場を盛り上げる
30の会話術

29
5

意外な発言を聞いても、
どん引きした表情を表に出さない。

意外な発言を聞いても、どん引きした表情を表に出さない。 | 場を盛り上げる30の会話術

先日、実際にあった失敗です。

勤めている会社で全体会議があり、その後親睦会がありました。

同僚と一緒に楽しくお酒を飲んでいて、いい気分になっていたときのことです。

たまたま仲のよかった後輩の女の子と話が盛り上がりました。

盛り上がった話は、彼女が付き合っている彼氏についてです。

なんとなく話の流れで「彼氏とはよく喧嘩をしますよ」という発言がありました。

「相手が男だろうが、喧嘩のときは本気になりますから!」

彼女の口から強気の発言が出たので、その度合いが気になりました。

喧嘩と言っても、いろいろあります。

口だけの喧嘩か、実際に暴力を振るう喧嘩か、少し気になりました。

私が「どのくらい本気で喧嘩をするの」と軽い気持ちで尋ねると、予想を超えた返事が返ってきました。

「本気で包丁を向けたこともありますよ。そのくらい本気で喧嘩をします」

けろりとした表情で言いました。

私は、その発言を聞いて、圧倒されてしまいました。

彼女が包丁を持って、彼氏に飛びかかっている様子を思い浮かべてしまったのです。

どん引きです。

私も今後、彼女と喧嘩をすることがあれば、包丁を向けられるのではないかと怖くなってしまいました。

一瞬、返事に詰まりました。

それまで楽しく話をしていた雰囲気が、急に悪くなってしまったのです。

曇った私の顔色にすぐ気づいた彼女も「しまった。言いすぎたかな」という表情を返してきました。

お互い気まずい雰囲気になり、微妙な空気が流れました。

その後も会話は続きましたが、私は「包丁」という言葉にインパクトが強く、頭から離れません。

会話の後味が悪くなってしまったのです。

それから2日後、彼女からメールが来ました。

「過去にヒステリックになっていた件は忘れてください」

どうやら彼女も、言いすぎてしまったことを気に掛けている様子でした。

しかし、本当に悪いのは私のほうです。

彼女が正直に答えてくれたというのに、驚きすぎてしまった私がいけないのです。

こういうときは、会話に圧倒されても、表情や態度には出さないことです。

会話の流れを止めないためにも、驚きすぎには注意なのです。

場を盛り上げる会話術(29)
  • 会話に圧倒されても、場の雰囲気を悪くさせないようにする。
いずれにせよは、言わないほうがいい。

場を盛り上げる30の会話術
場を盛り上げる30の会話術

  1. 嫌いな話で盛り上げるより、好きな話で盛り上げる。<br>これが気持ちのいい会話の鉄則。
    嫌いな話で盛り上げるより、好きな話で盛り上げる。
    これが気持ちのいい会話の鉄則。
  2. 大きな反応を心がけると、会話のテンポは、どんどんよくなる。
    大きな反応を心がけると、会話のテンポは、どんどんよくなる。
  3. 会話の反応は、言葉より表情に力を入れる。
    会話の反応は、言葉より表情に力を入れる。
  4. 「うん。<br>そうだね」より「うん。<br>うん。<br>そうだね」。
    「うん。
    そうだね」より「うん。
    うん。
    そうだね」。
  5. 「どうせ誰にでも言っているんでしょ」は禁句。
    「どうせ誰にでも言っているんでしょ」は禁句。
  6. わからない話が出たとき、相手を褒めるチャンスでもある。
    わからない話が出たとき、相手を褒めるチャンスでもある。
  7. 会話の乗りがいい人は、負けるとわかっている喧嘩を売ってくる。
    会話の乗りがいい人は、負けるとわかっている喧嘩を売ってくる。
  8. お互いの共通点は、会話が盛り上がりやすい。
    お互いの共通点は、会話が盛り上がりやすい。
  9. 質問しながら、相手をさらりと褒める方法。
    質問しながら、相手をさらりと褒める方法。
  10. 歓迎するフレーズを言えば、会話の乗りが自然とよくなる。
    歓迎するフレーズを言えば、会話の乗りが自然とよくなる。
  11. 返事をあと0.1秒早くするだけで、会話のテンポは変わる。
    返事をあと0.1秒早くするだけで、会話のテンポは変わる。
  12. リラックスできるとはいえ、椅子の背にもたれたままの会話はよくない。
    リラックスできるとはいえ、椅子の背にもたれたままの会話はよくない。
  13. 経験がなくても会話を続けられる、上手な返事の仕方。
    経験がなくても会話を続けられる、上手な返事の仕方。
  14. 大まかに話すと、会話のテンポがよくなる。
    大まかに話すと、会話のテンポがよくなる。
  15. 「感謝」だけの表現から「感謝+褒める」の表現へと変える。
    「感謝」だけの表現から「感謝+褒める」の表現へと変える。
  16. 嫌いなことの話をすると、なぜか大笑いする。<br>そんな相手の本当の心理に、気づいていますか。
    嫌いなことの話をすると、なぜか大笑いする。
    そんな相手の本当の心理に、気づいていますか。
  17. 会話中、一瞬時計に視線が動くだけで、会話のテンポが悪くなる。
    会話中、一瞬時計に視線が動くだけで、会話のテンポが悪くなる。
  18. 会話を、会話だけで、終わらせない。
    会話を、会話だけで、終わらせない。
  19. 「少し違う」と思うくらいでは、あえて反論しない。
    「少し違う」と思うくらいでは、あえて反論しない。
  20. テーマについて知っていることを聞かれる前に話すと、盛り上がる。
    テーマについて知っていることを聞かれる前に話すと、盛り上がる。
  21. 会話上手な人は、いざというときのために、飴玉を持っている。
    会話上手な人は、いざというときのために、飴玉を持っている。
  22. 誰かと一緒に飲むお酒は、適量を守りにくい。
    誰かと一緒に飲むお酒は、適量を守りにくい。
  23. 同じ会話は二度とできない意識を持つ。
    同じ会話は二度とできない意識を持つ。
  24. 自分の話した好物の話が、相手の人生を豊かにする。
    自分の話した好物の話が、相手の人生を豊かにする。
  25. 相手を元気にさせる魔法の言葉。<br>「その魅力は何?」
    相手を元気にさせる魔法の言葉。
    「その魅力は何?」
  26. 「その気持ちわかる」より「似たような経験がある」のほうがいい。
    「その気持ちわかる」より「似たような経験がある」のほうがいい。
  27. 気の利いた返事をされると、いくら話をしても、疲れない。
    気の利いた返事をされると、いくら話をしても、疲れない。
  28. 会話に、正論を持ち込まない。
    会話に、正論を持ち込まない。
  29. 意外な発言を聞いても、どん引きした表情を表に出さない。
    意外な発言を聞いても、どん引きした表情を表に出さない。
  30. いずれにせよは、言わないほうがいい。
    いずれにせよは、言わないほうがいい。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION