人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声

面接に通る人と通らない人の
30の違い

お気に入り5 読んだ
18

面接に通らない人は、
精神論と大げさな副詞で説得する。
面接に通る人は、
方法論と具体例で説得する。

面接に通らない人は、精神論と大げさな副詞で説得する。面接に通る人は、方法論と具体例で説得する。 | 面接に通る人と通らない人の30の違い

面接官を、どう説得するかです。

ただ力強い発言をすれば、信じてもらえるわけではありません。

面接官は、ベテランの社会人。

中途半端な説得では、信用してもらえません。

説得の仕方によっては、説得力にずいぶん違いが出てきます。

 

たとえば「職場で人間関係のトラブルがあったとき、どんな方法で乗り切るか」という質問があるとします。

面接に通らない人は、精神論と大げさな副詞で説得します。

  • 「絶対大丈夫です」

  • 「私はとても社交的で、人付き合いには大変自信があります」

  • 「どんな困難があっても、絶対諦めません」

発言に力があり、自信を表現しているのは分かります。

 

しかし面接官は、こうした発言を聞きながら「その自信の根拠はどこから来るのだろうか」と思います。

「頑張ります」「我慢します」「諦めません」などの精神論が目立つ。

力強い発言の割には信用されず、あっさり聞き流されます。

応募者は「これほど一生懸命アピールしているのに、なぜうまくいかないのだろうか」と悩むのです。

 

一方、面接に通る人は、方法論と具体例で説得します。

 

たとえば、体験談です。

自分がアルバイトをしたとき、実際に直面した人間関係のトラブルを引き合いに出して語ります。

実際にあった出来事は、語るとき、自然と具体的な表現になります。

どんな方法で乗り越えて、解決したのか。

実際にあった出来事であるため、話も方法も具体的になり、面接官は描写しやすくなります。

実績であるため、信頼性も高まるのです。

面接に通る人と通らない人の違い その18

  • 面接官は、
    方法論と具体例で説得する。
面接に通らない人は、きれいな答えを心がける。
面接に通る人は、自分らしい答えを心がける。

もくじ
(面接に通る人と通らない人の30の違い)

同じカテゴリーの作品