人生の教科書



恋愛がしたい

恋愛上手になる
30の方法

お気に入り3 読んだ
15

「嫌だ」という口癖があると、
恋愛のチャンスを逃す。

「嫌だ」という口癖があると、恋愛のチャンスを逃す。 | 恋愛上手になる30の方法

「嫌だ」という口癖があるなら、要注意です。

あれもこれも「嫌だ」と言っていると、モテません。

 

たとえば、次のような状況をイメージしてみてください。

「今度一緒に食べに行こう」と誘ったとき「嫌だ」と言われる。

「ちょっと手伝ってほしい」とお願いしたとき「嫌だ」と断られる。

「どちらが好みか」と聞いたとき「どちらも嫌だ」ときっぱり拒否される。

否定をするのは伝わりますが、どぎつい印象があります。

「嫌だ」という一言は、否定のニュアンスが強すぎます。

好き嫌いが激しい上、自己主張も強いと、付き合いづらいと思われます。

わがままな印象も与えるため、品位を下げる原因にもなるでしょう。

「嫌だ」という言葉は、否定のニュアンスが強すぎるため、恋愛のチャンスまで逃してしまうのです。

否定の意味を伝えるなら、優しくて上品な響きのある言葉を使いましょう。

 

たとえば「気が進まない」という表現です。

同じ否定の意味でも、印象が違います。

前向きではないことを伝えられるため、優しく否定できます。

そのほか「ちょっと難しい」「忙しい」「時間がない」などの表現も許容範囲です。

シンプルに「ごめんなさい」と謝れば、遠回しに断っていることが伝えられます。

否定を伝えるなら、できるだけ柔らかい表現で伝えるほうが賢明です。

まとめ

恋愛上手になる方法 その15
  • 否定の意味を伝えるなら
    「嫌だ」ではなく
    「気が進まない」と言い換える。
会話中に「ある情報」を盛り込むと、相手をどきどきさせられる。

もくじ
(恋愛上手になる30の方法)

同じカテゴリーの作品