生き方

人生の正しい生き方に気づく
30の言葉

読んだ お気に入り18
11

よく褒められることは、
才能の芽がある証拠。

よく褒められることは、才能の芽がある証拠。 | 人生の正しい生き方に気づく30の言葉

褒められたことは、紙に書き留めましょう。

人間は忘れる生き物ですが、紙に書けば、消えることがありません。

嬉しい余韻が、いつもより長く続くでしょう。

どんなささいなことでも、褒められたことは、とりあえずメモしておきましょう。

恥ずかしい行為と思わず、堂々と書き留めておきます。

メモを見返すたびに、嬉しい気持ちがよみがえります。

 

さて、この習慣には、もっと大切な本質があります。

自分発見です。

褒められた経験とは「あなたの秀でた能力を他人が客観的に評価した」ということです。

褒められたことを書き留めていくうちに、褒められる経験に、一定の偏りが見られる場合があります。

 

たとえば「人を癒す力があるね」という褒め言葉を、いろいろな人から言われる経験です。

自分では「普通」と思っても、他人からよく言われるなら「優秀」なのでしょう。

往々にして、自分の能力は、自分では当たり前と思ってしまいます。

それは、才能の芽です。

まだ大きくはありませんが、今後の行いによって、大きくできる可能性を秘めています。

紙に書けば、自分の特徴に気づきやすくなります。

その能力は、さらに磨いて、伸ばしていきましょう。

ゆくゆくは、才能に発展する可能性があります。

まとめ

人生の正しい生き方に気づく言葉 その11
  • よく褒められることは、もっと特徴を伸ばす。
日中の質を上げたければ、睡眠の質を上げる。
睡眠の質を上げたければ、寝具の質を上げる。

もくじ
人生の正しい生き方に気づく30の言葉
よく褒められることは、才能の芽がある証拠。 | 人生の正しい生き方に気づく30の言葉

  1. バッターは、3割打てば「優秀」と呼ばれる。
    人生も、3割うまくいけば十分。
  2. できないことがあるのは素晴らしい。
    できる人を尊敬できるから。
  3. つらいときに、つらそうな顔をしてはいけない。
  4. 得する道より、楽しめる道。
  5. 靴と行動力は、比例する。
  6. 近道ばかりの人生は、つまらない。
    途中の景色が見えないから。
  7. 振り返る習慣をやめればいい。
    前しか見られなくなる。
  8. 一番やりたいことは最初にしよう。
    もったいぶっていると、チャンスを逃す。
  9. 飽きは、改善のサイン。
  10. 褒められたことは紙に書こう。
    いつまでも消えないから。
  11. よく褒められることは、才能の芽がある証拠。
  12. 日中の質を上げたければ、睡眠の質を上げる。
    睡眠の質を上げたければ、寝具の質を上げる。
  13. 積極的な行動に、精神的苦痛はない。
    消極的だから、精神的苦痛を感じる。
  14. 私たちは、簡単に諦めすぎている。
  15. 大人になっても、甘える時間は必要。
  16. 優しい人生にしたければ、あなたが優しくなければならない。
  17. 答えは、自分の中にある。
  18. 名前をつけないと、本当の愛着は生まれない。
  19. 世界を変えるのは、実は簡単。
  20. 有意義な時間とは、達成した瞬間より、努力している時間。
  21. 悪口を言っていると、どんどん頭が悪くなる。
    褒め言葉を言っていると、どんどん頭が良くなる。
  22. 他人の成果が気になるなら、自分に集中できていない証拠。
  23. どんな人にも愛がある。
    問題は、表現するかどうか。
  24. 簡単に儲かる話は、すべて怪しい。
    そういう話を持ちかける人も怪しい。
  25. 仕事をうまく仕上げるコツは、輪郭から始めること。
  26. 癒されたいと思うなら、誰かを癒す。
    その行為が、癒しになる。
  27. 事情があって、お墓参りに行けないときのマナー。
  28. 損をしたのではない。
    他人の分け前を増やしたのだ。
  29. お金を求めた活動に、偉業はない。
  30. あなたは人生に愛されている。
    だからあなたも、人生を愛そう。

同じカテゴリーの作品