人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
就職活動
OB・OG訪問が少なければ、低い評価しか得られないのか。
就職活動
企業名で選ぶか。
職種名で選ぶか。
就職活動
説得力を上げるコツは、2面性。
就職活動
注目すべきは、落ちた数より通過した数。

つらい就職活動しむ
30方法

お気に入り1 読んだ
10

りを損得評価すると、
自分損得評価されるようになる

周りを損得で評価すると、自分も損得で評価されるようになる。 | つらい就職活動を楽しむ30の方法

職活動で、損得ばかり考えていませんか。

  • 「この人に出会えば、得をする」

  • 「こんな仕事を引き受ければ、損をする」

もちろん現実では、損得で考えなければいけない場面もあるでしょう。

企業は営利を目的とした組織体ですから、損得で考えなければいけない場面も存在します。

仕事でも、やはり損得を基準に物事を考える場面もあるでしょう。

 

しかし、いくら損得が大切とはいえ、そればかり考える状態は好ましくありません。

ドライで冷淡な考え方は、ロボットのようであり、人間らしくありません。

その調子で就職活動をしていると、社会に出てからも、損得ばかり考える人物になるでしょう。

損得で仕事を選ぶなら、仕事からも、損得で評価されるようになります。

損得で人付き合いを選ぶなら、周りからも、損得の目で見られるようになる。

周りを損得で評価すると、自分も損得で評価されるようになり、息苦しくなります。

損得ばかりを考えすぎないことです。

時には、別の判断基準があってもいいはずです。

気持ちを軸にした判断基準です。

好きかどうか、楽しいかどうか、面白いかどうかです。

多少の無駄があったとしても、たまには心が躍るような選択があってもいいではありませんか。

一見無駄に思えても、心が躍るようなことをするほうが、人生も仕事も華やかになるでしょう。

つらい就職活動を楽しむ方法 その10

  • 多少無駄があったとしても、
    たまにはるような選択をする
手帳の予定を、シールで表現してみよう。

もくじ
(つらい就職活動を楽しむ30の方法)

同じカテゴリーの作品