執筆者:水口貴博

仕事を円満に辞める
30の方法

11
0

スケジュールを立てるのも、
引き継ぎの一部。

スケジュールを立てるのも、引き継ぎの一部。 | 仕事を円満に辞める30の方法

退職が決まれば、引き継ぎのスケジュールを立てましょう。

スケジュールを立てるのも、引き継ぎの一部です。

手当たり次第に引き継ぐこともできますが、後任者に迷惑がかかるでしょう。

引き継ぎの漏れが出たり、無理なスケジュールになったりなど、前任者としての常識が疑われます。

最悪の場合、退職日までに間に合わない可能性もあるはずです。

引き継ぎの完了は「退職の3日前まで」が一般的です。

退職日から逆算してスケジュールを立てましょう。

まず、引き継がなければいけない仕事のリストアップです。

仕事の進行状況、仕事の種類、手順、方法、段取り。

引き継ぎ作業を細かくリストアップして、方法や優先順位を考えます。

営業職なら、顧客名簿に担当者の詳細情報も書いておくとよいでしょう。

取引先に後任者を紹介する必要があれば、取引先の都合を考える必要があります。

大切な書類があれば、格納場所も教えます。

暗証番号が必要なら、セキュリティーに注意しながら伝えます。

暗証番号に関しては、メモで伝えるより、口頭のほうが適切である場合もあります。

大きな引き継ぎは、一度に教えるのではなく、細かく分けて1つずつ教えたほうがいいでしょう。

なかなか理解してくれなくても、腹を立てず、わかるまで優しく何度も教えます。

引き継ぎの主役は、後任者です。

あくまで後任者の立場に立ち、後任者が無理なく仕事を覚えていけるスケジュールを考えましょう。

後任者にとっても、引き継ぎのスケジュール表があったほうが、安心するはずです。

スケジュールの組み立て方が、引き継ぎの質を決めます。

仕事を円満に辞める方法(11)
  • 引き継ぎのスケジュールを立てよう。
後任者がいないのは、自分のせいではない。

仕事を円満に辞める30の方法
仕事を円満に辞める30の方法

  1. 一般的な退職スケジュール。
    一般的な退職スケジュール。
  2. 家族に無断で退職を強行するのは危険。
    家族に無断で退職を強行するのは危険。
  3. 退職時期を決める判断は、退職金も参考にする。
    退職時期を決める判断は、退職金も参考にする。
  4. 働きながら転職活動をするのがいい。
    働きながら転職活動をするのがいい。
  5. 退職を避けるべき第一の時期は、繁忙期。
    退職を避けるべき第一の時期は、繁忙期。
  6. 上司を納得させる退職理由のポイント。<br>「ポジティブな根拠」と「強い意志」。
    上司を納得させる退職理由のポイント。
    「ポジティブな根拠」と「強い意志」。
  7. 上司が退職を聞き入れてくれないときの対応策。
    上司が退職を聞き入れてくれないときの対応策。
  8. 退職が決まれば、遅刻や無断欠勤をしていいわけではない。
    退職が決まれば、遅刻や無断欠勤をしていいわけではない。
  9. 上司の都合と転職先の都合は、どちらを優先させればいいのか。
    上司の都合と転職先の都合は、どちらを優先させればいいのか。
  10. 後任者が決まるまで、退職を保留にするときの注意点。
    後任者が決まるまで、退職を保留にするときの注意点。
  11. スケジュールを立てるのも、引き継ぎの一部。
    スケジュールを立てるのも、引き継ぎの一部。
  12. 後任者がいないのは、自分のせいではない。
    後任者がいないのは、自分のせいではない。
  13. 引き継ぎが終わって、することがなくなったとき。
    引き継ぎが終わって、することがなくなったとき。
  14. 折を見て、退職の進行状況を転職先に連絡しよう。
    折を見て、退職の進行状況を転職先に連絡しよう。
  15. 外野からの野次の対処法。
    外野からの野次の対処法。
  16. 取引先には、後任者の紹介の仕方が重要。
    取引先には、後任者の紹介の仕方が重要。
  17. 会社の所有物は、何であれ、持ち帰らない。
    会社の所有物は、何であれ、持ち帰らない。
  18. 一度受理された退職願は、取り下げることができるのか。
    一度受理された退職願は、取り下げることができるのか。
  19. 処分は必要でも、処分のしすぎには要注意。
    処分は必要でも、処分のしすぎには要注意。
  20. 退職で判断が難しい場面の考え方とは。
    退職で判断が難しい場面の考え方とは。
  21. 退職日まで有給休暇を消化する場合でも、退職日くらいは挨拶をしたい。
    退職日まで有給休暇を消化する場合でも、退職日くらいは挨拶をしたい。
  22. 退職の挨拶は、足りないことはあっても、しすぎることはない。
    退職の挨拶は、足りないことはあっても、しすぎることはない。
  23. 退職では、できれば贈り物をする。
    退職では、できれば贈り物をする。
  24. 退職時には、取引先の名刺も返却対象。
    退職時には、取引先の名刺も返却対象。
  25. 会社から受け取るもので気をつけたい食い違い。
    会社から受け取るもので気をつけたい食い違い。
  26. 最後だからとはいえ、送別会で羽目を外しすぎない。
    最後だからとはいえ、送別会で羽目を外しすぎない。
  27. 退職のスピーチでは、何を話せばいいのか。
    退職のスピーチでは、何を話せばいいのか。
  28. 退職後に、返却し忘れたものに気づいたとき。
    退職後に、返却し忘れたものに気づいたとき。
  29. 退職後、前の職場の悪口は言わない。
    退職後、前の職場の悪口は言わない。
  30. 退職後も、前職の人たちと定期的に連絡を取る。
    退職後も、前職の人たちと定期的に連絡を取る。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION