人生の教科書



生き方
睡眠時間の短さを自慢するのではない。
起きている時間の集中力と生産性を自慢するのだ。
スキル
時間の質を上げる基本は、集中力。
仕事効率化
「ゆっくりした時間」を作るために「忙しさ」を受け入れよう。
人生論
最も価値の高いプレゼントは、時間。
人生論
時間だけは、すべての人に平等な資源。
スキル
時間は、自分を厳しく叱ってくれる先生。
言葉

人間関係で注意したい
30の余計な一言

お気に入り2 読んだ
30

「あと1時間しかない」より
「まだ1時間もある」。

「あと1時間しかない」より「まだ1時間もある」。 | 人間関係で注意したい30の余計な一言

締め切り期限まで、残り時間が少ない状況があります。

 

たとえば、資料作成の提出期限まで「あと1時間」という差し迫った状況があるとします。

1時間では、新しい資料を追加したり、十分見直しを確認したりするには、時間に余裕がありません。

時間に余裕がないときは「あと1時間しかない」と思うのが普通でしょう。

追い詰められて焦ると、さらに集中がしにくくなるという悪循環。

 

しかし、そんなときこそ、逆の発想でポジティブに考えてみてください。

「あと1時間しかない」ではなく「まだ1時間もある」と考えるのです。

するとどうでしょう。

短いはずの1時間が、少し長くなったように感じるのではないでしょうか。

たった1時間でも、必死になれば、高い集中力を発揮できるでしょう。

本気になれば、多くの仕事ができるでしょう。

「まだ1時間もある」と思えば、考え方がポジティブになっているため、高い集中力が発揮できます。

同じ1時間でも、考え方をポジティブにすることで、よりよい結果を生み出せるはずです。

言葉遣いを変えるだけで、ピンチに対する感じ方も変わります。

言葉遣いには、未来を変える力があるのです。

たかが1時間、されど1時間。

1時間しかないと思うのではなく、まだ1時間もあると考えましょう。

まとめ

人間関係で注意したい余計な一言 その30
  • 残り時間が1時間の状況は「あと1時間しかない」より「まだ1時間もある」と考える。
次のページ >>
まとめ

もくじ
(人間関係で注意したい30の余計な一言)

同じカテゴリーの作品