人生の教科書



生き方
「団体で行く旅行」と「1人で行く旅行」は、まったく別物。
生き方
家族旅行は、子供からせがむもの。
心の健康
「いつでも行ける」と思う近場こそ、絶好の穴場である。
旅行
学生なら、遊びも勉強として受け止めてもらいやすい。
旅行
海外旅行で敷居が低くなる方法。
生き方
大学生のうちに旅行をしておかないと、次のチャンスは遠い先になる。
生き方

中学生がしておきたい
30のこと

お気に入り2 読んだ
28

親を家族旅行に説得するときの、
必殺のキーワード。

親を家族旅行に説得するときの、必殺のキーワード。 | 中学生がしておきたい30のこと

中学生が旅行に行くには、親を旅行に説得することが大切です。

旅行をしたいと思えば、やはり真っ先に思い浮かぶのは、テーマパークでしょう。

「ディズニーランドに行きたい」「遊園地に行きたい」と言って親を説得することが多いのではないでしょうか。

 

ただし、親が嫌な顔をして、計画がスムーズに進まないことがあります。

大人にとってテーマパークは、あまり嬉しい旅行先ではないからです。

テーマパークは、子供に興味があっても、大人は無関心です。

子供のわがままに付き合わされている感覚が強く、旅行に行く前から、疲れます。

そこで、親を説得するときの、必殺キーワードがあります。

「温泉旅行」というキーワードです。

昼間にテーマパークを楽しんで、夜は温泉を楽しむコースです。

テーマパークが中心ですが「温泉旅行」という言い方をすれば、印象はがらりと変わります。

大人は「温泉旅行」というキーワードに弱いです。

いつも仕事で疲れているため「温泉旅行」と言われると「いいアイデアだ。自分も行きたくなってきた」と思います。

親を「行きたい」と思わせることが大切です。

「温泉にゆっくり入っておいしい料理を食べれば、疲れも取れて元気も出るよ」という言葉で誘えば、さらに効果的です。

親も旅行を楽しんでいる姿を想像して、行きたくなるのです。

まとめ

中学生がしておきたいこと その28
  • 「温泉旅行」というキーワードを使って、
    親を説得する。
批判する人の、本当の目的は、ストレス発散と優越感。

もくじ
(中学生がしておきたい30のこと)

同じカテゴリーの作品