言葉

人間関係で注意したい
30の余計な一言

読んだ お気に入り7
10

「どうでもいい」という一言は、
会話を途切れさせる言葉。

「どうでもいい」という一言は、会話を途切れさせる言葉。 | 人間関係で注意したい30の余計な一言

会話がよく途切れる人には、ある口癖がよく聞かれます。

「どうでもいい」という一言です。

「どちらでもよい」「私は気にしない」「好きにすればいい」などの意味ですが、影響はそれだけにとどまりません。

「どうでもいい」という一言は、会話を途切れさせる言葉です。

何か質問をしたとき「どうでもいい」と言われると、会話にどんよりした暗い雰囲気が漂います。

「嫌だ。面倒だ。それ以上考えても仕方ない」

「どうでもいい」と言われると「この人には考える気がないのだな。何を言っても無駄だろう」と思ってしまいます。

話題を雑に扱っているようにも感じて、よい印象がありません。

遠回りに「あまり話しかけないでくれ」と言われているように感じます。

会話を放棄している印象があるため、話したいという気持ちが冷めてしまい、会話が途切れてしまうのです。

「どうでもいい」という一言は禁句です。

自分の人生からなくてもいいくらいです。

返事をするなら、会話の流れを止めない表現を意識しましょう。

「どうでもいい」と言いそうになったときは、別の表現に言い換えます。

「なるほど」

「難しいね」

「鋭い考えだね」

「何とも言えないね」

「はっきりした答えがないね」

少し表現の角を取るだけで、会話の流れが止まらずに進むのです。

まとめ

人間関係で注意したい余計な一言 その10
  • 「どうでもいい」という一言を、禁句にする。
「いろいろあったんです」という一言は、会話が途切れる言葉。

もくじ
人間関係で注意したい30の余計な一言
「どうでもいい」という一言は、会話を途切れさせる言葉。 | 人間関係で注意したい30の余計な一言

  1. 振り返る習慣があれば、言葉遣いの改善はどんどん早くなる。
  2. 「よく言われます」の一言が、相手をがっかりさせる。
  3. 「そうだよ」という一言が、相手を不快にさせることもある。
  4. 癖を直さない人にありがちな言い訳。
    「誰にも迷惑をかけていない」。
  5. 自分の気持ちを正確に伝えるのは難しい。
    あなたがそうであるように、相手もそう。
  6. コンプレックスや弱点を刺激する呼び方は、控えたほうが賢明。
  7. 「そんなふうに見えない」という一言が、相手を傷つけることもある。
  8. 頑張っている人には「頑張ってね」より「無理しないでね」。
  9. 「面倒くさい」という一言は、思考を停止させる言葉。
  10. 「どうでもいい」という一言は、会話を途切れさせる言葉。
  11. 「いろいろあったんです」という一言は、会話が途切れる言葉。
  12. 独り言を言いながら仕事をする人に、どう指摘するか。
  13. 太っている人に「痩せなさい」という助言は、むしろ逆効果。
  14. 「こうなると思っていた」は、後出しのじゃんけんと同じ。
    周りをあきれさせる言葉。
  15. 「ありがとうございました」と言われたとき、どんな返事をしていますか。
  16. 「分かっている」と言いそうになったときの考え方。
  17. 自分のことを「ばばあ」と呼ぶのは、謙遜ではなく、傲慢。
  18. 決め付ける言い方は、相手を不快にさせやすい。
  19. 否定の言葉を2回繰り返すと、さらに印象が悪くなる。
  20. 「最近、楽しいことがない」と嘆く人は、楽しいことを探しに行こうとしていない。
  21. 会話が続かないのは、会話が続かない返事になっている。
  22. 楽しい話は、楽しそうに話そう。
    悲しい話は、悲しそうに話そう。
  23. 同じ人に、同じ話を何度もしない。
  24. 「言っている意味、分かりますか」という言い方はしない。
  25. 「するべき」より「したほうがいい」。
  26. なぜ「暇なときに会いましょう」という言い方では、会ってくれないのか。
  27. 相手の話が分かりやすいと思ったら「分かりやすい」と言ったほうが喜ばれる。
  28. 「すみません。
    ありがとうございます」より「ありがとうございます。
    助かります」。
  29. 「これくらいできるよね」という口癖は、避けたほうがいい。
  30. 「会うのが恥ずかしい」より「会うのが楽しみ」。

同じカテゴリーの作品