人生の教科書



転職・退職
本当にやりたい仕事をしないまま、人生を終えていいのか。
就職活動
最初に考えるのは、職業ではなく、やりたいこと。
就職活動
企業名で選ぶか。
職種名で選ぶか。
就職活動
面接は、応募者が企業を見極める場でもある。
就職活動

つらい就職活動を楽しむ
30の方法

お気に入り2 読んだ
3

なりたい職業より、
やりたい仕事。

なりたい職業より、やりたい仕事。 | つらい就職活動を楽しむ30の方法

就職活動をする人を大きく分けると、2種類に分類できます。

「○○になりたいです」という人と「○○をしたいです」という人です。

 

たとえば「CAになりたい」「警察官になりたい」などは、職業が目標になっています。

一見すると、それでもいい気がしますが、少し注意が必要です。

職業が目標になると、その職業に就いた瞬間、夢が達成されます。

CAになりたい人は、CAになった瞬間、夢が達成されます。

警察官になりたい人は、警察官になった瞬間、夢が達成されます。

そこで終わってしまい、先がないのです。

もちろんさらにそこから次の目標を見つければいいのですが、それができない人もいるのです。

本当に大切なのは、なりたい職業より、やりたい仕事です。

 

たとえば「人に教える仕事をしたい」「人の心を癒す仕事がしたい」などです。

やりたい仕事が最初にあって、次に、それを実現する職業です。

もし人に教える仕事がしたければ、それを実現できる職業はいくつかあります。

学校の先生・家庭教師・塾の講師などです。

職業の形は異なっても、やりたい仕事を実現できる職業の種類は、いくつもあります。

その上で、自分の好みや適性などと照らし合わせて考えると、より適切な職業を選択できるはずです。

なりたい職業は、なった瞬間に夢が達成される一方、やりたい仕事には終わりがありません。

仕事の奥を深めるため、知識や技術をさらに高めていこうとするでしょう。

そのほうが長期的に見て、仕事の充実感が得られやすく、知識や技術の向上も継続しやすくなります。

なりたい職業ではなく、やりたい仕事を見つけることです。

職業は、やりたい仕事を実現する手段にすぎないのです。

まとめ

つらい就職活動を楽しむ方法 その3
  • なりたい職業より、
    やりたい仕事を目指す。
誰かに命令された道より、自分が選んだ道。

もくじ
(つらい就職活動を楽しむ30の方法)

同じカテゴリーの作品