人生の教科書



同棲
同棲の挨拶では、緊張をしてもいい。
緊張・あがり症
携帯用カイロから熱をもらうと、緊張もほぐれる。
緊張・あがり症
緊張は、遺伝が関係しているのか。
緊張・あがり症
仕事を後回しにする癖は、過度の緊張を招く原因。
食事マナー

立食パーティーの
30のマナー

お気に入り0 読んだ
13

人との交流が苦手なら、
まずアルコールを少し口に含める。

人との交流が苦手なら、まずアルコールを少し口に含める。 | 立食パーティーの30のマナー

知らない人を目の前にすれば、誰でも緊張するはずです。

パーティーや異業種交流会など、大勢の知らない人に囲まれます。

知らない人に話しかけ、交流の輪を広げなければいけないと頭では分かっていても、思うように体が動いてくれないことがあります。

体と心が硬直してしまうのです。

こういうとき緊張をほぐすため、わずかなアルコールを使いましょう。

パーティーが始まってすぐ、少しだけアルコールを口に含めます。

ほのかに酔いが回れば緊張が適度にほぐれ、知らない人にも話しかけやすくなります。

 

ただし、ほどほどが肝心です。

飲みすぎてしまうと気持ちが緩みすぎてしまいます。

乱暴な発言や態度をしやすくなり、出会いのチャンスを逃してしまいます。

あくまで硬直した心と体を解きほぐすための道具として使い、羽目を外しすぎないことが大切です。

まとめ

立食パーティーのマナー その13
  • 適度なアルコールを味方にして、
    知らない人に話しかけるチャンスをつかむ。
きちんと人との交流ができているなら、食事を食べなくてもいい。

もくじ
(立食パーティーの30のマナー)

同じカテゴリーの作品