言葉

人間関係で注意したい
30の余計な一言

読んだ お気に入り5
19

否定の言葉を2回繰り返すと、
さらに印象が悪くなる。

否定の言葉を2回繰り返すと、さらに印象が悪くなる。 | 人間関係で注意したい30の余計な一言

軽い気持ちで、否定の言葉を、2回繰り返すことがあります。

「ダメ。ダメ」

「違う。違う」

「やめた。やめた」

よく聞かれる言葉ですね。

悪気があって、言っているのではありません。

強調したいと思い、軽い気持ちで口にしているのは、分かります。

 

しかし、強調すると、感じが悪くなるものです。

否定の言葉は、それにネガティブな意味があります。

ネガティブな否定の言葉を強調しすぎると、慌てて話をしているような印象があり、聞いた側も焦ります。

品が失われ、印象が悪くなります。

否定の言葉を2回繰り返しても、いいことはありません。

会話のテンポが悪くなるだけです。

2回繰り返しそうになったら、1回にしましょう。

「ダメ」

「違う」

「やめた」

すっきりした印象になりましたね。

意味は十分に通じます。

否定の言葉だからこそ、一言です。

余分な言葉を削ることで、会話に磨きがかかります。

まとめ

人間関係で注意したい余計な一言 その19
  • 否定の言葉は、一言にまとめる。
「最近、楽しいことがない」と嘆く人は、楽しいことを探しに行こうとしていない。

もくじ
人間関係で注意したい30の余計な一言
否定の言葉を2回繰り返すと、さらに印象が悪くなる。 | 人間関係で注意したい30の余計な一言

  1. 振り返る習慣があれば、言葉遣いの改善はどんどん早くなる。
  2. 「よく言われます」の一言が、相手をがっかりさせる。
  3. 「そうだよ」という一言が、相手を不快にさせることもある。
  4. 癖を直さない人にありがちな言い訳。
    「誰にも迷惑をかけていない」。
  5. 自分の気持ちを正確に伝えるのは難しい。
    あなたがそうであるように、相手もそう。
  6. コンプレックスや弱点を刺激する呼び方は、控えたほうが賢明。
  7. 「そんなふうに見えない」という一言が、相手を傷つけることもある。
  8. 頑張っている人には「頑張ってね」より「無理しないでね」。
  9. 「面倒くさい」という一言は、思考を停止させる言葉。
  10. 「どうでもいい」という一言は、会話を途切れさせる言葉。
  11. 「いろいろあったんです」という一言は、会話が途切れる言葉。
  12. 独り言を言いながら仕事をする人に、どう指摘するか。
  13. 太っている人に「痩せなさい」という助言は、むしろ逆効果。
  14. 「こうなると思っていた」は、後出しのじゃんけんと同じ。
    周りをあきれさせる言葉。
  15. 「ありがとうございました」と言われたとき、どんな返事をしていますか。
  16. 「分かっている」と言いそうになったときの考え方。
  17. 自分のことを「ばばあ」と呼ぶのは、謙遜ではなく、傲慢。
  18. 決め付ける言い方は、相手を不快にさせやすい。
  19. 否定の言葉を2回繰り返すと、さらに印象が悪くなる。
  20. 「最近、楽しいことがない」と嘆く人は、楽しいことを探しに行こうとしていない。
  21. 会話が続かないのは、会話が続かない返事になっている。
  22. 楽しい話は、楽しそうに話そう。
    悲しい話は、悲しそうに話そう。
  23. 同じ人に、同じ話を何度もしない。
  24. 「言っている意味、分かりますか」という言い方はしない。
  25. 「するべき」より「したほうがいい」。
  26. なぜ「暇なときに会いましょう」という言い方では、会ってくれないのか。
  27. 相手の話が分かりやすいと思ったら「分かりやすい」と言ったほうが喜ばれる。
  28. 「すみません。
    ありがとうございます」より「ありがとうございます。
    助かります」。
  29. 「これくらいできるよね」という口癖は、避けたほうがいい。
  30. 「会うのが恥ずかしい」より「会うのが楽しみ」。

同じカテゴリーの作品