水分ですが、20パーセントはタンパク質からできています。 タンパク質だけは、1日の必要摂取量を心がけます。 たとえば、体重50キログラムの人が必要とするタンパク質は、50グラムです。 タンパク質をはじめ、栄養バランスの取れた食事制限を心がけるからこそ、健康的に痩せられます。 食事制限をしても、栄養バランスだけは心がける。 タンパク質だけは、1日の必要摂取量を心がける。

13
★4

ダイエットに失敗する人は、健康知識が乏しい。
ダイエットに成功する人は、健康知識が豊富。

ダイエットを成功させるには、運動や食事制限が大切です。 では、運動や食事制限を正しく行うために何か必要かというと、健康知識です。 たとえば、栄養バランスの取れた食事を心がけたくても、栄養の知識がなければ、正しく判断できません。 筋トレが大切だと分かっていても、鍛え方や必要な運動量が分からなければ、見当違いになるでしょう。 知識がないと、正しいことを間違いと思い込んだり、間違ったことを正しいと思い込んだりすることもあります。 健康知識があってこそ、運動や食事内容の善しあしが判断できるようになります。 専属のトレーナーに頼るのもいいですが、健康に関する知識は一生役立ちます。 長期で考えると、まず自分がしっかり身につけるのが得策です。 ダイエットに失敗する人は、健康知識が不足しています。 もともと勉強が嫌いです。 ダイエットに関心はあっても、健康や栄養に関する知識には無関心。 健康知識が不足していると、ダイエットにつまずくことが増えてしまいます。 栄養素の働きが分からない。 必要な栄養素が間違っていた。 1日に必要な栄養素の摂取量が分からない。 筋肉の鍛え方が間違っていた。 食事の栄養バランスを整えているつもりでも、できていなかった。 健康的と思っていた方法が、実は効果がなかったり逆効果だったりすることも珍しくありません。 知識がないと、苦労が増えます。 ダイエットで間違ったりつまずいたりすることが増え、失敗しやすくなるのです。 ダイエットを成功させるには、前提として健康知識が必要です。 面倒であっても「自分のため」と思い、しっかり学んでおく必要があります。 ダイエットに成功する人は、健康知識が豊富です。 ダイエットに関する知識は、書籍や雑誌などを通して勉強しています。 ・三大栄養素・ビタミン・ミネラルの種類や効能 ・1日に必要な栄養素の摂取量 ・筋肉の種類や鍛え方 ・有酸素運動の種類 ・有酸素運動で消費されるカロリーの計算方法 ・基礎代謝・体脂肪・BMIなどの専門用語の知識 健康知識があれば、栄養バランスの取れた食事も正しく判断できます。 健康知識があればあるほど、ダイエットでの健康管理も正しくできるようになります。 知識は、ダイエットの強力な武器です。 なくて困ることはあっても、あって困ることはありません。 ダイエットでの間違いを減らし、正しい行動ができるようになります。 健康知識を学んでおく。

14
★0

ダイエットに失敗する人は、ダイエット食品に油断して、食べすぎる。
ダイエットに成功する人は、ダイエット食品を賢く利用する。

ちまたには、痩せたい人向けの食品が販売されています。 いわゆる、ダイエット食品です。 たとえば、カロリーを抑えた食材、糖分がゼロのお菓子、カロリーハーフのソフトドリンク。 糖質や脂質の吸収を抑えるサプリメントも登場しています。 ダイエット食品は、一昔前にはなかった食品です。 科学技術の発達によって生まれた、新しい食材と言えるでしょう。 もちろん利用するのはいいですが「必ず痩せられる」と思い込むのは注意です。 ダイエットの成功を促すとは限りません。 利用法を誤れば、かえって失敗を促すこともあるため、油断は禁物です。 ダイエットに失敗する人は、ダイエット食品に油断して、食べすぎます。 「カロリーが少ないなら、たくさん食べても大丈夫」 「糖質や脂質の吸収が抑えられるなら、どんなに食べても問題ないよね」 「おなかいっぱい食べても痩せる」 ダイエット食品に安心しきって、つい大量に食べてしまう。 これがよくありません。 いくらカロリーを抑えたダイエット食品でも、たくさん食べると、カロリーを取りすぎてしまいます。 「ダイエット食品に頼りすぎたせいで太ってしまった」という事例も少なくありません。 カロリーゼロの食品なら大丈夫と思われがちですが、安心とは言い切れません。 カロリーゼロの食品は、おなかは膨れても血糖値は変わらないため、空腹感は改善しません。 むしろ空腹感が強調されやすいデメリットがあります。 適度に利用する程度ならいいですが、宗教を信仰するかのように依存するのは避けるのが賢明です。 ダイエットに成功する人は、ダイエット食品を賢く利用します。 ダイエット食品を、食事のメインにすることはありません。 あくまでサブとして賢く活用します。 主食は普通の食事を食べつつ、小腹がすいたときなど、適度にダイエット食品を利用する程度です。 接待や人付き合いで飲み会に参加しなければいけないときには、ダイエット用のサプリメントを利用します。 あくまで適度の利用を心がけているので、ダイエット食品の効果を生かせます。 ダイエット食品は、油断して食べすぎず、あくまでサブとして賢く利用する。

15
★2

ダイエットに失敗する人は、ヘルシーな食品に油断する。
ダイエットに成功する人は、ヘルシーな食品こそ注意する。

「ヘルシーな食品は、ダイエットの隠れた敵」 こう聞けば多くの人が「まさか」と思うでしょう。 実際のところ、ダイエットに失敗する人は、ヘルシーな食品に油断する傾向があります。 世の中には「ヘルシー」と呼ばれる食品があります。 たとえば、サンドイッチやコールスローです。 たっぷり野菜が使われているので、ビタミンやミネラルが豊富で、体によさそうな印象を持つでしょう。 しかし、ヘルシーだからとはいえ、ダイエットに有効とは限りません。 サンドイッチは、肉や野菜が含まれていて栄養に優れていますが、チーズやマヨネーズなど高カロリーな食材が使われています。 コールスローも、大量のキャベツが使われていますが、ドレッシングやマヨネーズが使われているため、意外と高カロリーです。 こうした落とし穴に気づいているかどうかは、ダイエットの成否に影響します。 ダイエットに失敗する人は、ヘルシーな食品で油断します。 「ヘルシーなものは、カロリーも控えめ」 「ヘルシーなものをたくさん食べれば、健康にもよい」 「ヘルシーなものなら、どんなに食べても大丈夫」 「ヘルシー」という響きがあるので、安心と思い込み、つい食べすぎてしまう。 その結果、カロリーを取りすぎてしまい、なかなか痩せられません。 本人は「ヘルシーな食品を食べているのに、なぜ痩せないのだろう」と悩みます。 場合によっては、痩せるどころか太ることもあります。 「ヘルシーな食品はダイエットにも有効」という思い込みがあると、思わぬカロリー摂取につながるのです。 ダイエットに成功する人は、ヘルシーな食品こそ注意します。 ヘルシーな食品は、ダイエットの隠れた敵であることを知っています。 「ヘルシーな食品はダイエットにも有効」という思い込みは捨てます。 ヘルシーという言葉や印象に踊らされません。 野菜炒めも「野菜」が付くからダイエットに有効とは限らない。 カボチャサラダやマカロニサラダも「サラダ」が付くからダイエットに有効とは限らない。 あくまで注目するのは「カロリー」と「栄養バランス」です。 ヘルシーな食品に注意する人が、ダイエットの成功を勝ち取るのです。 ヘルシーな食品に注意する。

16
★2

ダイエットに失敗する人は、誘惑を我慢しようとする。
ダイエットに成功する人は、誘惑を回避しようとする。

食への誘惑を、我慢するか、回避するか。 それが問題です。 結論から言えば、どちらも大切であり必要です。 ただし、それぞれ公平に心がけるのではなく、比重の置き方に差があります。 ダイエットに失敗する人は、誘惑を我慢しようとします。 ・料理番組で食欲が出てきても、我慢する ・コンビニでアイスクリームが欲しくなっても、買うのを我慢する ・デパートのお菓子コーナーでお菓子を買いたくなっても、我慢する ・買い置きしているお菓子を見ても、我慢する ・自宅の冷蔵庫にある食材を見ても、我慢する ・楽しそうな飲み会に誘われても、出席を我慢する もちろん誘惑を我慢するのは素晴らしいこと。 食の誘惑によって食欲が湧いても、意志の力で振り払います。 誘惑を振り切ればダイエットは成功しますが、実際はなかなか大変です。 我慢には、強い精神力が必要です。 確実に我慢できるとは限りません。 精神力が弱っているときは、欲求が抑えきれず、誘惑に負けることもあるでしょう。 なにより我慢は、ストレスになります。 我慢をするたびに、ストレスがたまります。 ある程度ストレスがたまれば、いらいらに変わります。 我慢には限界がある。 誘惑を我慢で乗り越えようとすると、いつか限界に達して、ダイエットに失敗しやすくなるのです。 我慢による対処は1つの方法ですが、誰でも簡単にできる方法ではないため、注意が必要です。 我慢より、もっと効果的な誘惑の振り切り方があります。 それが、回避です。 ダイエットに成功する人は、誘惑を我慢ではなく、回避しようとします。 そもそも誘惑があるような場所や機会を回避します。 ・料理番組を見ない ・コンビニには立ち寄らない ・デパートでは、お菓子コーナーに近づかない ・お菓子を買い置きしない ・自宅の冷蔵庫に食材を入れすぎない ・意味のない飲み会に出席しない 誘惑がありそうな機会や場所を回避します。 そもそも誘惑を回避すれば、誘惑に惑わされることがありません。 精神力が弱くても、誘惑を回避すれば、誘惑に負けることもなくなるのです。 誘惑は、我慢するより、回避するようにする。

17
★0

ダイエットに失敗する人は、用事もないのに、コンビニに立ち寄る。
ダイエットに成功する人は、用事がないかぎり、コンビニに行かない。

ダイエット中の最も強い誘惑は、食べ物でしょう。 空腹のときは、食べ物がいつも以上においしそうに見え、食欲が刺激されます。 では、日常生活の中で、最も食欲を刺激する場所はどこか。 コンビニです。 狭い空間に多種多様な食べ物がずらりと並んでいるコンビニは、まさに食のワンダーランド。 コンビニに行けば、おにぎりやお弁当からお菓子やアイスクリームまで、日常の食べ物がほぼすべて揃っています。 これほど食欲を刺激される場所はありません。 ダイエット中の最大の敵といってもいいでしょう。 そんなコンビニとの付き合い方は、ダイエットの成否に関係します。 ダイエットに失敗する人は、用事もないのに、コンビニに立ち寄ります。 買いたいものはありませんが、コンビニは明るくて居心地がいいので、つい安易な気持ちで立ち寄ります。 「ちょっと立ち寄るだけ」 「本を少し立ち読みするだけ」 「ちょっと水を買うだけ」 この油断が命取りです。 コンビニに入った瞬間、おいしそうな食べ物が視界に入り、食欲を刺激されます。 もはや手ぶらで出るのが難しくなり、つい買って食べてしまうのです。 ダイエットしている人にとって、コンビニは禁断の場所。 用事もなくコンビニに立ち寄ると、ダイエットの失敗を招くのです。 ダイエットに成功する人は、基本的にコンビニに立ち寄りません。 コンビニに立ち寄るのは、必要な用事があるときだけ。 立ち寄ったときも、できるだけ最短時間・最短行動で済ませます。 コンビニに立ち寄る回数が少なくなれば、食欲に負けるリスクも低くなります。 用事がないかぎり、コンビニに行かない。

18
★1

ダイエットに失敗する人は、つい間食を食べてしまう。
ダイエットに成功する人は、わずかな間食でも食べない。

食事は、1日3食が基本です。 1日3回の食事のほか、もう1つ誘惑があります。 間食です。 昼食や夕食を終えた数時間後は、小腹がすきやすくなります。 おなかが鳴って苦しくなる。 そんなとき「少しだけ」と思って、間食をしたくなります。 1個のあめ玉、1枚のクッキー、1粒のチョコレート。 どれもかわいい顔をした悪魔。 うっかり手が伸びそうですが、ここはダイエットの成否を分ける場面です。 ダイエットに失敗する人は、うっかり間食を食べてしまいます。 「少しだけなら大丈夫だろう」 「一口くらいなら食べてもいいだろう」 「今日だけは特別」 気持ちが緩んで、間食を一口食べてしまう。 これがよくありません。 一度でも間食を食べると「小腹がすいたら間食を食べてもいい」という例外を作ってしまいます。 「今日だけは特別」と思って、翌日もまた「今日だけは特別」と思ってしまう。 一度例外を作ると、ルールを守る意識が弱くなり、二度も三度も繰り返します。 しかもだんだん間食の量が増えていく。 気づけば、毎日がっつり間食を食べることが日課となり、ダイエットの計画が破綻するのです。 だからこそ、かわいい顔をした悪魔です。 間食という甘いに誘惑に振り回されないことです。 ダイエットに成功する人は、少量の間食でも食べません。 たとえ一口であっても、間食は食べない。 たった一度の間食が、ダイエット計画全体に悪影響を及ぼすことを知っています。 ダイエット中は、例外を作らないことが大切です。 ダイエットを成功させると決めたら、目標を達成するまでは、心を鬼にすることが必要です。 最初は間食がなくて苦しみますが、慣れてくれば、だんだん食べないのが当然になります。 「少し空腹くらいがちょうどいい」と思えるようになるのです。 少量の間食でも食べない。

19
★2

ダイエットに失敗する人は、食べることばかり考えている。
ダイエットに成功する人は、食べる以外のことを考えている。

ダイエットに失敗する人は、食べることばかり考えています。 食事制限をしていると、その反動でいつもより食べることを考えてしまいがちです。 時間があれば「食べたい、食べたい」と考えている。 無意識のうちに、ごちそうを食べている様子を思い浮かべてしまう。 他人が食事をしているところを、じっと見つめてしまう。 雑誌を読んでいると、料理のページを見つけ、頭から離れなくなる。 「ダイエット、ダイエット」と思えば思うほど、食べるものを考えてしまいがちです。 食べることは人の三大欲求の1つ。 人の自然な欲求なので、つい考えてしまうのは仕方ありません。 おなかがすけば、食欲が湧くのは自然なことです。 しかし、食べることばかり考えても何も解決しません。 意識が食に向いていると、空腹感も強調され、ますます食欲が出てきます。 ストレスがたまり、あるとき限界に達して食べてしまうのです。 ダイエットに成功する人は、食べる以外のことを考えています。 食べたい気持ちを忘れるくらい、別のことに集中しています。 たとえば、仕事です。 仕事に集中している間は、食べることを忘れます。 スポーツに集中している間も、食べることを忘れられるでしょう。 趣味に熱中している間も、空腹を感じにくくなります。 食べる以外のことに熱中するのがダイエットの近道です。 周りが見えなくなるほど夢中になれる時間があると、ダイエットは楽になります。 何かに熱中して、食べる以外のことを考えるようにする。

20
★0

ダイエットに失敗する人は、有酸素運動や筋トレが欠けている。
ダイエットに成功する人は、有酸素運動と筋トレの両方をしている。

ダイエットには運動が欠かせません。 ただ運動をすればいいわけではなく、大切なのは運動の種類です。 ダイエットに有効な運動は、2種類あります。 「有酸素運動」と「筋トレ」です。 ▼ダイエットに有効な運動 (1)有酸素運動 有酸素運動とは、酸素を取り入れながら行う運動のことです。 たとえば、ウォーキング・ジョギング・ランニング・エアロビクス・サイクリングです。 有酸素運動は、多くのカロリーを消費するため、体力や持久力を養うのに効果的です。 (2)筋トレ 筋トレは、無酸素運動の1つです。 無酸素運動とは、酸素を取り入れる時間がないほどの短時間にエネルギーを消費する運動のことです。 筋トレによって筋肉量を増やすことで、基礎代謝を上げ、脂肪燃焼を促す効果があります。 ▲ ダイエットに失敗する人は、有酸素運動や筋トレが欠けています。 片方だけでもダイエットは可能ですが、効率が悪くなります。 ダイエットを効率よく行うなら、有酸素運動と筋トレの両方を心がけるのが理想的です。 両方を心がけることで、ダイエットの実現が加速します。 最もよくないのは、完全に運動を避けてしまうことです。 まったく運動をしないで、食事制限だけでダイエットをするのは危険です。 脂肪だけでなく筋肉量も減って、基礎代謝力が落ちます。 痩せることができても、太りやすい体質になります。 ダイエットに成功する人は、有酸素運動も筋トレもしています。 有酸素運動で、たっぷりカロリーを消費しながら、体力と持久力を養います。 筋トレで、筋肉量を増やしながら基礎代謝を上げ、太りにくい体を作ります。 筋肉がつく分だけ体重も増えますが、心配はありません。 体重が増えるデメリットより、基礎代謝を上がるメリットのほうが大きいため、総合的に考えるとダイエットに効果的です。 また鍛えて筋肉が増えると体が大きく見えそうですが、ここにも誤解があります。 適度な筋トレなら、筋肉がつくことで体が引き締まり、むしろ体のシルエットが美しくなります。 有酸素運動と筋トレの両方を心がけたとき、運動によるダイエット効果が最大限に発揮されるのです。 有酸素運動と筋トレの両方を心がける。

21
★1

ダイエットに失敗する人は、筋肉を減らそうとする。
ダイエットに成功する人は、筋肉は減らさず、脂肪を減らそうとする。

体が細くなることを「痩せる」といいます。 痩せたからには何かが減っています。 何かが減ったから痩せるわけですが「何を減らしたか」が大切です。 体が痩せるとき、大きく分けて2つのパターンがあります。 (1)脂肪が減って痩せる (2)筋肉が減って痩せる そのほか、汗・排尿・排便によって体重が減る場合もありますが、本来の痩せる意味とは異なるため、ここでは除外します。 どちらの痩せ方をするのがいいか。 理想的な痩せ方は、脂肪が減ることです。 余分な脂肪を取り除いてこそ、ダイエットの成功と言えます。 しかし多くの人が「脂肪が減る痩せ方」と「筋肉が減る痩せ方」を混在しています。 同じ痩せ方でも、それぞれは意味が異なるので区別する必要があります。 ダイエットに失敗する人は、筋肉を減らそうとします。 筋肉を減らすのは簡単です。 運動を避ければいいだけだからです。 体を動かさなければ、筋肉も減って痩せられます。 現代社会は、運動を避ける便利な道具がたくさんあります。 ・エレベーター・エスカレーターを最大限に活用する ・わずかな移動も車を使う ・定期的な運動習慣もなし できるだけ運動を避ければ、筋肉量が減って、痩せられます。 しかし、筋肉量を減らす痩せ方は、誤ったダイエットです。 筋力が落ちると体力や持久力も落ちてしまい、日常生活に支障をきたすでしょう。 なにより筋肉量が減ると、基礎代謝が落ちます。 脂肪燃焼させる力が弱くなるため、太りやすく痩せにくい体質になります。 筋肉量が減って痩せた場合、ダイエットの成功とは言えません。 見かけはスリムだとしても、実質的には失敗なのです。 ダイエットに成功する人は、筋肉は減らさず、脂肪を減らそうとします。 むしろ積極的に筋肉は増やそうとします。 ・できるだけエレベーター・エスカレーターは控え、階段を使う ・短い距離なら歩いて移動する ・有酸素運動と筋トレで、体を鍛える しっかり運動をしているので、体力や持久力もつき、一定の筋肉量を保っています。 筋肉量が増えると、基礎代謝が増えるため、痩せやすい体質になります。 脂肪は邪魔になっても、筋肉は邪魔になりません。 筋肉は減らさず、脂肪を減らしてこそ、ダイエットの成功と呼べるのです。 ダイエットでは、筋肉は減らさず、脂肪を減らすようにする。

22
★2

ダイエットに失敗する人は、普段の生活とは別に運動する機会を作る。
ダイエットに成功する人は、普段の生活に運動する機会を取り入れる。

ダイエットに失敗する人は、普段の生活とは別に運動する機会を作ります。 たとえば、スポーツジムへの入会です。 わざわざ高い会費を払ってスポーツジムへ行き、トレーニングマシンで運動します。 もちろんスポーツジムは、運動を効率よくできる素晴らしい場所です。 大きなプールやエクササイズルームもあって、便利な場所です。 スポーツジムに仲間たちがいれば、楽しく運動もできるでしょう。 運動を愛する人たちから刺激を受け、モチベーションも高まるはずです。 しかし、スポーツジムに入会しても、うまく習慣になるとは限りません。 「スポーツジムまで行く」という行為は、なかなか手間暇がかかります。 普段の生活とは別に運動する機会を作っているため、意識をしないと忘れがちです。 面倒で手間暇がかかると、人間はサボりがちになります。 特に仕事が忙しいと、なかなか時間を作れず、思うように通えないでしょう。 だんだんスポーツジムに通う頻度が少なくなる。 いつの間にかほとんど通わなくなっているのです。 ダイエットに成功する人は、普段の生活に運動する機会を取り入れます。 たとえば、仕事の帰り、降りる一駅手前で下車して、家までは歩いて帰ります。 大股で早歩きをすれば、立派なウォーキングになります。 またエレベーターやエスカレーターを使わず、階段を使うのもよい方法です。 小さな心がけですが、毎日こつこつ続ければ、よい運動習慣になるでしょう。 知恵を働かせれば、ほかにも小さな工夫が見つかります。 歩くとき、つま先立ちをしてみる。 買い物のときは、自転車や車を使わず、歩いて行く。 寝る前は、筋トレを日課にする。 ペットボトルをダンベルの代わりにする。 普段の生活の中に運動する機会を作れば、習慣を少し変えるだけなので、手間が小さくて済みます。 最初は少し面倒に思えても、毎日繰り返していれば、だんだん当たり前の習慣になります。 普段の生活に運動する機会を取り入れることで、ダイエットも成功しやすくなるのです。 運動する機会は、普段の生活とは別に作るより、普段の生活に取り入れる。

23
★1

ダイエットに失敗する人は、夜更かしをする。
ダイエットに成功する人は、早めに寝る。

夜更かしとダイエットには関係があります。 実のところ夜更かしは、ダイエットの大敵です。 ダイエットに失敗する人は、夜更かしをする傾向があります。 夜遅くまで起きるのが習慣になっていて、寝るのは日付が変わった後。 安易な理由で夜更かしをしがちです。 「夜の雰囲気が好き」 「夜のほうが集中しやすい」 「寝るとその日が終わってしまう。少しでも1日を長く感じたい」 もちろん都合があって夜更かしをしなければいけないときもありますが、ダイエットにはよくありません。 夕食を食べてから夜遅くまで起きていればいるほど、空腹を感じやすくなります。 しかも夜は、思考力や精神力が弱っている時間帯です。 空腹感に耐える力が弱っているので、遅くまで起きていればいるほど、間食の誘惑を振り切るのが難しくなります。 ダイエットを成し遂げようとする気持ちが強い人でも、夜更かしをすると決意が弱まり、油断しやすくなります。 夜更かしを避けることが、ダイエットの失敗を避けることにもつながるのです。 ダイエットに成功する人は、夜更かしを避け、早めに寝ます。 夜更かしは、ダイエットによくないことを知っているので油断しません。 おなかがすく前に寝てしまえば、空腹感と戦う必要がなくなります。 夜更かしをしなければいけないときもありますが、少しでも減らす努力をします。 人付き合いで夜に宴会や懇親会があれば、できるだけ早めに切り上げるようにします。 二次会があっても、きちんと断ります。 早めに寝るので、睡眠時間も十分確保でき、朝の目覚めもすっきりします。 できるだけ夜更かしは避け、夜は早めに寝る。

24
★0

ダイエットに失敗する人は、痩せすぎて貧相になる。
ダイエットに成功する人は、痩せて健康的になる。

ダイエットの落とし穴。 それは「痩せすぎ」です。 「痩せる」と「痩せすぎ」は似て非なるもの。 痩せるのはよくても、痩せすぎはよくありません。 痩せることに過剰な信仰があると、現実を見失い、ダイエットの限度を超えてしまうことがあります。 ダイエットに失敗する人は「とにかく痩せれば痩せるほどよい」と思い込んでいます。 過度の食事制限を繰り返し、痩せることに没頭します。 自分にとって適正な体重を把握していません。 把握していたとしても、無視して、とにかく少しでも痩せようとします。 その結果、どうなるか。 貧相になるのです。 顔がげっそり痩せこけている。 顔色が悪く、表情も暗い。 骨が浮き出るほど、手足が細い。 肌は荒れて、つやもない。 体全体から幸せが薄い雰囲気が出ている。 見ていられないほど、貧相な姿になっているのです。 痩せても、貧相になってはダイエットが失敗です。 健康のために始めたダイエットが、以前より不健康な結果に終わるのです。 ダイエットは、あくまで適度の範囲が大切です。 健康的な外見になるよう痩せることが、本当の意味での成功です。 ダイエットに成功する人は、きちんとダイエットの適度を見極めています。 やみくもに痩せようとはしません。 きちんと健康を意識した適度の範囲で心がけます。 BMIは「普通体重」の範囲です。 有酸素運動と筋トレをしながらダイエットをしているので、筋肉量を保っています。 きちんと1日3食食べているので、心も体も元気です。 栄養バランスのある食事なので、肌も髪もつやもいい。 健康的に痩せてこそ、周りから「生き生きしているね」「スリムになったね」と言われるようになります。 以前よりモテるようにもなるのです。 貧相に見えるほど痩せすぎるのは避ける。

25
★1

ダイエットに失敗する人は「痩せれば痩せるほどよい」と考えている。
ダイエットに成功する人は「痩せすぎはよくない」と考えている。

ダイエットでは、適度が大切です。 もちろん太りすぎているなら、標準体重まで痩せることは美容にも健康にも有効です。 余計な脂肪は、外見が悪くなるだけでなく、動脈硬化・高血糖・心筋梗塞など、さまざまな病を引き起こす原因になります。 肥満体形なら、積極的にダイエットを心がけるのが得策です。 一方、すでに標準体形なら、ダイエットの取り組み方には注意が必要です。 ダイエットに失敗する人は「痩せれば痩せるほどよい」と考えています。 「痩せれば痩せるほど魅力的になる。健康になる。モテるようになる」 ダイエットに誤解があり、少しでも痩せようとあらゆる手段を尽くします。 どれだけ痩せても満足せず、ダイエットを続けます。 これは非常に危険です。 痩せすぎは、美容にも健康にもよくありません。 骨と皮だけになった姿は、貧相に見え、痛々しいでしょう。 食事制限も、完全に食べないのはよくありません。 過度のダイエットは、拒食症に発展する可能性があります。 最悪の場合、栄養失調で命にかかわることもあります。 悪者と思われがちな脂肪は、三大栄養素の1つでもあります。 健康維持には、ある程度の脂肪も必要です。 際限なく痩せようとすると、かえって美容と健康を損ねてしまうため、注意が必要です。 ダイエットに成功する人は「痩せすぎはよくない」と考えています。 やみくもに痩せるのではなく、あくまでBMIの「普通体重」の範囲を守りながら痩せようとします。 多少脂肪があったとしても、気にせず、健康に必要と考えます。 美容と健康が維持できるダイエットこそ、成功です。 「痩せれば痩せるほどよい」という考えは捨てて「痩せすぎはよくない」と考える。

26
★1

ダイエットに失敗する人は、人からの注意を無視する。
ダイエットに成功する人は、厳しい注意ほど熱心に聞く。

ダイエットを始めると、だんだん自分を客観視しにくくなります。 ダイエット中は、いつも以上に自分を見つめる状態になります。 自分に集中していると、主観的になれても、客観的になりにくい。 「痩せたい」という願いが強ければ強いほど、わずかな脂肪すら大きく感じられます。 やせ細った自分さえ、見慣れてくると普通に見えてきます。 時には、十分スリムなのに、太っているように見えるから不思議です。 自分から見た自分が、正しいとは限りません。 自分で自分を見ると、感情や先入観が真実を曲げ、自分を正しく見られなくなることがあります。 そこで大切なのが、人からの注意です。 人から注意された言葉に注目すれば、自分の客観的な様子を確認しやすくなります。 特に厳しい注意ほど耳を覆いたくなりますが、真実である可能性が高いため、誠実に受け止めることが大切です。 ダイエットに失敗する人は、人の注意を無視します。 「痩せすぎだよ」と言われても「そんなことない」と否定します。 「もうダイエットはやめたほうがいい」と忠告されても「とんでもない。もっと痩せたほうがいい」と否定します。 軽く聞き流し、真面目に取り合わない。 「他人に自分の何が分かるのか」と言わんばかりの雑な対応です。 そのため、限度を超えたダイエットになりすぎることがあります。 人の注意を無視して、自分の理想を追い求めます。 理想に向かっているつもりですが、実際は破滅の道に突き進んでいるのです。 ダイエットに成功する人は、他人の厳しい注意ほど熱心に聞きます。 親から「それ以上痩せないほうがいい」と注意されたら、否定したい気持ちをこらえ、自分を見つめます。 あらためて自分を見ると、たしかに親の言うとおり、十分スリムだと気づくことがあります。 友達から「もう少し太ったほうがいい」と指摘されたときも、言い返したい気持ちを我慢します。 鏡で冷静に自分を見ると、痩せるより太ったほうがいいと気づくこともあります。 人の注意を素直に受け止めると、見失っていた客観性を取り戻せます。 誤ったダイエットを防ぎやすくなるのです。 人からの注意は、否定せず、真面目に受け止める。

27
★1

ダイエットに失敗する人は、1人で頑張って、いつの間にか挫折する。
ダイエットに成功する人は、仲間と頑張って、励まし合う。

1人でダイエットを頑張ると、失敗しやすくなる場合があります。 もちろん1人で始めるのが悪いわけではありません。 基本的にダイエットは、1人でするもの。 痩せるのは自分ですから、頑張るのも自分です。 1人でダイエットするほうが楽という人もいるでしょう。 しかし、1人が楽だということは、諦めるのも楽ということです。 1人で頑張ると、気持ちを分かち合う仲間がいないので、孤独感が強くなります。 ダイエットとの戦いに、孤独との戦いも加わるため、不安やストレスが倍増します。 孤独感に悩みながら、いつの間にかダイエットに挫折しているのです。 1人で行動するのが向いている人もいるため一概には言えませんが、もともと孤独に弱い自覚がある人は、注意が必要です。 ダイエットに成功する人は、仲間と頑張ります。 同じダイエットをする人を募って、一緒にダイエットを始めます。 もし身近に仲間がいなければ、インターネット上で探します。 広大なインターネットの世界なら、簡単にダイエットの仲間を見つけられるでしょう。 自分一人なら孤独の戦いですが、仲間がいると、力や勇気が湧いて頑張りやすくなります。 仲間がいれば心強いもの。 毎回お互いの成果を発表し合えば、適度な刺激になるでしょう。 「褒められたいから頑張る」という気持ちも、時には大切です。 悩んだときは、相談相手にもなるでしょう。 くじけそうになったときは、励まし合って、やる気をもらうこともあるでしょう。 もともと精神力が弱くて挫折しやすい人でも、仲間がいれば、実現の可能性が見えてくるはずです。 仲間とダイエットを頑張って、励まし合う。

28
★1

ダイエットに失敗する人は、食べすぎたとき、自己嫌悪で落ち込むだけ。
ダイエットに成功する人は、余分に運動を増やして、ゼロにする。

ダイエット中、うっかり食べすぎることがあります。 人間も完璧ではありません。 食べすぎはいけないと分かっていても、油断して食べすぎることがあります。 間食が悪いと分かっていても、魔が差して食べてしまうことがあります。 あるいは、人付き合いの都合上、出席しなければいけない宴会や懇親会もあるでしょう。 特に取引先との接待など、直接仕事に関係することは、断るほうが難しいはずです。 うっかり食べすぎるのは、人間ですから仕方ありません。 大切なのは、食べすぎた後の行動です。 ダイエットに失敗する人は、食べすぎたとき、自己嫌悪で落ち込みます。 「また食べてしまった」 「自分が情けない」 「自分は本当に心の弱い人間だ」 失態を犯した自分を責めて自己嫌悪になり、落ち込みます。 普通なら落ち込んでもしばらく時間が経てば回復しますが、ダイエット中の落ち込みは回復しにくい傾向があります。 空腹感のせいでなかなか元気が出ず、落ち込みから回復しにくいのです。 空腹でふらふらになっている上、自己嫌悪で自分を攻撃して、ストレスの限界に達します。 途中で嫌になって、ダイエットに挫折するのです。 ダイエットに成功する人は、余分に運動を増やして、ゼロにします。 100キロカロリーを余分に食べてしまえば、100キロカロリー分を運動で消費します。 ウォーキングやジョギングなら、およそ1.5キロメートルの距離を走る運動です。 きちんと運動量を増やして解決するなら、余計な罪悪感や自己嫌悪に悩む必要がなくなります。 健康的な解決法なので、デメリットもありません。 食べすぎたとき、落ち込むだけで終わらせず、余分に運動を増やしてゼロにする。

29
★3

ダイエットに失敗する人は、達成後のプランがない。
ダイエットに成功する人は、達成後に叶えたい夢がある。

ダイエットの基本的な目的は、痩せること。 太りすぎているなら、標準体重まで減量したほうが美容にも健康にも有効です。 肥満の改善は早ければ早いほどいい。 症状が出てからでは手遅れになる場合もあるため、早めの解決を心がけるのが得策です。 ただし、ダイエットだけが最終目的ではつまらない。 ダイエットの成功は、ダイエットだけが目的なのか、それ以上の何かがあるのかで変わります。 ダイエットに失敗する人は、達成後のプランがありません。 ダイエットだけが目的になっています。 「痩せた」「体重が減った」「スリムになった」というだけで終わりです。 もちろんダイエットだけの目的もいいですが、強力なモチベーションに欠けます。 本気でダイエットを達成させたいなら、もっと強烈な目的を持ったほうがいい。 それが、ダイエットを達成した後の夢です。 痩せると、新しい自分に生まれ変われます。 痩せることができたからこそ、叶えられる夢を持つことが大切です。 ダイエットに成功する人は、達成後に叶えたい夢があります。 「ダイエットに成功したら、好きな人に告白したい」 「ひとまわりスリムな洋服を着て、思いきりおしゃれを楽しみたい」 「水着を着て、海で思い出を作りたい」 「写真館できれいな写真を撮りたい」 「フルマラソンに挑戦したい」 夢を作ると、ダイエットの達成があくまで1つの目標になります。 ダイエットの達成後の夢は、ダイエットより強いモチベーションを生みます。 夢を作ると、それが強力な磁石になり、引き寄せられます。 ダイエットの本当の目的が定まることで、心が引き締まり、達成したい気持ちが強くなる。 貴い夢に引き寄せられ、体から無限の力が湧いてくるのです。 ダイエットだけと目的にするのではなく、ダイエットをした後の夢を目的にする。

30
★5

ダイエットに失敗する人は、頑張って達成しようとする。
ダイエットに成功する人は、楽しみながら達成しようとする。

ダイエットに失敗する人は、頑張って達成しようとします。 運動が面倒だけど、頑張る。 食事制限がつらいけど、頑張る。 ダイエットに必要な勉強がだるいけど、頑張る。 気合を入れ、やる気と根性でダイエットを乗り越えようとします。 もちろん頑張る姿勢は素晴らしいこと。 自分にむちを打ち、歯を食いしばりながら努力する。 怠ける姿勢に比べれば、はるかに立派でしょう。 しかし、頑張りに応じてストレスも大きくなりがちです。 頑張っていると、悲しくて痛ましい雰囲気も出やすくなります。 頑張ることには限界があります。 ダイエットは長期戦が基本です。 最初は大丈夫ですが、ダイエット期間が長くなればなるほど、頑張り続けるのが苦しくなります。 ストレスに耐えることはできても、耐えてばかりではつらくなります。 気力・体力・精神力の消耗が延々と続くと、いつかは心が折れるのです。 ダイエットに成功する人は、楽しみながら達成しようとします。 運動を義務とは思いません。 わくわく楽しみながら運動します。 食事制限を不幸とは考えていません。 空腹を快感と思いながら食事制限をします。 ダイエットに必要な勉強も面倒とは思いません。 新しい知識による学びや発見にわくわくしながら勉強します。 楽しむ気持ちがあると、ストレスに強くなります。 むしろストレスが快感として心地よく感じるようになります。 楽しむ気持ちがあれば、ダイエットが長期戦になっても乗り越えられます。 ダイエットを楽しむ気持ちこそ、ダイエットを成功させる最大のコツなのです。 ダイエットという行為を、頑張るのではなく、楽しむ。

同じカテゴリーの作品