恋愛がしたい

恋愛上手になる
30の方法

読んだ お気に入り3
15

「嫌だ」という口癖があると、
恋愛のチャンスを逃す。

「嫌だ」という口癖があると、恋愛のチャンスを逃す。 | 恋愛上手になる30の方法

「嫌だ」という口癖があるなら、要注意です。

あれもこれも「嫌だ」と言っていると、モテません。

 

たとえば、次のような状況をイメージしてみてください。

「今度一緒に食べに行こう」と誘ったとき「嫌だ」と言われる。

「ちょっと手伝ってほしい」とお願いしたとき「嫌だ」と断られる。

「どちらが好みか」と聞いたとき「どちらも嫌だ」ときっぱり拒否される。

否定をするのは伝わりますが、どぎつい印象があります。

「嫌だ」という一言は、否定のニュアンスが強すぎます。

好き嫌いが激しい上、自己主張も強いと、付き合いづらいと思われます。

わがままな印象も与えるため、品位を下げる原因にもなるでしょう。

「嫌だ」という言葉は、否定のニュアンスが強すぎるため、恋愛のチャンスまで逃してしまうのです。

否定の意味を伝えるなら、優しくて上品な響きのある言葉を使いましょう。

 

たとえば「気が進まない」という表現です。

同じ否定の意味でも、印象が違います。

前向きではないことを伝えられるため、優しく否定できます。

そのほか「ちょっと難しい」「忙しい」「時間がない」などの表現も許容範囲です。

シンプルに「ごめんなさい」と謝れば、遠回しに断っていることが伝えられます。

否定を伝えるなら、できるだけ柔らかい表現で伝えるほうが賢明です。

まとめ

恋愛上手になる方法 その15
  • 否定の意味を伝えるなら「嫌だ」ではなく「気が進まない」と言い換える。
会話中に「ある情報」を盛り込むと、相手をどきどきさせられる。

もくじ
恋愛上手になる30の方法
「嫌だ」という口癖があると、恋愛のチャンスを逃す。 | 恋愛上手になる30の方法

  1. 好きな人の顔を、どれだけ細かく思い出せますか。
  2. 好きな人と会うたびに、何かのチャンスだと考える。
  3. 周りからネガティブな言葉を言われたくらいで、恋愛を諦めない。
  4. 友達の協力によって始まる恋愛もあっていい。
  5. かわいい嘘はよくても、信頼を傷つける嘘はいけない。
  6. 「忙しいのにありがとう」と言える人が、モテる。
  7. デートが始まるのは、どの瞬間のことをいうのか。
  8. デートは、別れた後もしばらく続いている。
  9. 恋のチャンスをつかめる人は、予定を変更するときでも、アピールを忘れない。
  10. 恋愛は、恥ずかしい言葉を言うくらいでちょうどいい。
  11. 妄想とは、いわばイメージトレーニング。
    妄想をすればするほど、本番に強くなる。
  12. 疑いの一言は、冗談のつもりでも、信頼関係を傷つける。
  13. 恋愛映画・恋愛ドラマが白けた見方になっていると、いい恋愛もできない。
  14. 恋愛の勉強をしていることは、内緒にしておくほうがいい。
  15. 「嫌だ」という口癖があると、恋愛のチャンスを逃す。
  16. 会話中に「ある情報」を盛り込むと、相手をどきどきさせられる。
  17. 恋愛で大切なのは、高価なブランド品ではなく、魅力的な人間性。
  18. 着やせ効果にも限界がある。
  19. 恋人との電話やメールの、ちょうどよい量や回数とは。
  20. 工夫と反省は、恋愛を成功に導くために必要不可欠な要素。
  21. 好きな人にどれだけ集中できているかを確認する方法。
  22. 「運命みたいだね」という一言は、恋愛を促す言葉。
  23. 「今、忙しい」と言われたときのリアクションが大切。
  24. 誰かを憎んで一番苦しむのは、自分。
  25. 恋のチャンスをつかむ人は、他人の恋を憎むのではなく、やる気に変える。
  26. 外せない用事ができて、デートをキャンセルするときのマナー。
  27. 口説き文句を覚えるより、自分の言葉のほうがさらに大切。
  28. ラブレターが書ける時期は、限られている。
  29. レストランでおいしく食事を終えたときに言いたい一言。
    「また来ようね」。
  30. 恋愛上手は、告白して振られても、前向きにとらえる。

同じカテゴリーの作品