人生の教科書



ビジネスマナー
訪問の際は、手土産を必ず持参すること。
就職活動
余裕があれば、手土産も持参したい。
同棲
挨拶に行く際の手土産に関するマナー。
食事マナー
早めに到着すれば、主催者との会話の余裕が生まれる。
ビジネスマナー
手土産選びにも注意しよう。
食事マナー
立食パーティーでは、遅刻しても叱られない?
食事マナー

立食パーティーの
30のマナー

お気に入り0 読んだ
4

主催者に小さな手土産を持っていくと、
喜ばれる上、
印象がよくなる。

主催者に小さな手土産を持っていくと、喜ばれる上、印象がよくなる。 | 立食パーティーの30のマナー

主催者から立食パーティーに招待されたら、会場に向かう際、ぜひ手土産を持参していきましょう。

大それた手土産である必要はなく、簡単なもので結構です。

持参しなくてもマナー違反ではありません。

会費の中には食事の料金が含まれていますから、手ぶらで出席してもまったく問題ありません。

 

しかし、だからこそ、チャンスなのです。

ほとんどの人が手土産を持参しないからこそ、手土産を持ってくる人は印象的です。

主催者は立場上、数多くの人から話しかけられます。

一人一人の印象が薄くなりやすいのですが、手土産を持参した人に限っては印象に残りやすくなります。

とりわけ大きな驚きや喜びがあるからです。

  • 「おや。この人はほかの参加者とは違うなあ。気が利くなあ」

主催者から一目置かれ、ほかの参加者と違うことを演出できます。

手土産は、できれば「食」に関するものがいいでしょう。

ワイン、ケーキ、お菓子などが喜ばれます。

立食パーティーですから、料理に追加して並べられる場合があります。

もしワインなら「これは○○さんが持ってきたワインですよ」と紹介され、多くの人からの注目も集めることができます。

ささいな気遣いですが、大きな効果があるのです。

まとめ

立食パーティーのマナー その4
  • 主催者に、
    食に関する手土産を持参する。
飲み食いしながら、会場を歩くのはマナー違反。

もくじ
(立食パーティーの30のマナー)

同じカテゴリーの作品