生き方

中学生がしておきたい
30のこと

2
24

中学生が大人向けの本を読むのは、
おかしいことではない。

中学生が大人向けの本を読むのは、おかしいことではない。 | 中学生がしておきたい30のこと

中学生のころ、本屋でぶらぶらしていると、目にとまった1冊がありました。

「超能力」というテーマを扱った本でした。

大人向けの本であり、小さな字で200ページ以上もある本でした。

私は「超能力」というキーワードに、強く心を引かれました。

本をめくると、興味を引かれるテーマがたくさん書かれています。

「何だろう。どうしても知りたい。読みたい」と思い、落ち着いていられなくなりました。

恥ずかしいですが「この本を読めば、超能力が使えるようになるかもしれない」と期待もありました。

買ってしまいました。

家に帰って読むのですが、大人向けであるため、読めない漢字や表現がたくさん出てきます。

 

しかし「超能力のことを知りたい」という欲求が強かったため、わからない言葉があっても、意地で読み進めました。

学校の勉強で辞書を引くのが面倒でも、超能力のためなら、辞書が引けるのです。

読み終わったとき、残念ながら超能力は使えませんでしたが、自分の世界がぐっと広がりました。

こういうことが、中学時代、何度かありました。

ほかにも夢中になったテーマがあります。

「速読」「人生論」「精神世界」などです。

どれも大人向けの本でしたが、気にせず、とにかく興味の向くままに読んでいました。

今になって思えば、そういう大人向けの本が、私の学習意欲を高めてくれたと感じています。

中学生にぜひ読んでほしいのが、大人が読む本です。

本屋に行って、大人が読む本を読んでみましょう。

大人向けの本は、中学生が読んでもいいのです。

読みたい気持ちがあれば、本の対象年齢は関係ありません。

強く興味を引かれた本は、内容が難しくても、意外に読めてしまいます。

興味の向くまま読んでいれば、いつの間にか、あなたの学習能力を高めてくれるに違いありません。

中学生のうちに読んでおくから、年齢以上の成長ができるのです。

中学生がしておきたいこと(24)
  • 大人向けの本を、読んでみる。
自分の部屋にもかかわらず、掃除を親任せにしていませんか。

もくじ
中学生がしておきたい30のこと
中学生が大人向けの本を読むのは、おかしいことではない。 | 中学生がしておきたい30のこと

  1. さあ、思春期が始まった。<br>中学生は、心も体も急成長する時期。
    さあ、思春期が始まった。
    中学生は、心も体も急成長する時期。
  2. 勉強につまずき始めるのは、中学生から。
    勉強につまずき始めるのは、中学生から。
  3. 中学時代、一番力を入れて勉強したいのは、国語。
    中学時代、一番力を入れて勉強したいのは、国語。
  4. 役立たないのではない。<br>まだ、役立つ場面がないだけ。
    役立たないのではない。
    まだ、役立つ場面がないだけ。
  5. 偉人の伝記を、10冊は読んでおきたい。
    偉人の伝記を、10冊は読んでおきたい。
  6. 親に口答えしても、もっとうるさくなるだけ。
    親に口答えしても、もっとうるさくなるだけ。
  7. どんなに親がうっとうしくても、食事だけは一緒に過ごす。
    どんなに親がうっとうしくても、食事だけは一緒に過ごす。
  8. 先生は、敵にするより、味方にする。
    先生は、敵にするより、味方にする。
  9. 多感な中学生は、嫌な言葉を聞き流す力が必要。
    多感な中学生は、嫌な言葉を聞き流す力が必要。
  10. いらいらしたときは、100メートルダッシュ。
    いらいらしたときは、100メートルダッシュ。
  11. 好きな人の前に出なければ、有意義な中学生活は始まらない。
    好きな人の前に出なければ、有意義な中学生活は始まらない。
  12. 好きな人は、けなすより、褒めて振り向かせる。
    好きな人は、けなすより、褒めて振り向かせる。
  13. 恋愛への第一歩は、異性と一緒に帰ること。
    恋愛への第一歩は、異性と一緒に帰ること。
  14. 親が言う前に行動するから、生活が楽しくなる。
    親が言う前に行動するから、生活が楽しくなる。
  15. 友達の家に泊まる経験をするから、中学生らしく成長できる。
    友達の家に泊まる経験をするから、中学生らしく成長できる。
  16. 友達は、少なくてもいい。
    友達は、少なくてもいい。
  17. 新聞は、小さな記事を1つ読むだけでいい。
    新聞は、小さな記事を1つ読むだけでいい。
  18. 外国語の歌が歌えるようになると、見える世界が変わる。
    外国語の歌が歌えるようになると、見える世界が変わる。
  19. 人に理解されない趣味を、1つ持つのが、中学生の仕事。
    人に理解されない趣味を、1つ持つのが、中学生の仕事。
  20. 部活動に燃える人ほど、中学生活が充実する。
    部活動に燃える人ほど、中学生活が充実する。
  21. にきびは、敵でもあり、味方である。
    にきびは、敵でもあり、味方である。
  22. 親と一緒に投票所に行って、選挙の様子を見る。
    親と一緒に投票所に行って、選挙の様子を見る。
  23. 字幕付きの映画には、頭をよくする効果がある。
    字幕付きの映画には、頭をよくする効果がある。
  24. 中学生が大人向けの本を読むのは、おかしいことではない。
    中学生が大人向けの本を読むのは、おかしいことではない。
  25. 自分の部屋にもかかわらず、掃除を親任せにしていませんか。
    自分の部屋にもかかわらず、掃除を親任せにしていませんか。
  26. もっとお小遣いが欲しいときの正攻法。
    もっとお小遣いが欲しいときの正攻法。
  27. 家族旅行は、子供からせがむもの。
    家族旅行は、子供からせがむもの。
  28. 親を家族旅行に説得するときの、必殺のキーワード。
    親を家族旅行に説得するときの、必殺のキーワード。
  29. 批判する人の、本当の目的は、ストレス発散と優越感。
    批判する人の、本当の目的は、ストレス発散と優越感。
  30. 生徒代表の挨拶は、自分を変えるチャンス。
    生徒代表の挨拶は、自分を変えるチャンス。

同じカテゴリーの作品