人生の教科書



スキンケア
肌トラブルで苦労した経験を、知識を増やすきっかけに変える。
スキンケア
余計なプライドがあると、にきびはなかなか治らない。
スキンケア
にきびの原因になるアクネ菌は、善玉菌だった。
スキンケア
にきびが1つでもできたら、堂々と病院に行っていい。
メイク
にきびを治すために何もしなかったら、逆に肌が悪化した。
なぜ?
スキンケア
にきびは、れっきとした病気である。
スキンケア

思春期にきびの
30の治し方

お気に入り4 読んだ
30

にきびが教えてくれたことは、
人としての基本だった。

にきびが教えてくれたことは、人としての基本だった。 | 思春期にきびの30の治し方

私がにきびを治そうと心がけた生活を送っているとき、ふと思ったことがあります。

私の10代は、にきび一色でした。

11歳くらいのころから、にきびができ始めました。

最悪の状態だったのは、13歳のころでした。

顔中がにきびだらけになり「このままではいけない」と本気で考え、にきび改善に関する情報を集めました。

男ですが、にきびやスキンケアに関する本は、かなり大量に読みました。

  • 「脂っこい食事は控える」

  • 「夜更かしをしない」

  • 「食事の栄養バランスを整える」

  • 「適度な運動」

そんなある日、ふと気づいたのです。

「にきびを治そうとする生活を心がけると、自然と健康的な生活になるな」と。

にきびは、自然にできるものと思われます。

 

しかし、原因のないにきびはありません。

にきびは、必ず何か悪い原因があってできます。

にきびができたということは、自分の生活に、何らかの問題がある証拠です。

若いうちは、夜更かしをしたり、食欲のままにお菓子を食べたり、無理な生活を送りやすい傾向があります。

実際、当時の私もそうでした。

にきびに対して知識がなかった時期は、欲に向くまま、好き放題の生活でした。

毎日、夜更かしでした。

毎日、お菓子を欠かさず食べていました。

毎日、勉強のことで、ストレスもたまっていました。

生活リズムといい、食生活といい、人として荒れ放題でした。

今思えば、思春期らしい自分だったと、反省します。

だからこそ、にきびも荒れ放題でした。

そういうことが悪いと、知らなかったのです。

にきびを治そうと心がけていると、自然と生活を見直すきっかけになります。

食事の栄養バランスや規則正しい生活を考え始めたのは、にきびを治そうと決断したことがきっかけです。

人生で大切なことは、にきびを通して学びました。

にきびによって苦しんだ分、大切なことをたくさん知ることができました。

早いうちからにきびに悩むのは、勉強の機会なのかもしれません。

「生活が乱れていますよ。生活を見直しなさい」という神様からの警告です。

若いころに苦しんだにきびも、今となってはいい思い出なのです。

まとめ

思春期にきびの治し方 その30
  • にきびの改善を通して、人としての健全な生活を見直すきっかけにする。
次のページ >>
まとめ

もくじ
(思春期にきびの30の治し方)

同じカテゴリーの作品