場を盛り上げる
30の会話術

14
8

大まかに話すと、
会話のテンポがよくなる。

大まかに話すと、会話のテンポがよくなる。 | 場を盛り上げる30の会話術

会話のテンポをよくするために、大まかな会話を心がけましょう。

細かく話したほうが、より多くの情報が伝わるので、会話のテンポがよくなるのではないかと思います。

しかし、実際は逆効果になるほうが多い。

たとえば、細かく会話をした例を1つ挙げます。

「家から南に歩いて100メートルくらいのところに、○○神社という豊作をまつった神社がある」

細かいことまで表現をするとなると、言葉数が多くなります。

会話の趣旨にもよりますが、細かく説明しすぎると、どれがポイントなのかがわかりにくくなります。

多くの単語が出てくるので、理解をするのに頭を使います。

疲れやすくなり、聞きにくくなるのです。

最初から細かい情報を伝えると、ありがた迷惑になり、逆に聞きづらくなります。

大まかに言い換えましょう。

「家の近くに神社がある」

これだけでいいのです。

おおむね言いたいことは伝わりますね。

大まかに話すと、一文が短くなる。

一文が短くなることで、理解しやすくなり、話の展開も早くなります。

会話のテンポがよくなり、会話にスピード感が出てくるのです。

実際のところ、言う側にとっても楽なことはありません。

もし、もっと細かい情報が知りたければ、必要に応じて答えればいいのです。

場を盛り上げる会話術(14)
  • 基本は大まかに話し、必要に応じて、詳しく話す。
「感謝」だけの表現から「感謝+褒める」の表現へと変える。

場を盛り上げる30の会話術
場を盛り上げる30の会話術

  1. 嫌いな話で盛り上げるより、好きな話で盛り上げる。<br>これが気持ちのいい会話の鉄則。
    嫌いな話で盛り上げるより、好きな話で盛り上げる。
    これが気持ちのいい会話の鉄則。
  2. 大きな反応を心がけると、会話のテンポは、どんどんよくなる。
    大きな反応を心がけると、会話のテンポは、どんどんよくなる。
  3. 会話の反応は、言葉より表情に力を入れる。
    会話の反応は、言葉より表情に力を入れる。
  4. 「うん。<br>そうだね」より「うん。<br>うん。<br>そうだね」。
    「うん。
    そうだね」より「うん。
    うん。
    そうだね」。
  5. 「どうせ誰にでも言っているんでしょ」は禁句。
    「どうせ誰にでも言っているんでしょ」は禁句。
  6. わからない話が出たとき、相手を褒めるチャンスでもある。
    わからない話が出たとき、相手を褒めるチャンスでもある。
  7. 会話の乗りがいい人は、負けるとわかっている喧嘩を売ってくる。
    会話の乗りがいい人は、負けるとわかっている喧嘩を売ってくる。
  8. お互いの共通点は、会話が盛り上がりやすい。
    お互いの共通点は、会話が盛り上がりやすい。
  9. 質問しながら、相手をさらりと褒める方法。
    質問しながら、相手をさらりと褒める方法。
  10. 歓迎するフレーズを言えば、会話の乗りが自然とよくなる。
    歓迎するフレーズを言えば、会話の乗りが自然とよくなる。
  11. 返事をあと0.1秒早くするだけで、会話のテンポは変わる。
    返事をあと0.1秒早くするだけで、会話のテンポは変わる。
  12. リラックスできるとはいえ、椅子の背にもたれたままの会話はよくない。
    リラックスできるとはいえ、椅子の背にもたれたままの会話はよくない。
  13. 経験がなくても会話を続けられる、上手な返事の仕方。
    経験がなくても会話を続けられる、上手な返事の仕方。
  14. 大まかに話すと、会話のテンポがよくなる。
    大まかに話すと、会話のテンポがよくなる。
  15. 「感謝」だけの表現から「感謝+褒める」の表現へと変える。
    「感謝」だけの表現から「感謝+褒める」の表現へと変える。
  16. 嫌いなことの話をすると、なぜか大笑いする。<br>そんな相手の本当の心理に、気づいていますか。
    嫌いなことの話をすると、なぜか大笑いする。
    そんな相手の本当の心理に、気づいていますか。
  17. 会話中、一瞬時計に視線が動くだけで、会話のテンポが悪くなる。
    会話中、一瞬時計に視線が動くだけで、会話のテンポが悪くなる。
  18. 会話を、会話だけで、終わらせない。
    会話を、会話だけで、終わらせない。
  19. 「少し違う」と思うくらいでは、あえて反論しない。
    「少し違う」と思うくらいでは、あえて反論しない。
  20. テーマについて知っていることを聞かれる前に話すと、盛り上がる。
    テーマについて知っていることを聞かれる前に話すと、盛り上がる。
  21. 会話上手な人は、いざというときのために、飴玉を持っている。
    会話上手な人は、いざというときのために、飴玉を持っている。
  22. 誰かと一緒に飲むお酒は、適量を守りにくい。
    誰かと一緒に飲むお酒は、適量を守りにくい。
  23. 同じ会話は二度とできない意識を持つ。
    同じ会話は二度とできない意識を持つ。
  24. 自分の話した好物の話が、相手の人生を豊かにする。
    自分の話した好物の話が、相手の人生を豊かにする。
  25. 相手を元気にさせる魔法の言葉。<br>「その魅力は何?」
    相手を元気にさせる魔法の言葉。
    「その魅力は何?」
  26. 「その気持ちわかる」より「似たような経験がある」のほうがいい。
    「その気持ちわかる」より「似たような経験がある」のほうがいい。
  27. 気の利いた返事をされると、いくら話をしても、疲れない。
    気の利いた返事をされると、いくら話をしても、疲れない。
  28. 会話に、正論を持ち込まない。
    会話に、正論を持ち込まない。
  29. 意外な発言を聞いても、どん引きした表情を表に出さない。
    意外な発言を聞いても、どん引きした表情を表に出さない。
  30. いずれにせよは、言わないほうがいい。
    いずれにせよは、言わないほうがいい。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION