人生の教科書



就職活動
悪いのは、いらいらさせる相手ではなく、いらいらしてしまう自分。
就職活動
心は熱くても、頭はクール。
就職活動
「面接は私服でかまわない」という言葉を、本気にしない。
就職活動
スーツで差をつけるには、どうすればいいのか。
就職活動
就職対策本は、面接に持参しない。
就職活動
半袖と長袖。
面接でふさわしいのは、どちらか。
就職活動

つらい就職活動を楽しむ
30の方法

お気に入り0 読んだ
19

面接会場まで遠いデメリットは、
面接官の同情を引きやすいメリット。

面接会場まで遠いデメリットは、面接官の同情を引きやすいメリット。 | つらい就職活動を楽しむ30の方法

就職活動では、遠くまで面接に行かなければいけない状況もあります。

 

たとえば、片道が3時間以上もかかる面接です。

面接会場までの距離が遠ければ、交通費も時間もかかり、大きな苦労があるでしょう。

また「地元のほうが有利ではないか。離れた土地だから不利になるのではないか」という不安があります。

 

しかし、あながち悪い条件ばかりとも言えません。

実は、遠くから面接に向かう場合、採用に有利な条件がつきます。

それは、面接官の同情を引きやすいという点です。

面接官の立場になって考えてみてください。

  • 「面接を受けるために、片道3時間かけてきました。往復6時間です」

こんな話をすれば、面接官は口を開けて、驚いた表情を見せるでしょう。

  • 「わざわざ遠くから面接に来てくれて嬉しい。さぞ、疲れていることだろう。それだけ志望する気持ちが強いのだろう」

そう感心する面接官も多いはずです。

その結果、面接官の同情を引きやすくなり、熱意が伝わりやすくなるのです。

もちろん必ず驚かれるわけではありませんが、近場から面接に来る学生より、驚かれやすい傾向があるのはたしかです。

長い移動時間も高い交通費も、あながち無駄ではありません。

時と場合によっては、面接会場まで離れているから、有利になる場合もあります。

面接会場まで遠いデメリットは、面接官の同情も引きやすいメリットにもなるのです。

まとめ

つらい就職活動を楽しむ方法 その19
  • 交通費がかかる分だけで、
    面接官の同情を引きやすくなると考える。
「いつでもいいですよ」と言われても、できるだけ早い対応が基本。

もくじ
(つらい就職活動を楽しむ30の方法)

同じカテゴリーの作品