就職活動

つらい就職活動を楽しむ
30の方法

読んだ お気に入り1
10

周りを損得で評価すると、
自分も損得で評価されるようになる。

周りを損得で評価すると、自分も損得で評価されるようになる。 | つらい就職活動を楽しむ30の方法

就職活動で、損得ばかり考えていませんか。

「この人に出会えば、得をする」

「こんな仕事を引き受ければ、損をする」

もちろん現実では、損得で考えなければいけない場面もあるでしょう。

企業は営利を目的とした組織体ですから、損得で考えなければいけない場面も存在します。

仕事でも、やはり損得を基準に物事を考える場面もあるでしょう。

 

しかし、いくら損得が大切とはいえ、そればかり考える状態は好ましくありません。

ドライで冷淡な考え方は、ロボットのようであり、人間らしくありません。

その調子で就職活動をしていると、社会に出てからも、損得ばかり考える人物になるでしょう。

損得で仕事を選ぶなら、仕事からも、損得で評価されるようになります。

損得で人付き合いを選ぶなら、周りからも、損得の目で見られるようになる。

周りを損得で評価すると、自分も損得で評価されるようになり、息苦しくなります。

損得ばかりを考えすぎないことです。

時には、別の判断基準があってもいいはずです。

気持ちを軸にした判断基準です。

好きかどうか、楽しいかどうか、面白いかどうかです。

多少の無駄があったとしても、たまには心が躍るような選択があってもいいではありませんか。

一見無駄に思えても、心が躍るようなことをするほうが、人生も仕事も華やかになるでしょう。

まとめ

つらい就職活動を楽しむ方法 その10
  • 多少の無駄があったとしても、たまには心が躍るような選択をする。
手帳の予定を、シールで表現してみよう。

もくじ
つらい就職活動を楽しむ30の方法
周りを損得で評価すると、自分も損得で評価されるようになる。 | つらい就職活動を楽しむ30の方法

  1. 就職活動は、頑張るものではなく、楽しむもの。
  2. 就職活動における企業との関わりは、すでにビジネス。
  3. なりたい職業より、やりたい仕事。
  4. 誰かに命令された道より、自分が選んだ道。
  5. お金がなくても、勇気と行動力があれば、多くのことが補える。
  6. 心は熱くても、頭はクール。
  7. 就職活動ほど、多くの人と出会い、さまざまな話が聞けるチャンスはない。
  8. 友達と一緒に行けば、写真館も恥ずかしくない。
  9. 明るい気持ちだから、感謝するのではない。
    感謝するから、明るい気持ちになる。
  10. 周りを損得で評価すると、自分も損得で評価されるようになる。
  11. 手帳の予定を、シールで表現してみよう。
  12. 手間だと思うなら、手間を省く工夫をする。
  13. 寮生活は、さまざまなチャンスを一度に得られる、貴重な機会。
  14. 就職活動中に出会う人は、ダイヤモンドの原石。
    最初は普通の小石に見えても、磨くと輝き始める。
  15. 就職活動に使うお金は、自分への投資。
  16. 暗い性格は悪くない。
    悪いのは「暗い性格」という呼び方。
  17. 自由記入の欄がない。
    そのときどうするかで、差がつく。
  18. 面接は、応募者が企業を見極める場でもある。
  19. 面接会場まで遠いデメリットは、面接官の同情を引きやすいメリット。
  20. 「いつでもいいですよ」と言われても、できるだけ早い対応が基本。
  21. 丈夫な多機能ペンは、便利だけでなく、好印象にもつながる。
  22. 肉は、就職活動を成功に導く、隠れた味方。
  23. 働く意味が分からなくてもいいから、とにかく働く人が偉い。
  24. 友達との適度な雑談によって、考えが整理される。
  25. 業界に詳しい状態自体が、面接対策になる。
  26. 今もらい続けている不採用は、相性のよい1社と出会うための道しるべ。
  27. 即戦力がなければ、成長力でアピールすればいい。
  28. 堂々と発言するより、堂々と発言できないほうが、恥ずかしいこと。
  29. 悪いのは、いらいらさせる相手ではなく、いらいらしてしまう自分。
  30. 最初に非効率を経験しておくほうが、実は最も効率がいい。

同じカテゴリーの作品