転職・退職
ポジティブな退職は、立派な卒業。
転職・退職
新しい人生に挑戦できる権利を、放棄していないか。
転職・退職
自分の代わりは、いくらでもいる。
転職・退職
完全に迷惑を避けようとするから、退職に踏み切れない。
転職・退職
慣れ親しんだ職場は、今は快適でも、後が大変。
転職・退職
先延ばしにする癖があることに気づく。
転職・退職

転職・退職を決断する勇気が出る
30の言葉

  • あなたには、
    辞める権利がある。
転職・退職を決断する勇気が出る30の言葉

もくじ
  1. あなたには、辞める権利がある。

    「仕事を辞めようか、どうしようか」
    そう迷っているあなた。
    「辞めてはいけない」「辞めることができない」という固定観念に縛られていませんか。

  2. あなたは、会社の奴隷ではない。

    世の中には、ひどい会社があります。
    社員を奴隷のように扱い、限界まで酷使しようとする会社です。
    社員の言うことは聞かず、限界のぎりぎりまで働かせようとする。

  3. 奴隷のような生き方になっては、自分がかわいそう。

    ひとまず上司の言うことを聞いていれば、生活は保障されます。
    やりたくない仕事でも、とりあえず仕事をこなしていれば、お給料をもらえます。
    大変な仕事があっても、無難に済ませていれば、首になることはありません。

  4. 狭い世界で満足していいのか。
    外には、もっと広い世界が広がっている。

    狭い世界で満足していませんか。
    ある世界にずっといると、その世界のすべてを知ったかのような感覚に陥ることがあります。
    仕事は一通り慣れた。

  5. 「転職したい」と思い始めたときから、転職が始まる。

    転職は、いつから始まるのでしょうか。
    企業研究を始めたときでしょうか。
    転職情報サイトに登録したときからでしょうか。

  6. 自分の代わりは、いくらでもいる。

    「自分の代わりはいない」
    「自分が辞めると、職場が大変なことになる」
    「自分が退職すると、会社は倒産してしまうかもしれない」

  7. あなたが進むべき方向は、今のままで合っていますか。

    あなたが進むべき方向は、今のままで合っていますか。
    一応、仕事はできているでしょう。
    一応、給料はもらっているでしょう。

  8. 計画がしっかりしていれば、退職は怖くない。

    退職が怖いのは、お金や仕事への不安です。
    「仕事を辞めても、お金は足りるだろうか」
    「新しい仕事でうまくやっていけるだろうか」

  9. ポジティブな退職は、立派な卒業。

    「退職」という響きが悪い。
    暗くてどんよりとしたニュアンスがあります。
     

  10. いきなり100歩を考えるから大変。
    まず1歩、踏み出そう。

    いきなり100歩を踏み出そうとするから、大変なのです。
    気力も体力も精神力が必要です。
    すべてやろうとすると、すべてが中途半端になります。

  11. いけないのは、安易な退職。
    慎重な退職なら、人生にプラスをもたらす。

    「退職をしてはいけない」
    「退職をすると後悔する」
    退職には、ネガティブな声が数多くあります。

  12. 魅力的な仕事は、偶然出会うものではなく、積極的に出会うもの。

    「魅力的な仕事はないかな」
    そう思って、仕事との出会いを偶然に任せていませんか。
    もちろん普通に生活をしていても、偶然、魅力的な仕事に出会うことはあるでしょう。

  13. 「どうせうまくいくはずがない」と最初から諦めていないか。

    「どうせうまくいくはずがない」と最初から諦めていませんか。
    諦めるのは簡単です。
    適当な言い訳をして、行動しないだけで完了です。

  14. 「私の退職計画」という題名を書くだけでいい。

    「辞めたい、辞めたい」と思っているだけでは、具体的な行動はできません。
    退職の時期や方法の具合案を、頭の中だけで考えるのは難しい。
    そんなときは、紙に書き出しましょう。

  15. 経験者の話を聞けば、退職や転職の勇気も出てくる。

    退職・転職にあたり、まず経験者の話を聞いてみましょう。
    身近に転職の経験者はいませんか。
    大切なことは、まず情報収集です。

  16. 自分の人生は、自分で守らなくてはいけない。
    残念ながら、会社は守ってくれない。

    自分の人生は、誰が守るのでしょうか。
    「いつまでも会社が守ってくれる」と思いますが、過信です。
     

  17. 会社との関係を切るのは、意外に簡単。

    家族との関係は、切っても切れない関係です。
    血縁関係は、極めて太い関係です。
    どんなに家族と仲が悪くても、縁を絶ち切るのは簡単ではありません。

  18. 退職が1日遅れると、人生も1日遅れる。

    退職が1日遅れると、人生も1日遅れると考えてください。
    退職の意志が固まっているなら、1日でも早く行動することです。
    もちろん実際は退職に適した時期を考える必要があるため、早く行動しようと思っても、難しい状況もあるでしょう。

  19. 転職先では、あなたを待っている人がいる。

    再就職が決まれば、転職先では、あなたを待っている人がいます。
    1人や2人ではありません。
    大勢の人が、あなたを待っています。

  20. 本当にやりたい仕事をしないまま、人生を終えていいのか。

    「私には、もっとやりたい仕事がある」
    本当はやりたい仕事があるにもかかわらず、挑戦しないまま、終える人生を考えてみてください。
    晩年、あなたはそのことに、自信と誇りを持つでしょうか。

  21. あなたには、第2の人生が待っている。

    あなたには、第2の人生が待っています。
    今も人生を歩んでいると思いますが、どうでしょうか。
     

  22. 先延ばしにする癖があることに気づく。

    「いつかしよう。また今度しよう」
    今まで、何度繰り返したのでしょうか。
    「いつかしよう。また今度しよう」を繰り返した結果、今の年齢になってしまいました。

  23. 退職は、会社や上司を裏切るわけではない。

    会社や上司には、本当にお世話になりました。
    会社には、安定した職と給与を与えてもらえ、たくさんの仕事をさせてもらいました。
    上司からは、多くの仕事を教わることができ、成長させてもらいました。

  24. 今日も世界のどこかで、退職・転職が普通に行われている。

    退職や転職を珍しいことだと考えていないでしょうか。
    いいえ、珍しいことではありません。
    退職・転職をするのは自分だけと思うから、怖くなります。

  25. 会社員の給料だけでは、お金持ちになれない。

    残念ですが、会社員の給料だけでは、お金持ちになれません。
    株・不動産・宝くじなどで当たれば別ですが、会社員の給料だけでお金持ちになるのは、ほぼ不可能です。
    資格を取れば、給料が少し上がるでしょう。

  26. 完全に迷惑を避けようとするから、退職に踏み切れない。

    「退職の迷惑を考えると、申し訳なくて、退職に踏み切れない」
    優しくて責任感のある人ほど、自分がいなくなったときの迷惑を真剣に考える傾向があるようです。
     

  27. 慣れ親しんだ職場は、今は快適でも、後が大変。

    慣れ親しんだ職場は、さぞ居心地がいいでしょう。
    みんなとすっかり顔なじみになりました。
    どの作業も経験したことがあり、仕事にも慣れました。

  28. 新しい人生に挑戦できる権利を、放棄していないか。

    経営者は、あなたを完全に束縛できません。
    もちろん社員であるうちは、会社や上司の命令に従わなければいけません。
    与えられた仕事は、最後まで責任を持って対応するのが社会人。

  29. 退職を怖がっていては、退職が失敗してしまう。

    退職といえば、最初に感じるのは、やはり恐怖や不安でしょう。
    しばらく無職の時期があるなら「貯金が足りるだろうか」という恐怖があります。
    転職するなら「新しい職場でうまくやっていけるだろうか」という不安があります。

  30. 退職によって失うものはあるが、転職によって得られるものもある。

    退職によって、失うものがあるでしょう。
    慣れた仕事。
    心地よい職場。

同じカテゴリーの作品