転職・退職

仕事を辞める勇気が出る
30の言葉

  • 自分の居場所くらいは、
    自分で決める。
仕事を辞める勇気が出る30の言葉

もくじ
  1. 自分の居場所くらいは、自分で決める。

    あなたがいる場所は、どんなところですか。
    自分のいる場所が、自分らしい場所とは限りません。
    「人生の流れに踊らされて、気づけば、ここにいた」

  2. あなたの能力を眠らせておくのは、もったいない。

    お金の無駄遣いはもったいない。
    時間の無駄遣いももったいない。
    限りある資源を無駄に使うのは、惜しいことです。

  3. いつか転職しようと思っているだけでは、永遠に転職できない。

    「いつか転職しよう」
    そう思っているだけでは、永遠に転職できません。
    思っているだけでは弱い。

  4. 成長したあなたにとって、今の会社は、もう小さいのかもしれない。

    あなたは、すでに気づいているはずです。
    その会社で得られる成長の限界を。
    もちろん自分から積極的に学ぶ姿勢は大切です。

  5. 転職の最大の敵は、自分。

    あなたの転職を妨げる人は、たくさんいるかもしれません。
    上司・同僚・部下。
    両親・パートナー・友達。

  6. 一度しかない人生にふさわしい仕事をしているか。

    自分に問いかけてみてください。
    「一度しかない人生にふさわしい仕事をしているか」と。
    人生が何度もあるならいいのです。

  7. 大切なのは、大変な仕事かどうかではなく、好きな仕事かどうか。

    転職をするときは、新しい仕事への不安があります。
    「もし今より大変な仕事だったらどうしよう」と。
     

  8. 転職して、やりたい仕事をしている自分を想像する。

    転職して、やりたいことをしている自分を想像しましょう。
    今の会社を退職して、新しい会社で自分のやりたい仕事をしています。
    想像は、いつでもどこでも自由にできます。

  9. 自分の安売りは、やめてください。

    今の職場で、自分を安売りしていませんか。
    適正な給料をもらっているでしょうか。
    適正な仕事を与えられているでしょうか。

  10. 「この仕事は自分に合っていない」と確信したときが、運命の分かれ道。

    ある日のこと、ふと気づいてしまうことがあります。
    「この仕事は自分に合っていない」と。
    日頃からうすうす感じていたことが、ある日、認めざるを得ない場面に直面します。

  11. 仕事のために健康を犠牲にするのは、まったく愚か。

    「このままでは、間違いなく体を壊す」
    そういう自覚があるなら、まだ健康である今のうちに改善を心がけることです。
    体を酷使した状況であるにもかかわらず、放置するのは危険です。

  12. 「不可能」と簡単に言うから、不可能になる。

    「不可能」という言葉は、簡単に使うべきではありません。
    誰でも簡単に言える言葉ですが、要注意。
    人生を危険にさらす言葉だからです。

  13. なぜ今の仕事に、そこまでこだわる必要があるのか。

    自分に問いかけてみてください。
    「なぜ今の仕事に、そこまでこだわる必要があるのか」と。
    あなたが今の仕事に強くこだわる理由は何でしょうか。

  14. 今の会社に居続けるリスクと転職のリスクを、比較してみよう。

    ここで1つ、比較してみましょう。
    今の会社に居続けるリスクと転職のリスクの比較です。
    まず、今の会社に居続けたときのリスクを考えてみてください。

  15. つまらない見栄やプライドがあると、退職も転職もできない。

    つまらない見栄やプライドがあると、退職も転職もできません。
    退職も転職も、かっこ悪いと思われる場面がいくつかあります。
    退職を切り出すときは、上司に頭を下げなければいけません。

  16. 親や先生に反対されただけで諦めるなんて、意志が弱すぎる。

    「親や先生に反対されたから、諦めた」
    そう言って諦める人がいます。
    もちろん親や先生は人生の先輩ですから、深い考えがあっての発言でしょう。

  17. 悪質な会社なら、退社をためらう必要はない。

    すべての退職が悪いとは限りません。
    世の中には、違法行為を繰り返したり、労働者をひどく酷使したりする会社があります。
    違法行為を助長する会社は、社会に悪い影響を与えています。

  18. 無難な選択しかできないような、つまらない人間になるな。

    無難な選択をしなければいけない場面があります。
     
    たとえば、家や貯金を一気に失ったり、命の危険を感じたりする選択です。

  19. 今、慎重に考えている時間が、後から思い出になる。

    今は、慎重に人生を考えましょう。
    むしろ慎重でなくてはならないのです。
    退職や転職は、人生に大きな影響を与える行動です。

  20. 「うまくいく」と心から信じている人は、いざというときに強い。

    「うまくいくかな」ではいけません。
    「うまくいくかもしれない」でもいけません。
    中途半端な意志では、退職も転職も失敗します。

  21. 転職とは、人事異動のようなもの。

    人事異動を経験したことはありますか。
    ほとんどの会社に、人事異動はあるでしょう。
    人事異動には、社員を引き締めたり、会社の不正を防いだりなどの目的があります。

  22. 転職をすると、自分の市場価値にショックを受ける。

    転職活動をすると、自分が受ける評価にショックを受けるでしょう。
    思っていたより、自分の市場価値が低いと分かるからです。
    勤続年数が長ければ長いほど、ちやほやされやすい状況になります。

  23. 後任者に任せたほうが、現場はスムーズに回る。

    退職するときは「自分の代わりはいない」と思いがちです。
    「みんな、自分を頼りにしてくれている」
    「自分ほど仕事のできる人間はいない」

  24. 正直な退職理由は、心を動かす。

    上司に退職を切り出せば、退職理由を確実に聞かれます。
    退職理由に曖昧な点があると、上司からすぐ引き止められるでしょう。
    「適当な嘘をついて、穏便に済ませよう」と考える人もいるかもしれません。

  25. しっかり準備ができているなら、うまくいかないほうが不思議。

    慎重に計画を立てた。
    十分準備を整えた。
    これらができれば、後は行動するのみです。

  26. 理屈っぽい上司のほうが、退職しやすい。

    退職するときに手ごわいのが、引き止めです。
    「理屈っぽい上司のことだから、しつこく引き止めるだろう」
    「なかなか納得してくれなくて、話し合いが長引きそうだ」

  27. ぴんと伸びた背筋から、退職の固い意志が伝わる。

    退職を切り出すときは、姿勢が大切です。
    背筋です。
    退職理由を述べるとき、背筋を伸ばしているかどうかで、相手に与える印象がずいぶん変わります。

  28. 辞めさせてくれない会社なら、ますます辞めたほうがいい。

    「辞めたくても、辞めさせてくれない」
    信じられないことに、世の中には、辞めたくても辞めさせてもらえない事例があるようです。
    退職を申し出ると、会社や上司から、理不尽な言葉で言い返されます。

  29. 今正直にならないで、いつ正直になるのか。

    自分に、問いかけてください。
    「今正直にならないで、いつ、正直になるのか」と。
    入社したばかりの頃は、やりたくない仕事もしなければいけない時期でした。

  30. 「仕方ない」と言いそうになったときに、心がけたいこと。

    「仕方ない」と言いそうになったときが大切です。
    「仕方ない」とは、いわば諦めの言葉です。
    諦めれば、そこで話が終了します。

同じカテゴリーの作品