執筆者:水口貴博

人間関係で注意したい
30の余計な一言

3
10

「そうだよ」という一言が、
相手を不快にさせることもある。

「そうだよ」という一言が、相手を不快にさせることもある。 | 人間関係で注意したい30の余計な一言

「そうだよ」とは、相手の発言に同意する言葉です。

ところがこの一言は、時と場合によって、相手を不快にさせることもあるため配慮が必要です。

たとえば、次のようなやり取りを経験したことはありませんか。

「あの人は頭がいいですね」と言ったとき「そうだよ」と返事をされる。

「初めて知りました。すごいですね」と言ったとき「そうだよ」と返事をされる。

「なかなか奥が深くて難しいです」と言ったとき「そうだよ」と返事をされる。

こんな場面で、少しむっとした経験はありませんか。

「それくらい誰でも知っている。そんなことも知らなかったの」

そう遠回しに言われている気がして、いい気分がしません。

少しでも会話で優位に立とうとしている印象があり、威圧を感じます。

相手は悪気がないのかもしれませんが、すっきりしない気持ちになるのです。

そういうやり取りに自分も心当たりがあれば、直しましょう。

「そうだよ」という一言が、相手を不快にさせることもあります。

こういうときに最適なのは、共感や納得の言葉です。

たとえば「そうですよね」「なるほど」などです。

相手の気持ちを素直に受け止める言葉遣いを心がければ、引き続き、気持ちのいい会話を楽しめます。

人間関係で注意したい余計な一言(3)
  • すでに知っていることでも「そうだよ」ではなく「そうですよね」「なるほど」と言う。
癖を直さない人にありがちな言い訳。
「誰にも迷惑をかけていない」。

人間関係で注意したい30の余計な一言
人間関係で注意したい30の余計な一言

  1. 振り返る習慣があれば、言葉遣いの改善はどんどん早くなる。
    振り返る習慣があれば、言葉遣いの改善はどんどん早くなる。
  2. 「よく言われます」の一言が、相手をがっかりさせる。
    「よく言われます」の一言が、相手をがっかりさせる。
  3. 「そうだよ」という一言が、相手を不快にさせることもある。
    「そうだよ」という一言が、相手を不快にさせることもある。
  4. 癖を直さない人にありがちな言い訳。<br>「誰にも迷惑をかけていない」。
    癖を直さない人にありがちな言い訳。
    「誰にも迷惑をかけていない」。
  5. 聞かれていないことまで答えるのは、余計な一言。
    聞かれていないことまで答えるのは、余計な一言。
  6. コンプレックスや弱点を刺激する呼び方は、控えたほうが賢明。
    コンプレックスや弱点を刺激する呼び方は、控えたほうが賢明。
  7. 「そんなふうに見えない」という一言が、相手を傷つけることもある。
    「そんなふうに見えない」という一言が、相手を傷つけることもある。
  8. 頑張っている人には「頑張ってね」より「無理しないでね」。
    頑張っている人には「頑張ってね」より「無理しないでね」。
  9. 「面倒くさい」という一言は、思考を停止させる言葉。
    「面倒くさい」という一言は、思考を停止させる言葉。
  10. 「どうでもいい」という一言は、会話を途切れさせる言葉。
    「どうでもいい」という一言は、会話を途切れさせる言葉。
  11. 「いろいろあったんです」という一言は、会話が途切れる言葉。
    「いろいろあったんです」という一言は、会話が途切れる言葉。
  12. 独り言を言いながら仕事をする人に、どう指摘するか。
    独り言を言いながら仕事をする人に、どう指摘するか。
  13. 太っている人に「痩せなさい」という助言は、むしろ逆効果。
    太っている人に「痩せなさい」という助言は、むしろ逆効果。
  14. 「こうなると思っていた」は、後出しのじゃんけんと同じ。<br>周りをあきれさせる言葉。
    「こうなると思っていた」は、後出しのじゃんけんと同じ。
    周りをあきれさせる言葉。
  15. 「ありがとうございました」と言われたとき、どんな返事をしていますか。
    「ありがとうございました」と言われたとき、どんな返事をしていますか。
  16. 「わかっている」と言いそうになったときの考え方。
    「わかっている」と言いそうになったときの考え方。
  17. 自分のことを「ばばあ」と呼ぶのは、謙遜ではなく、傲慢。
    自分のことを「ばばあ」と呼ぶのは、謙遜ではなく、傲慢。
  18. 決め付ける言い方は、相手を不快にさせやすい。
    決め付ける言い方は、相手を不快にさせやすい。
  19. 否定の言葉を2回繰り返すと、さらに印象が悪くなる。
    否定の言葉を2回繰り返すと、さらに印象が悪くなる。
  20. 返事の一言目で「ですから」を使うと、感じが悪くなる。
    返事の一言目で「ですから」を使うと、感じが悪くなる。
  21. 会話が続かないのは、会話が続かない返事になっている。
    会話が続かないのは、会話が続かない返事になっている。
  22. 楽しい話は、楽しそうに話そう。<br>悲しい話は、悲しそうに話そう。
    楽しい話は、楽しそうに話そう。
    悲しい話は、悲しそうに話そう。
  23. 同じ人に、同じ話を何度もしない。
    同じ人に、同じ話を何度もしない。
  24. 「言っている意味、わかりますか」という言い方はしない。
    「言っている意味、わかりますか」という言い方はしない。
  25. 「するべき」より「したほうがいい」。
    「するべき」より「したほうがいい」。
  26. 相手が気持ちよくうんちくを話しているなら、間違いに気づいても指摘しないほうがいい。
    相手が気持ちよくうんちくを話しているなら、間違いに気づいても指摘しないほうがいい。
  27. 相手の話がわかりやすいと思ったら「わかりやすい」と言ったほうが喜ばれる。
    相手の話がわかりやすいと思ったら「わかりやすい」と言ったほうが喜ばれる。
  28. 「すみません。<br>ありがとうございます」より「ありがとうございます。<br>助かります」。
    「すみません。
    ありがとうございます」より「ありがとうございます。
    助かります」。
  29. 「これくらいできるよね」という口癖は、避けたほうがいい。
    「これくらいできるよね」という口癖は、避けたほうがいい。
  30. 「今からですか」の一言は要注意。<br>拒否サインとして誤解されやすい。
    「今からですか」の一言は要注意。
    拒否サインとして誤解されやすい。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION