人生の教科書



食事マナー
早めに帰る際は、大げさに挨拶しないこと。
暮らし
挨拶は、テンションを上げるための準備体操。
同棲
同棲の挨拶で最も大切なのは、同棲の理由。
同棲
先に同棲の具体的な準備を進めないこと。
同棲
同棲の挨拶では、緊張をしてもいい。
暮らし
面識ができれば、勇気を出して、挨拶をしてみる。
食事マナー

立食パーティーの
30のマナー

お気に入り0 読んだ
3

会場に入るやいなや、
いきなり食事に向かわない。

会場に入るやいなや、いきなり食事に向かわない。 | 立食パーティーの30のマナー

パーティー会場に入ると、早速食事を取りに料理台へ向かいたいところですが、これはよくありません。

会場に到着すれば、食事を食べるより先にしなければいけないことがあります。

主催者への挨拶です。

会場に入ってすぐ食事が食べられる状況であったとしても、まず主催者への挨拶だけは先に済ませておきたいところです。

主催者に挨拶もなく食事を始めるのは、失礼に当たるためです。

主催者は、会場の準備や手配など相当な心労を抱えています。

訪れた人から感謝されることが、一番の喜びです。

「本日はお招きいただき、ありがとうございます」と、簡単に挨拶を済ませるだけでも結構です。

 

ただし、主催者が忙しそうにして話しかけるタイミングがどうしてもつかめない場合は、食事を先に食べ始めてもかまいません。

その場合も、主催者に挨拶をしないままにするのではなく、折を見て、必ず挨拶だけはしましょう。

まとめ

立食パーティーのマナー その3
  • 会場に入れば、
    まずは主催者への挨拶を済ませる。
主催者に小さな手土産を持っていくと、喜ばれる上、印象がよくなる。

もくじ
(立食パーティーの30のマナー)

同じカテゴリーの作品